携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 【動画追加】最新画面を大量放出、『Halo』に続くXbox 360のつぎなるキラータイトル『Too Human』の魅力

【動画追加】最新画面を大量放出、『Halo』に続くXbox 360のつぎなるキラータイトル『Too Human』の魅力
GDC 2008

2008/2/20

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●オリジナルエンジンでXbox 360最先端のグラフィックを実現

▲『Too Human』のプロデュースも担当するデニス・ダイアック氏。

 マイクロソフトのXbox 360用ソフト『Too Human』のプレスレセプションが、GDC 2008の会期に合わせて2008年2月19日に開催された。『Too Human』は北欧神話をベースにしつつ、人間と神そして機械の3つの勢力の戦いを描くSFアクション。ニンテンドーゲームキューブ用ソフト『エターナルダークネス 招かれた13人』(発売元:任天堂)や『メタルギア ソリッド ザ・ツインスネークス』(発売元:KONAMI)などの開発を担当した、カナダ気鋭の開発会社シリコンナイツが手掛ける渾身作だ。2006年の発表以降(詳細は下を参照)、あまり動きが見えなかった同作に対しては海外取材陣の注目度が相当高いようで、当日は世界中から数多くのプレスが詰め掛けた。

 『Too Human』の特徴をかいつまんで説明すると、(1)シンプルな操作でやりこみ甲斐のあるアクション、(2)深みのあるストーリー、(3)映画を見ているかのようなカメラワークとなる。シリコンナイツの社長であるデニス・ダイアック氏が登壇してのプレゼンテーションでは、そんな『Too Human』の魅力を遺憾なく堪能できた。極寒の地にある酒場にやってきた主人公の”バルター”と、巨大機械が闘うというオープニングに引き続いて紹介されたゲームの導入部は、まさに緊張感に満ち溢れたもの。今回のデニスのプレゼンテーションでは、新たに以下の要素を確認することができた。

・主人公バルダーは、標準タイプの”チャンピオン”や攻撃に特化した”バーサーカー”など5タイプから選べる。
・プレイヤー(主人公バルダー)は、現実の世界と架空の空間である”サイバースペース”を行き来してゲームを進めることになる。”サイバースペース”は仮想のバーチャル空間のようなものだが、武器は使用不可能で、”サイバースペース"で開けた扉が現実の世界でも反映される……といった相関性を持っている。
・武器や防具には”ルーン文字”を刻むことで、さまざまな効果を追加できる。その組み合わせの可能性は無限に近い数がある。
・カメラモードはAIが自動的に切り替えてくれるが、”スタンダード”や”遠距離”など4〜5種類から選択できるようになる。

 

 

 

▲オープニングのワンシーンから。ゲーム本編の9ヵ月まえの出来事が描かれているようだが……。

▲主人公バルダーは酒場で巨大機械と闘う。
 

▲バルダーは5タイプから選ぶことができる。それぞれ特性が異なり、戦闘を重ねるごとに溜まるスキルポイントを自由に振り分けられる。つまり、自分だけのキャラを作ることができるというわけ。
 

▲“サイバースペース”は、いわゆる仮想空間。現実世界にも影響を及ぼす。プレイヤーは適宜用意された“サイバースペース”と現実世界を行き来しながらゲームを進めることになる。
 

▲武器などにルーン文字を刻むことでさまざな効果が追加される。
 

▲簡単操作で複雑なアクションを可能にしている。「最近の3Dゲームは操作が難しくなっているので」(デニス)というのがその理由。


 1時間以上に及ぶプレゼンテーションは、そのほとんどがゲームのデモンストレーションに費やされたが、まさにそれはゲームに対する自信の裏返し。当初導入していた開発エンジンを取りやめて、自社エンジンによる開発にスイッチしたために、ある程度開発期間が延びてしまったようだが、当日公開された映像は、最先端のXbox 360用ソフトにまったくひけを取らないものだった。最後に行われたQ&Aでは、『Too Human』は当初の予定どおりトリロジー(3部作)の予定で、すべてXbox 360でマイクロソフトからリリースされることが明らかに。なお、『Too Human』は北米では2008年内を予定。国内での発売時期はいまのところ未定だが、またひとつ発売が楽しみな海外ゲームができたことは間違いない。

▲デモプレイを交えながら『Too Human』をプレゼン。2008年に発売される。

▲プレスレセプションが終わったあとは『Too Human』が試遊可能だった。注目作であることを裏付けるように、取材陣が試遊台を囲んでいた。

 

【『Too Human』最新画面写真を公開】

神であるバルダーが主人公の『Too Human』は、人間を率いて機械(マシン)と戦うアクションゲーム。剣や銃を駆使して襲いかかってくるの多勢の敵を倒していこう。

 

カナダ・シリコンナイツ取材記・第1回
※カナダ・シリコンナイツ取材記・第2回
※カナダ・シリコンナイツ取材記・第3回
※『Too Human』の公式サイトはこちら

GDC 2008の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

DMM GAMESが『アサルトリリィLast Bullet』“TGSラスバレ放送局”と“新作コレクション”の2部構成で特別生放送を配信。9月25日18時より放送

DMM GAMESは、2020年9月25日18時より“TGSラスバレ放送局”と“DMM GAMES 新作コレクション TGSスペシャル”の2部構成で特別生放送を配信することを発表した。

舞台『新サクラ大戦 the Stage』が11月19日〜23日上演決定。本日よりチケット&グッズ受付開始、花組5名のビジュアルも公開

舞台『新サクラ大戦 the Stage』がヒューリックホール東京にて、2020年11月19日(木)〜11月23日(月・祝)に全9公演で上演されることが決定した。また、帝国華撃団・花組を演じるメインキャスト5名の個別ビジュアルも公開。

【FGO攻略】ボックスガチャイベント効率情報、フリクエ敵編成&ドロップまとめ【箱イベ】

『FGO』の新規ボックスガチャイベント“影の国の舞闘会 〜ネコとバニーと聖杯戦争〜”で挑戦できるフリークエストの敵編成、ドロップアイテム、効率情報などの攻略情報をまとめてお届けする。

バウヒュッテより“ゲーミング寝具”&“進化したダメ着”の新作ラインアップがこの冬登場。全6製品でゲーマーの睡眠やプレイタイムを快適にサポート

ゲーミング家具ブランドBauhutte(バウヒュッテ)は、今冬発売予定の“ゲーミング寝具”および“ゲーミング着る毛布”シリーズの新作ラインナップを発表した。まくらやダメ着でゲーマーの睡眠&プレイタイムをより暖かく快適にする、計6製品を展開。

【TGS2020 オンライン Amazon特設会場見どころガイド】e-Sports Xステージの内容を紹介。『ストV』『パズドラ』『MTGアリーナ』のトッププロが戦う

2020年9月23日(水)〜27日(日)に開催される東京ゲームショウ2020 オンライン。今回、目玉となる取り組みのひとつがAmazonへの特設サイトの開設だ。Amazonの特設サイトでは実際にどのような内容が展開されるのか。今回は、毎年大盛況のesports競技大会“e-Sports X”ステージを紹介。

『ゼルダ無双 厄災の黙示録』店舗別購入特典公開。タペストリーやマウスパッドなど豪華特典が目白押し!

コーエーテクモゲームスは、2020年11月20日発売予定のNintendo Switch用ソフト『ゼルダ無双 厄災の黙示録』について、店舗別購入特典を公開した。

【金曜ロードショー】アニメSP『江戸川コナン失踪事件 〜史上最悪の二日間〜』が本日(9月18日)21時放送!

日本テレビは本日2020年9月18日(金)21時からの“金曜ロードSHOW!”において、映画『江戸川コナン失踪事件 〜史上最悪の二日間〜』を放送する。

【FGO攻略】スカサハ(ランサー)スキル強化でNPチャージが追加! 宝具演出&モーションのリニューアルも

『Fate/Grand Order』星5サーヴァント“スカサハ(ランサー)”の宝具演出およびバトルモーションがリニューアルされ、さらに強化クエストが実装された。本記事では、スカサハ(ランサー)の強化内容を紹介する。

『D?racin?(デラシネ)』赤い指輪、青い指輪がアクセサリーとして登場。主人公を再現したり、ペアリングとしての使用も

プレイステーション VR用ソフト『D?racin?(デラシネ)』とのコラボ商品“D?racin? × TORCH TORCH/ 赤い指輪と青い指輪”が発売される。価格は30000円[税抜]。

【このすば】『この素晴らしい世界に祝福を!〜この欲望の衣装に寵愛を!〜』ヒロイン3人が歌うED主題歌“雨やどり”のEDムービー ノンクレジット特別版が公開

MAGES.は、2020年9月24日発売予定のNintendo Switch、プレイステーション4用ソフト『この素晴らしい世界に祝福を!〜この欲望の衣装に寵愛を!〜』について、公式サイトにてED主題歌“雨やどり”のノンクレジット特別版を公開した。