携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『ストIV』、『KOF XII』、『ブレイブルー』、『ガンダム vs. ガンダム』……対戦格闘ゲームの戦国時代が到来 その1

『ストIV』、『KOF XII』、『ブレイブルー』、『ガンダム vs. ガンダム』……対戦格闘ゲームの戦国時代が到来 その1
【AOU2008リポート】

2008/2/16

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●『ストリートファイターIV』がいよいよ本格始動

  

 2008年2月15日、16日(一般公開日は16日)の両日千葉県の幕張メッセで開催中の”AOU2008 アミューズメント・エキスポ”。直前情報でお伝えしているとおり、今年はカプコン、SNKプレイモア、アークシステムワークスといったメーカーが、相次いで新作対戦格闘ゲームを出展している。各ブースの出展内容およびイベントの様子などをお届けする。


▲開場と同時に来場者が殺到し、最大90待ちを記録したカプコンの『ストリートファイターVI』。注目度の高さは今回のイベントでナンバーワンだ。

 
 もっとも注目集めたのは、やはりカプコンの『ストリートファイターIV』(2008年夏稼動予定)だろう。対戦格闘ゲームの礎を築いたシリーズの最新作とあって、同タイトルの出展スペースには開場と同時に体験プレイを希望する人が殺到。開場から1時間が経過した午前11時点で、この日最長となる90分待ちの行列を記録した。


▲『ストリートファイターIV』の体験台は全部で14台出展された。


 今回出展されたバージョンではすでに発表済みの”リュウ”、”ケン”、”チュンリー”、”ガイル”、”ダルシム”、”エドモンド・本田”、”ザンギエフ”、”ブランカ”、”クリムゾン・ヴァイパー”に加えて、2008年2月15日に参戦が発表されたばかりの新キャラクター”アベル”(関連記事はこちら)も操作することができた。キャラクター選択画面は中央の仕切りを挟んで、クリムゾン・ヴァイパーとアベルを除く既存キャラクター8人が上部に4人×2列で表示され、最下部に新キャラクターふたりがポツンと表示される形に。バランスから考えて、あと6人のキャラクター追加(?)を予感させる配置となっていた。

 

▲新キャラクターに人気が集中すると思われたが、意外に既存キャラクターを使う来場者も多かった。本気で勝ちにいく人もいれば、新規要素をジックリと確認しながらプレイする人もいたり、それぞれのやりかたでシリーズ最新作を堪能していた。


 ゲーム内容の部分では新たなステージがふたつ明らかになった。ひとつは『ストリートファイターII』シリーズのガイルのステージを彷彿とさせる飛行機場らしき場所。声援を贈るギャラリー、戦闘機など複数の共通点を発見することができた。もうひとつは背景に仁王像らしきものが立っている屋内のステージ。記者の記憶では過去作品に同様のステージはなかったと思われる。そのほかに、スクリーンショットなどで幾度も公開されているチュンリーのステージと思われる場所も登場した。
 

▲チュンリーとクリムゾン・ヴァイパーのコスプレイヤーの撮影会も実施された。

 

▲カプコンブースは、そのほかに『戦国BASARA X(クロス)』と『Fate/unlimited codes (フェイト/アンリミテッドコード)』を出展。対戦格闘ゲーム色を強く押し出したブース展開となった。



●SNKプレイモアは『KOF XII』の映像が世界初公開に

 

 SNKプレイモアはタイトーブース内に、『THE KING OF FIGHTERS’98 ULTIMATE MATCH』(2008年3月18日稼動予定)と『サムライスピリッツ閃』(2008年4月17日稼動予定)の2タイトルをプレイアブル出展(関連記事はこちら)。同時に新作タイトルを紹介するプレスカンファレンスも開催した。

 

▲SNKプレイモアの『THE KING OF FIGHTERS’98 ULTIMATE MATCH』と『サムライスピリッツ閃』。どちらも全キャラクターが使用可能な状態となっていた。


▲タイトーのブース内に出展されていたアーケード用基板”TAITO TypeX2”は、SNKプレイモアの『サムライスピリッツ閃』を始め、『ストリートファイターIV』、『BLAZBLUE(ブレイブルー)』などさまざまなメーカーが対戦格闘ゲームの開発に利用している。


 このプレスカンファレンスの中で『THE KING OF FIGHTERS』シリーズの最新作『THE KING OF FIGHTERS XII』の映像が世界初公開された。 約1分程度の短い映像だったが、ゲーム画面には”草薙 京”、”テリー・ボガード”、”キム”、”二階堂 紅丸”といったファンにはおなじみのキャラクターを確認することができた。
 

▲『KOF』シリーズ最新作の映像が世界初公開。新キャラクターの追加など詳細については明かされなかった。


 ゲームの紹介を行った、アートディレクターの”ノナ”氏は、本作の見どころを”圧倒的なスケールで贈る2Dドットグラフィック”と表現。併せてグラフィックは”ハイレゾドットグラフィック”と呼ばれる手法で描かれていることも明かされた。稼動時期は2008年の予定。ノナ氏は「格ゲー業界の老舗として、がんばって開発していこうと思います」と力強く宣言した。
 

▲「開発は順調なので、期待して待っていてください」と、年内の稼動を約束したノナ氏(右)。


※カプコンの公式サイトはこちら

※SNKプレイモアの公式サイトはこちら

【AOU2008リポート】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

プレスルームで欧州メディアに直撃! 取材してみて「これは!」と感じたイチ推しタイトルは?【gamescom 2018】

gamescom 2018を取材で訪れ、プレスルームで記事を書いていた欧州メディアの記者(ブロガーなども含む)に、取材や試遊を通じて感じた今後のイチ推しタイトルを挙げてもらい、その理由などのコメントをまとめた。

TORCH TORCHの『ダークソウル』リングコレクション最新作“スズメバチの指輪”が2019年2月に発売!

Ampusが展開するアパレルブランド“TORCH TORCH(トーチトーチ)”は、『ダークソウル』シリーズに登場するアイテム“スズメバチの指輪”を2019年2月に発売することを明らかにした。

『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記 お月見イベントでダンスパーリィ!(第203回)

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第203回(通算303回)。

『アサシン クリード オデッセイ』クリエイターインタビュー動画第2弾! ゲームディレクターが表現したかった、新たな『アサシン クリード』とは!?

ユービーアイソフトより発売中のオープンワールドアクションRPG『アサシン クリード オデッセイ』。古代ギリシアの壮大な物語は、いかにして作られたのか? ゲームディレクターのスコット・フィリップ氏が語ります。

『ディビジョン2』クリエイティブディレクターとゲームディレクターに直撃! 気になるアレコレ(トミーベアのこととか)を訊いた!

ユービーアイソフトより2018年3月15日発売予定のオープンワールドRPG『ディビジョン2』。“UBIDAY2018”に合わせて来日した、開発のカギを握るふたりのキーパーソンに直撃!

魔物に襲われた王国の平和を取り戻せ! 『バトルプリンセス マデリーン』に収録されているストーリーモードの情報が公開

3goo(サングー)は本日(2018年10月19日)、2018年12月20日発売予定のプレイステーション4、Nintendo Switch用ソフト『バトルプリンセス マデリーン』に収録されているストーリーモードの情報を公開した。

『電脳戦機バーチャロン』シリーズの3タイトルがPS4で配信決定! 正式リリースが到着

セガゲームスは、昨日(2018年10月18日)発表された『電脳戦機バーチャロン』、『電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム ver.5.66』、『電脳戦機バーチャロン フォース』のプレイステーション4での配信について、正式リリースを発表した。

『Return of the Obra Dinn』死者の残留思念を通じて漂着船の数奇な運命を解き明かす、思わずノートにメモしながらプレイしたくなる傑作推理ADV

『Papers, Please』の作者による新作アドベンチャーゲーム『Return of the Obra Dinn』を紹介。日本語対応のPC/Mac版が配信中。

『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』ゲームプレイトレーラーが公開、初公開となる地域でも探索や新キャラクターも

CD PROJEKT RED は『ウィッチャー』の世界を舞台にしたカードバトルRPG『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』のゲームプレイトレーラーを公開した。

『なりキッズパーク 怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』ストーリーモードやミニゲームの概要をお届け、スーパー戦隊ヒーローになりきろう

バンダイナムコエンターテインメントは『なりキッズパーク 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』でストーリーモードやミニゲームの情報を公開した。