携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> AOU2008で気になった新機軸アーケードゲームはずばりコレ

AOU2008で気になった新機軸アーケードゲームはずばりコレ
【AOU2008リポート】

2008/2/16

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●スクウェア・エニックス初のアーケード『ロード オブ ヴァーミリオン』は鉄板?



▲パーティーに連れていけるのは最大3体の”使い魔”。パーティー全体はレバーで、プレイヤーと使い魔はカードを動かして操作する。戦いが終わると経験値がもらえ、ためるとプレイヤーと使い魔の能力アップができる。


 スクウェア・エニックスの初のアーケードゲームとしてすでに話題になっていた『ロード オブ ヴァーミリオン』。スターターパックとゲーム終了後に入手できるカードに加え、会場限定のスペシャルカードももらえるという太っ腹なサービスもあり、試遊のための整理券は午前中になくなるほどの人気ぶり。

 

 『ロード オブ ヴァーミリオン』はキャラクターの成長要素などRPGのテイストを盛り込んだネットワーク対応カードゲーム。プレイヤーは筺体にカードを並べ、”使い魔”と呼ばれるモンスターを召喚させ、パーティー戦をくり広げていく。シナリオモード、ローカル対戦モード、オンライン対戦モードと多彩な遊びが用意されていることも魅力のひとつ。会場ではシナリオモードが遊べ、ロケテストでのストーリーに加え、新たにふたつ”地の底の罠”と”ヴィアラ火山の支配者”が体験可能に。今回、稼働時期が6月ということも明らかになったが、それに向けて開発は順調に進んでいるようだ。

 

 このゲームで忘れてはいけないのが、カードを手掛ける豪華な絵師の面々。公式ホームページ上では1枚だけベールに包まれていたが、会場で野村哲也氏が手掛けていることが判明。”グレンデル”という名の原画が展示されていた。今後もカードは追加するとのことで、各界の著名人が手掛けていくとか。こちらも気になる要素となりそうだ。


▲会場限定で配布されたスペシャルカード。光沢のある豪華仕様。


 

●BEMANIシリーズの最新作はパネルにタッチ


▲音楽に合わせて光るパネルにタッチすればいい。ストイックなBEMANIシリーズを一新するスタイルに。


 BEMANIシリーズの最新作として発表された『jubeat(ユビート)』は、シリーズ初心者でも楽しめるような作りに。音楽に合わせて光るパネルにタッチしていけばいい。従来の楽譜を観ながら鍵盤を押す動作よりも、操作感はより直感的で簡単になっている。収録音楽もストイックなオリジナルの楽曲ではなく、人気の版権曲が中心。『気分情報↑↑』、『粉雪』など40曲以上を収録。4人同時プレイも可能とのことで、パーティーゲームとしても重宝しそうだ。

 

●競馬初心者でも安心の競馬シミュレーションゲーム


▲カードゲームは敷居が高そうだが、少しの競馬の知識さえあれば気軽にできる。5頭を登録できるが出走できるのは1頭。”併せ馬”などの調教の際、相性の馬と行うとコンディションに好影響する。


 『HORSERIDERS(ホースライダーズ)』は、ホースカードを使ってレースを展開するKONAMIの競馬シミュレーション。手軽さにこだわった作品で、レース中の駆け引きはホースカードを動かすことで行い、ムチはワンボタンでできる。実際プレイしてみたが、ほどよいアクション性で調教、レースが展開できて、競馬初心者というよりも、カードゲーム初心者にもやさしい作り。実在する競走馬たちのホースカードはコレクション性が高く、カードゲームでは最多の400枚以上になるとか。4月に稼働予定だ。


▲レース中の馬の操作はホースカードを動かして行う。ホースカードは400種類以上あり、すでに引退した競走馬も含まれるので夢の対決も可能。


 

●パンチにも、ガンコンにも、ステアリングにもなる万能コントローラー


▲両手に持つコントローラーがいろいろな役割を果たす。ゲームはストーリー仕立てになっていて、夢中になって力が入ってしまう。


 またまたKONAMIから。『アクション刑事』は両手にグリップするコントローラーで遊ぶ体感型アクションゲーム。このコントローラーが特筆で、ゲームによってパンチコントローラーやガンコントローラー、ステアリングと大変化。ちょっとB級テイスト漂う、アクション映画のヒーローになりきってステージが進んでいく。夢中になりすぎて疲れてしまうのが玉に瑕?

 

●あの芸人も認めるド迫力の野球盤


▲超ド迫力の野球盤。

 

 30歳以上の男性ならいちどは遊んだことがある野球盤が”おっきくなっちゃった!”。アトラスは幅が2メートル近くもある本格的ベースボールゲームマシン”スーパービッグベースボールボード”を展示。そのサイズだけでなく、中身もスケールアップしていて、投球時には”カーブ”、”シュート”、”ストレート”はもちろんのこと、”スローカーブ”や”スライダー”など技巧派を目指すことも可能。もちろん、あの”魔球”も存在するのだ。バッティング側は打者全員がスイッチヒッターで、毎回左右の打席を選べる。左右の打ち分けが戦略性を高めそうだ。このゲームのプロモーションに訪れた芸人の360°モンキーズ(サブロクモンキーズ)は十八番の”右中間にヒットを打って、慌てる元中日ドラゴンズのゴメス”など伝わりにくいものまねで筺体をアピール(?)していた。

●夏は欠かせないクレーンゲーム

 
アトラスブースで一風変わったクレーンゲームを発見。その名も”トリプルキャッチャーアイス”で、景品となるのは文字どおりアイス。マイナス25℃の冷凍機能を搭載し、景品としてアイスの使用を実現した。何とも大胆な発想で、夏には欠かせないプライズマシンとなりそうだ。

▲ありそうでなかったプライズマシン。

 

【AOU2008リポート】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『フィギュアヘッズ』×『ゼノギアス』コラボ第2弾、ゼノギアス&E・アンドヴァリが1月25日より実装

スクウェア・エニックスは、プレイステーション4、Windowsで稼働中のオンラインゲーム『フィギュアヘッズ』について、『ゼノギアス』コラボ第2弾を発表した。

『おそ松さんVR』 2月2日からセガのアミューズメント施設で先行プレイスタート! “描き下ろしイラスト限定缶バッジ”をゲットしよう

セガ エンタテインメントは、『おそ松さんVR』を自社が運営するアミューズメント施設9店舗にて、2018年2月2日から先行してサービス提供をスタートし、4月までに全18店舗で順次展開すると発表した。

『ドラゴンボール ファイターズ』 テレビCM第2弾を公開! 新キャラクター“人造人間21号”の真の姿も

バンダイナムコエンターテインメントは、2018音2月1日発売予定のプレイステーション4、Xbox One用ソフト『ドラゴンボール ファイターズ』について、第2弾となるテレビCM映像を公開した。

“カプコンフィギュアビルダー モンスターハンター スタンダードモデル Plus Vol.9”には、『モンスターハンター:ワールド』の新モンスター5体が早くも登場!

カプコンは、“カプコンフィギュアビルダー モンスターハンター スタンダードモデル Plus Vol.9”を、2018年1月23日より発売する。

『イナズマイレブン アレスの天秤』のキャラたちと特訓やコミュニケーションが楽しめるバンド型デバイスが登場

タカラトミーは、『イナズマイレブン アレスの天秤』の商品展開を2018年春から開始することを発表。第1弾として、NFC機能と活動計測機能搭載のバンド型デバイス“イレブンバンド”を発売する。

ナイキの新バスケットボールシューズ“PG2”が、プレイステーションコラボの限定版とともに発表。NBAオールスター選手のポール・ジョージモデル

ナイキが、NBAのオクラホマシティ・サンダーに所属するオールスター選手、ポール・ジョージモデルの新作バスケットボールシューズ“PG2”を発表。限定版は同選手のゲーム好きの側面を反映したプレイステーションコラボモデル。

大量のクリーチャー&新筐体が生み出す臨場感! 『HOUSE OF THE DEAD 〜SCARLET DAWN〜』プレ・ロケテストインプレッション

セガ・インタラクティブのガンシューティング、『HOUSE OF THE DEAD 〜SCARLET DAWN〜』のプレ・ロケテストが開催。そのインプレッションをお届けする。

『レイジングループ』PS4パッケージ版が2018年1月25日に発売! キーパーソンたちに聞く、老舗ケムコがパッケージ販売に再参入する理由

2018年1月25日にPS4版『レイジングループ』を発売するケムコ。パッケージ販売に再参入することを決めた老舗ブランドの事業戦略をキーパーソンたちに聞く。

【最新ソフトプレゼント】 from ファミ通.com ゲームユーザーの意見箱応募フォーム

ファミ通.comが掲載した2018年1月13日〜2018年1月19日のニュース・記事の中で、もっとも興味を持ったニュースを教えてください。