携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 植松氏の新たな一面を感じさせる『アナタヲユルサナイ』サントラCDの発売記念イベントが開催

植松氏の新たな一面を感じさせる『アナタヲユルサナイ』サントラCDの発売記念イベントが開催

2007/12/21

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●「いままでの自分にはない新しい形ができた」(植松)


▲ファンが集まり、植松氏のトークを楽しんだ『アナタヲユルサナイ』のサウンドトラック発売記念イベント。この日は同じ渋谷で、『ファイナルファンタジーIV』の発売記念イベントも開催され、植松氏はふたつのイベントを掛け持ちしていたのだ。植松氏のファンにとっては、”1日で2度おいしい”日だったはず!


 AQインタラクティブから発売中のPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『アナタヲユルサナイ』。このゲームのサウンドトラックが発売されたことを記念して、2007年12月20日に都内にあるタワーレコード渋谷店で植松伸夫氏のトーク&サイン会が実施。タワーレコード渋谷店でこのCDを購入した人を対象にしたイベントで、多くのファンが集まった。

 

 植松氏は、『アナタヲユルサナイ』の楽曲を依頼された経緯について以下のように説明。

 

 「AQインタラクティブのほうから音楽をやってくれと話があって、どんなゲームなのかを聞いたんです。このゲームは、サウンドノベルとアドベンチャーを足したようなゲーム性で、大人っぽいイメージ。僕はずっとファンタジーばかりやってきたので、そういえばこういうジャンルはやったことがないな、と思って。たまにはこういうのもおもしろいかな、とやらせてもらうことにしたんです」(植松)

 
 植松氏は、『アナタヲユルサナイ』の絵柄を見て、ジャズの要素を取り入れたいと考えたという。開発陣もそれに賛同してジャージーな曲調が多くなったのだが、ほかにもボサノヴァやフュージョンなど、さまざまなジャンルを取り入れていった。全体的に大人っぽいイメージを大切にしつつも、「ゲームは遊んでなんぼ。ジャズだけにこだわる必要はない」とキッパリ。「いろいろなタイプの音楽がありますけど、どれも聴いてみるとおもしろい。つまらないと思うのは聴きかたを間違えているか、自分自身で閉ざしてしまっているだけですよ。何らかのおもしろみが必ずあると思って曲を聴くと、もっと音楽が楽しくなる」と持論を語った。

 オープニング曲『Toneless』とエンディング曲『遠くからあなたを』は、歌詞の入った歌となっている。じつはこれを歌っている歌手のYVONNEとは、このプロジェクトのためだけの芸名で、「名前を出せない大人の事情」(植松)があるのだとか。「この方といっしょに仕事をしたいとずっと思っていたんですよ。じつはXbox 360用ソフト『ブルードラゴン』のときもお願いしたかったんですけど、諸般の事情で却下された経緯があって。今回やっと実現しました」と、植松氏の片思いから始まった企画だったことが明かされた。植松氏は『アナタヲユルサナイ』の楽曲に相当な思い入れがあるようで、「いままでの自分にはない新しい形ができたと思います。これを今後の方向性の土台にして、がんばっていきたいと思います」と、改めてファンに意気込みを語った。

 

▲このアルバムのお気に入りの曲を聞かれた植松氏は、「開発中にずっとかけていたのは、『人生は目玉焼きのよう』という曲。RPGにはないような現実的な曲で、気に入っています」とコメント。


▲サイン会では、ファンとゆっくり会話をしながら、CDジャケットにサインを入れていった植松氏。


 この『アナタヲユルサナイ』のサウンドトラックは、植松氏が設立したレコードレーベル”ドッグイヤーレコーズ”が発売元となった第1弾の作品。今後、第2弾以降も予定されており、植松氏の参加するロックバンド”THE BLACK MAGES”のCDもあるとか。じつは現在レコーディング中で、『ファイナルファンタジーXII』などのアートディレクターを務めた皆葉英夫氏がジャケットデザインを手掛けることも明かされた。発売日や収録曲などの詳細は、2008年1月に発表される予定。



※『アナタヲユルサナイ』公式サイトはこちら
※ドッグイヤーレコーズの公式サイトはこちら
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ディシディアFF』公式全国オンライン大会の詳細が続々と明らかに! “『ディシディアFF』大会情報満載スペシャル”速報

2017年5月23日より、ニコニコ生放送とYouTubeで配信された“『ディシディアFF』大会情報満載スペシャル”。この夏をさらにアツくさせる“公式全国オンライン大会2017”の詳細が、こちらの放送にて発表された。本記事では、放送で発表された情報をひとまとめにしてお届け。

『PixelJunk』シリーズ初のスマホゲーム『Eden Obscura』、カメラ機能を使った独創的なビジュアルを紹介【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”21日のメインステージには、Q-Gamesのクリエイティブ・プロデューサーBaiyon氏が登場し、『PixelJunk』シリーズ最新作の『Eden Obscura』を紹介した。

『バイオハザード』&『ストリートファイター』&『ロックマン』のデフォルメフィギュア“POP!”に親しみやすい日本版パッケージが登場

アメリカの玩具メーカー、ファンコ社が展開するデフォルメフィギュア“POP!”。その『バイオハザード』、『ストリートファイター』、『ロックマン』各シリーズにおいて、日本オリジナル仕様のパッケージが発売されることが公表された。ロゴやキャラクター名が日本仕様に変更されており、より親しみやすいデザインとなっている。なお『ストリートファイター』シリーズでは店舗限定のレアバージョンも登場予定だ。

『Rez Infinite』を視覚・聴覚・触覚で体感する共感覚スーツがさらに進化! “シナスタジアスーツ2.0”プレス体験会リポート

『Rez Infinite』を視覚・聴覚・触覚で体感できる“シナスタジアスーツ2.0”のプレス体験会のリポートをお届けする。

『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』が2017年秋にPS4、Xbox One、PCで発売決定 公式リリースが到着

カプコンは、オープンワールドアクションゲーム『ドラゴンズドグマ』生誕5周年を迎えるアニバーサリーイヤーの2017年に、『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』をプレイステーション4、Xbox One、PCにて発売することを発表した。

RazerとBungieがパートナーシップを結託、『Destiny 2』仕様のChromaキーボードやDeathAdder Eliteマウスが発売決定

Razerは、Bungieとのパートナシップ結託を発表。Bungie開発によるアクティビジョンのFPS『Destiny 2』をテーマとした製品シリーズを発売することを発表した。

園子温監督と『龍が如く』シリーズ総合監督の名越稔洋氏とのスペシャル対談が“セガなま”で公開

セガゲームスは、2017年5月30日20時55分より、バラエティー番組“セガなま 〜セガゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ〜”の2017年5月放送回を、ニコニコ生放送、FRESH!、Youtube Liveにて配信する。

『Destiny 2』クルーシブル(PvP)の新ルール“Cowntdown”の実機プレイ動画をお届け。4v4の爆破系マッチ

アクティビジョンが先週ロサンゼルス近郊で行った『Destiny 2』のイベントから、対人戦モード“クルーシブル”の新ルールのプレイ動画をお届けする。

定額制動画配信サービスの実態を“eb-i Xpress”が発表、利用者は40代を中心に1100万人と2015年の調査結果より大幅増加

カドカワによる企業向け定期サービス“eb-i Xpress”(イー・ビー・アイ・エクスプレス)は、全国47都道府県に在住する5〜69歳男女を対象に、定額制動画配信サービスの利用実態について調査を行い、その結果を発表した。

2017年5月24日(水)の『WUGちゃんねる!』第4回は吉岡茉祐さん、奥野香耶さん、高木美佑さんが『いっしょにチョキッと スニッパーズ』に挑戦!!

2017年5月24日(水)21時30分から配信予定の『ファミ通presents WUGちゃんねる!』第4回は、吉岡茉祐さん、奥野香耶さん、高木美佑さんが出演。Nintendo Switch用ソフト『いっしょにチョキッと スニッパーズ』をプレイします!