携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> Xbox 360でハイビジョン番組が観られるMediaroomを初体験

Xbox 360でハイビジョン番組が観られるMediaroomを初体験
【2008 International CES】

2008/1/9

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
「ファミ通チョイス」とはファミ通グループが、とくにおすすめするゲームタイトルです。

●Microsoft Mediaroomのスタート時期、料金体系はプロバイダ次第

 

 ビル・ゲイツ氏の基調講演で明らかになったIPTVのプラットフォーム、Microsoft Mediaroom。CESのマイクロソフトブースではデモンストレーションが行われていた。


▲テレビを観ながらいつでもメニュー画面を呼び起こせて、チャンネルを替える感覚で、ビデオ・オン・デマンドやWindows Liveなどを手軽に楽しめる。


 Microsoft mediaroomは簡単に言えば、テレビに専用装置セット・トップ・ボックスを設置すれば、プロバイダーが提供するハイビジョン番組や双方向番組、ビデオ・オン・デマンドが楽しめ、それをサポートする機能も充実。たとえばデジタルビデオ録画機能、複数のチャンネルを一度に観られるザッピング機能、スポーツ番組をさまざまな角度で視聴できる機能などを実装するほか、Windows Liveを介して、ほかのユーザーとの音楽や写真などのファイル共有、ボイスチャット機能も”テレビで”体験できるのだ。


▲レースやスポーツ番組なので、生中継の番組でも好きな角度から観戦できるようになる。

 

▲Xbox LIVEのように友だちの状態が一目瞭然。


 CATVとどこが違うの? と思う人が多いかもしれないが、もっとも大きな違いはインタラクティブ性。たとえば、モータースポーツの番組を見ているとき。生中継の状態でも、選手のデータをいつでも引き出せたり、クルマからの視点に変更できたり、友だちとボイスチャットしながら観たり。契約プロバイダーによってサービスの内容はかわるが、従来よりも確実に自由にカスタマイズしてテレビ番組を視聴できる。しかも、ハイディフィニションのクオリティーでだ。

 

 データの共有部分では、フレンド登録している友だちがオンラインしているのか、どの番組を観ているのか確認できるほか、自分の写真や音楽データをテレビで閲覧できる。もちろん、友だちが公開しているファイルも自分のテレビで楽しめる。


▲Xbox 360とテレビがもっと密接な関係になる。

 

 Xbox 360もこのWindows Mediaroomのセット・トップ・ボックスとして活躍する予定で、提携プロバイダー(アメリカではAT&T、世界的には18ヵ国20社が参入予定)によってスタートはまちまち。Windows Mediaroom自体の配布方法もロムになるのか、アップロードになるのか、プロバイダー次第。料金体系(価格帯)もプロバイダーが決めるという。あくまでもマイクロソフトは技術提供というスタンスだ。 
 

 Xbox 360をセット・トップ・ボックスとして活用することで、とくに一般販売される専用装置との機能差はないとのことだが、自分がテレビを視聴中、友だちがXbox Liveを介してゲームに誘ってきたときなどは、テレビモニターに表示される。テレビ番組は、Xbox 360のハードディスクにボタンひとつに録画することができ、最大4ストリームの録画が可能。ひとつの番組を観ながら2つの番組を同時に録画することも可能だとか。録画中にもゲームは楽しめるのでご安心を。


▲Xbox 360のメニュー画面に、Mediaroomのアイコンが。
 

▲テレビを観ているときに、おなじみのブレードを立ち上げることもできる。テレビ番組はうっすら表示される。
 

▲番組表からも、直接番組からも簡単に録画が可能。番組はXbox 360のハードディスクに録画されるため、120GBモデルがおススメとか。
 

▲今回は参考出展だったが、ビデオ・オン・デマンドの料金はこれくらいに?
 


  日本での展開はまだ未定とのことだが、Xbox 360に新たな可能性が見えてきた。好きな番組を好きなときに観られて、好きな角度から視聴できて、好きなときに友人たちと交流を図れる。これにマーケットプレースで配信されている魅力的なコンテンツも加わるわけで、わがまま放題の視聴スタイルの実現はもう間近かも。
 

【2008 International CES】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

“ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン”収録タイトルや本体、コントローラーを紹介する最新映像が公開

任天堂は、2017年10月5日(木)に発売予定の家庭用ゲーム機“ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン”について、紹介映像を公開した。

ハル研究所がスマートフォン事業の新ブランド“HAL Egg”を立ち上げ、第1弾は2017年秋にリリース予定

『星のカービィ』や『ハコボーイ!』シリーズで知られるハル研究所が、スマートフォン向け新規キャラクターのゲームアプリ第1弾を、2017年秋にリリースすることを発表した。

gamescom 2017がいよいよ開幕! 欧州最大規模のゲームイベントに注目【gamescom 2017】

2017年8月22日〜26日(現地時間)ヨーロッパ最大規模のゲームイベントgamescom 2017がドイツ・ケルンのケルンメッセにて開催される。

古代祐三氏らによる歴代サウンドの生演奏に、ボウケンシャーたちも感涙! 『世界樹の迷宮』10周年記念ライブリポート

2017年8月14日、新宿 ReNYにて、アトラスの人気RPG『世界樹の迷宮』シリーズの10周年を記念したライブ“世界樹の迷宮 10th Anniversary LIVE 〜イザツドエ!ボウケンシャー!!〜”が行われた。本記事では、その模様をリポートする。

『GET EVEN』話題のスリラーADVの魅力に迫るプロデューサーインタビュー完全版を紹介

2017年8月18日より日本での配信が始まった1人称スリラーアドベンチャー『GET EVEN』。週刊ファミ通8月24・31日合併号(8月10日発売)で掲載されたプロデューサーインタビューを編集、加筆、再構成してお届け。

『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』25周年記念3Dクリスタル付プレミアムセットが登場!

2017年10月26日に発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』。シリーズを象徴する悪魔“ジャックフロスト”を3D立体レーザー彫刻で再現した3Dクリスタルがセットになった“25周年記念スペシャルボックス”がECサイトのエビテン内アトラス”D”ショップに登場。

PC版『FFXV WINDOWS EDITION』の発売が決定! 4K(最大8K)解像度をサポートし、HDR10にも対応する“究極の『FFXV』”に

スクウェア・エニックスは、『ファイナルファンタジーXV』のPC版『ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDTION』を、2018年に発売することを発表した。PC版は4K(最大8K)解像度をサポートし、HDR10にも対応。超高精細な映像を表現する“究極の『FFXV』”になるという。

『ご当地鉄道 for Nintendo Switch!!』 さまざまな新要素を搭載して、今冬発売決定!

バンダイナムコエンターテインメントは、Nintendo Switch用ソフト『ご当地鉄道 for Nintendo Switch!!』を、今冬発売予定であることを明らかにした。

『実況パワフルプロ野球』テレビCM第6弾“大谷翔平”篇公開、ゲーム内には本人監修のイベントキャラ“大谷翔平”が登場

KONAMIは、配信中のスマートフォン向けアプリ『実況パワフルプロ野球』において、テレビCM第6弾“大谷翔平”篇を公開したことを発表した。

『スプラトゥーン2』初の公式大会“第3回スプラトゥーン甲子園”大会詳細が発表、決勝は闘会議2018で開催

ドワンゴとGzブレインは、2018年2月10日(土)、11日(日)に両社が主催する日本最大級の“ユーザー参加型”ゲームイベント“闘会議2018”にて、Nintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』の公式全国大会“第3回スプラトゥーン甲子園”の決勝大会を開催することを発表した。