携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> PCから書籍や映像をダウンロードして楽しめる! ニンテンドーDS向けコンテンツ配信サービス”DSvision”が発表

PCから書籍や映像をダウンロードして楽しめる! ニンテンドーDS向けコンテンツ配信サービス”DSvision”が発表

2007/11/29

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
「ファミ通チョイス」とはファミ通グループが、とくにおすすめするゲームタイトルです。

●DSvisionのサービススタートは2008年3月!
 

 2007年11月29日に都内で、大日本印刷とam3が共同で”DSvision記者発表会”を開催した。am3は、店頭に設置された端末を使ってゲームボーイアドバンスやニンテンドーDS向けにアニメを配信するサービス、”アドバンスDSムービー”を任天堂の許諾を得て展開している会社。DSvision(ディーエスビジョン)は、これを拡大してインターネット経由でさまざまなコンテンツをニンテンドーDS向けにダウンロード販売する事業となる。

 

 発表会ではまず、大日本印刷の常務取締役市谷事業部長、西村達也氏と、am3の代表取締役社長、竹内裕司氏がそれぞれ、両社が提携した経緯や事業戦略を説明した。大日本印刷はこれまでPCやケータイ向けに電子書籍などのコンテンツ配信事業を展開してきたが、国内で2000万台が普及しているニンテンドーDSを新たなコンテンツプラットフォームとして注目。am3が任天堂の許諾を得て開発を進めているDSvisionを、両社が提携する形で展開することになったという。

 

 am3が持つニンテンドーDS向けの著作権管理などの技術を活用し、大日本印刷がコンテンツの制作からダウンロードサイトの運営までを含めたワンストップ・サービスを行う。大日本印刷はこの事業を円滑に進めるため、すでにam3の株式の56.3パーセントを取得して、筆頭株主となっている。

 

▲会場を埋め尽くした多くの報道陣や関係者を前に、am3の竹内社長はDSvisionの事業戦略を明らかにした。


 具体的なサービスの紹介は、am3の専務取締役である澤居大介氏から行われた。DSvisionは、インターネット経由で、ニンテンドーDS(および、ニンテンドーDS Lite)に、コミックや書籍、情報誌などの出版物、アニメや映画、ドラマなどの映像、音楽などさまざまなコンテンツを配信するサービス。PCの専用サイトからダウンロードしたコンテンツは専用microSDカードに保存することができ、PCを使って書き換えが可能。専用microSDカードをニンテンドーDSで利用するためには、PCに接続するためのUSBリーダーライターと、ニンテンドーDS本体に接続するためのDSカード型の専用アダプターが必要となる。

 DSvisionのダウンロードサービスは、2008年3月から開始される予定。コンテンツの販売価格については、コンテンツ次第とアナウンスされたが、「ケータイコンテンツと同額、高くても1000円くらいまで」(澤居)になるとのこと。決済方法は、クレジットカードを始めとした既存のシステムが活用される。

 

 サービス開始に先駆けて、DSvision専用機器となる専用アダプター、専用microSD(512メガバイトのもの)、USBリーダーライターをセットにして、2008年1月から3980円[税込]でテスト販売されることも明らかにされた。この時点ではダウンロードサイトがオープンしていないが、先行販売されるmicroSDカードにあらかじめ何かしらのコンテンツが収録されており、ニンテンドーDSでその可能性を感じられるという。

 

 なお、このサービスはPCを介したものとなっているが、本来、ニンテンドーDS本体にはWi-Fi機能が備わっている。DSから直接ネットに接続してダウンロードできればより利便性が高まるが、技術的な問題で今回は見送られたとか。ただし、「第2世代以降では考えていきたい」と今後の可能性は残しているようだ。

 

▲会場の一角で公開されていた、左から専用microSDカード、専用アダプター、そしてUSBリーダーライター。この3つを使って、手軽にゲーム以外のエンターテインメントを楽しめる。USBリーダーは、PCとmicroSDカードを繋げるもの。


▲専用アダプター(右)はDSカードと同じサイズで、任天堂公認のもの。専用アダプターにmicroSDを差し込むと、ニンテンドーDS本体に装着できる。


 会場には、多くのコンテンツホルダー(ダウンロード販売できるコンテンツを所有している出版社など)関係者が来場して熱心に話を聞いていたのだが、澤居氏は彼らに向けて3つのキーワードを挙げ、DSvisionの優位性を説いた。それは、”最強”、”最小”、”最大”という言葉。最強が意味するのは、ニンテンドーDSが国内で累計販売台数2000万台を超え、世代に偏りなく幅広く普及しているプラットフォームとしての魅力だ。加えて、「ゲーム機というよりも、世界で唯一成功したPDA(携帯情報端末)という言われかたもしている」(澤居)と、ゲーム機の枠を超えて広く世に浸透していることを強調した。

 

▲ニンテンドーDSのプラットフォームとしての魅力は、2000万台という普及台数もさることながら、それが幅広い世代に渡っていることも大きい。ちなみにケータイは1億台が普及していると言われているが、「電話やメールといったものではなく、単純にコンテンツを楽しむための2000万台と考えると、大きな力になる」と澤居氏。


 もうひとつのキーワード、最小とは、microSDカードを指す。ご存じのとおり、これは全長15ミリで史上最小のメモリーカード。小さいだけではなく、2ギガバイトのカードなら書籍4000冊分、コミック200冊分、2時間の映画16本分と容量でも申し分はない。ケータイ向けなどに使用されているが、「2007年6月には、主要メモリーカードの世界販売シェアナンバー1になった」(澤居)そうで、今後ますます普及していくものと思われる。さらに、am3の技術を使って、不正コピーなど著作権侵害の問題にも対応。万全のセキュリティー体制が整っており、コンテンツメーカーにとっては非常に魅力的な要素だ。

 
 そして、最大が意味するものは、「国内最大のコンテンツマーケットに育てたいと思います」(澤居)。2008年3月6日にオープン予定だというDSvisionのダウンロードサイト”DSvisionメガストア”では、コミックや映画、アニメ、小説、さらにはスポーツや写真集など、さまざまなコンテンツを提供する。コンテンツ制作に関しては、大日本印刷とam3が企画から技術サポートまで一貫して協力するとのことで、澤居氏はコンテンツメーカーの協力が不可欠だとして、重ねて協力を仰いだ。

 

 続けて、デモンストレーションも実施された。DSvisionメガストアからダウンロードしたコンテンツは、ユーザーのPC上にある管理ソフト”DSvisionコンテンツラック”で確認することができる。これは自宅の本棚のようなイメージで、BOOKやMOVIE、MUSICといったジャンルごとにダウンロードしたコンテンツが整理されていた。専用microSDカードを専用USBリーダーライターを介してPCに接続すると、DSvisionコンテンツラック上の操作でデータ転送が行われる。画面を見た限りでは、それぞれのコンテンツのメイン画面が表示され、簡単に専用microSDカードへと保存ができそうだ。これをニンテンドーDSに接続し、電源を入れてゲームソフトと同じ要領で立ち上げることができる。DSvisionのメニュー画面では、Wiiのチャンネルのように画面上に大きく表示されたコンテンツをタッチして選択する。

 

▲こちらがコンテンツラックのイメージ。上部分が購入済みのコンテンツで、その中からmicroSDカードに保存するタイトルを選ぶことができる。ちなみに、この場で見ることができたコンテンツはあくまでもサンプルコンテンツということだが、”JR時刻表”や”会社四季報”といったタイトルも見られた。アニメや小説を楽しむだけではなく、持ち歩くと便利なコンテンツはほかにもたくさんありそう!


 ここで、専用microSDカードにあらかじめ入っているソフト、”DS Photo Viewer”が公開された。文字どおり、ケータイやデジカメで撮影した写真をニンテンドーDS上で見られるソフトで、拡大や縮小、回転などをタッチペンで手軽に行える。澤居氏によると、「ケータイでせっかく撮った写真を、ケータイの中だけで完結してしまうのはもったいない。写真にお絵かきをして、それを友だちに送るような機能も、今後開発していきたいと思います」とのこと。

 

▲ニンテンドーDSの下画面で、タッチペンを使ってタイトルを選ぶことが可能。


▲DS Photo Viewerでは、下画面で選んだ写真が上画面に表示される。拡大や縮小、お絵描きなど、写真を使ってさまざまな楽しみかたができそうだ。


 DS Photo Viewer以外には、『ようこそルーヴル美術館』というコンテンツが披露された。これはまだ開発サンプルだとのことだが、DSvisionの可能性を感じさせるに十分なもの。ルーヴル美術館の所蔵作品を見ることができるだけでなく、美術館内部の地図が表示されて、歩き回るようにして絵画を楽しむことができるのだ。もちろん、その絵画の説明を読んだり、絵画を拡大表示させて細部を確認することも可能。作品を年代別や作者別に捜せる検索機能や、有名絵画をもとにしたパズル、美術に関するアートクイズなどもあり、1本のソフトとして成立するほど内容が詰まっている印象を受けた。
 

▲『ようこそルーヴル美術館』は、ニンテンドーDSを縦に持って使う。写真上は、右画面に地図が表示され、美術館案内に。写真下は、モナ・リザの絵。右画面にタッチすると、左画面にはその部分が拡大して表示されるのだ。

 

▲書籍コンテンツについては、縦持ちで読むことができるほか、サウンドノベルになる可能性もある。


 澤居氏は最後に、今後の事業計画を発表した。ダウンロードコンテンツは、2008年3月のスタート時には300タイトル、1年後に1000タイトル、2年後に3000タイトル、3年後には10000タイトルを配信予定。DSvisionのユーザー数としては、まずはニンテンドーDSユーザー2000万人の10パーセントにあたる200万人を想定している。この数字を達成するため、プロモーションの重要性を実感していると澤居氏。インターネット環境の充実が不可欠となることから、光ブロードバンド普及を推進するNTT東日本と協力してタイアッププロモーションを実施することを明かした。

 

 また、フレッツでもコンテンツ配信を行う予定。澤居氏は、魅力あるコンテンツを集めるとともにプロモーションを徹底し、「2008年3月に向けて全力で進めていきます」と意気込んだ。
 

▲am3の3ヵ年事業計画も明らかに。3年目には売上100億円を目指すという。この事業がいかにビッグプロジェクトかがわかる。


▲NTT東日本とのタイアップで、より幅広い人へプロモーションとサービス展開を行っていく。


※”DSvision”の公式サイトはこちら 
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ポケとる』アローラ地方に登場するポケモンたちが出現中、伝説のポケモン・ソルガレオが新登場

ポケモンは、配信中のニンテンドー3DS用ダウンロードソフト『ポケとる』について、2017年5月30日よりアローラ地方に登場するポケモンたちが出現する、ゲーム内イベントを開始した。

Tokyo RPG Factoryが贈る完全新作RPG『LOST SPHEAR(ロストスフィア)』が発表、PS4とNintendo Switchで2017年秋発売

スクウェア・エニックスは本日2017年5月30日に、完全新作RPG『LOST SPHEAR(ロストスフィア)』を発表した。対応ハードはプレイステーション4、Nintendo Switchで、2017年秋発売を予定している。

HORI、Nintendo Switch対応“リアルアーケードPro.V HAYABUSA”を2017年7月発売

HORIは、Nintendo Switch対応アーケードスティック“リアルアーケードPro.V HAYABUSA for Nintendo Switch”を、2017年7月に発売する。価格は16178円[税込]。

『大航海時代 Online』Liveイベント“聖アントニオ祭 〜リスボンクイズパレード!〜”が6月6日より開催

コーエーテクモゲームスは、サービス中のプレイステーション4、プレイステーション3、PC用ソフト『大航海時代 Online』について、2017年6月6日から6月20日までの期間限定で、ゲーム内イベント“聖アントニオ祭 〜リスボンクイズパレード!〜”を開催する。

コンパイルハートの美少女が登場する目覚ましアプリ『神次元アプリ ネプテューヌ』が『まいにちコンパイルハート』にリニューアル

コンパイルハートは、App StoreとGoogle Playにて配信中の『神次元アプリ ネプテューヌ』を、『まいにちコンパイルハート』と名称を改め、2017年5月26日よりリニューアル配信を開始した。また配信記念として、同社のゲームソフトや関連グッズが当たるキャンペーンを実施している。

“ちょいカプTV!5月号<カプコンTV!番外編> リニューアル直前スペシャル”が5月31日19時より生放送決定

カプコンは、2017年5月31日19時より、“ちょいカプTV!5月号<カプコンTV!番外編> リニューアル直前スペシャル”をYouTube Liveにて生放送することを発表した。

ゲームコミュニティ“DEKKI”にて『グウェント ウィッチャーカードゲーム』カード検索・デッキ構築サービスが開始

プレイブレーンが開発・運営するゲームコミュニティ“DEKKI”にて、サービス中のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『グウェント ウィッチャーカードゲーム』のカード検索・デッキ構築サービスが開始された。

出演企業の募集開始!第3回企業対抗戦(残業編)は『くにおくん』【闘ch】

“闘.ch”の番組内で実施している企業対抗戦 残業編。今回は“企業対抗戦 残業編〜アジェンダはくにおくん〜”と題し、2017年7月26日に放送予定の“闘ch in【闘TV】”で闘う出演企業の募集を開始!

『NieR:Automata』の世界累計出荷・ダウンロード販売本数が150万本を突破

スクウェア・エニックスから発売中のプレイステーション4、Steam向けアクションRPG『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』の世界累計出荷・ダウンロード販売本数が、150万本を突破したことを公式Twitterアカウントが明らかにした。

PS Vita版『イース・オリジン』が配信開始、PS4版ユーザーは100円で追加購入可能!

DotEmuは、日本ファルコムがPC用ソフトとして発売した『イース・オリジン』のプレイステーション Vita版を2017年5月30日より配信開始した。価格は2200円[税込]で、2017年2月にリリースされたプレイステーション4版を購入している人は、100円[税込]にて追加購入が可能となっている。