携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 須田剛一氏が開発秘話を語る! 『NO MORE HEROES(ノーモア★ヒーローズ)』試遊体験会が実施

須田剛一氏が開発秘話を語る! 『NO MORE HEROES(ノーモア★ヒーローズ)』試遊体験会が実施

2007/11/23

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●「続編を作りたいので、ぜひ買ってください」(須田)

 

▲クラブイベントスペースにプレスと一般ユーザーを呼んで、『NO MORE HEROES(ノーモア★ヒーローズ)』の体験会と開発者トークショーが実施。

 

 『キラー7』など独特の作風で知られるグラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一氏の最新作『NO MORE HEROES(ノーモア★ヒーローズ)』が、2007年12月6日にマーベラスエンターテイメントから発売される。このゲームの発売直前試遊体験会が、2007年11月23日に都内にある渋谷NEOで開催された。

 

 イベントにはプレスのほか、公式サイトで応募を受けつけた一般のユーザー約20人がご招待。会場内には試遊台が5台設置され、ひとり10分程度プレイすることができた。このゲームは、米国暗殺者協会のランキング11位である主人公トラヴィス・タッチダウンを操り、上位ランカー10人を倒してランキング1位を目指すアクションアドベンチャー。5台のうち3台では、ゲームの冒頭から遊ぶことができ、アメリカ西海岸の街サンタデストロイを散策し、最初のボスであるランキング10位の暗殺者の屋敷へと潜入するアクションが楽しめた。もう1台は、ランキング第7位のデストロイマンとのボス戦。これは、東京ゲームショウ2007に出展されていたものと同じだが、ほぼ製品版の内容にバージョンアップされていた。最後の1台は、ランキング9位のドクター・ピース戦。ドクター・ピースは銃を使う敵で、トラヴィスの持つビーム・カタナと銃との戦いが楽しめた。

 

 一般のユーザーは、初めて『NO MORE HEROES(ノーモア★ヒーローズ)』を触るという人も多かったが、Wiiリモコンとヌンチャクを使ったプレイにすぐ慣れた様子。基本の攻撃はAボタンの連打で、敵にトドメを刺すときには画面上にマークが現れてWiiリモコンを実際の刀よろしく振ることになる。この一連の動きにストレスを感じることもなく、爽快感を味わえたようだ。また、笑いながらプレイしている人もいたのが、プロレス技。これは、画面上にWiiリモコンとヌンチャクのマークが出現し、その動きを真似ることで発動する。プロレス好きの須田氏らしい遊び要素だが、ユーザーもしっかり楽しめているようだった。

 

▲イベントに招待された一般ユーザーの中には、かなり遠方から来ていた人も。女性ファンの姿も目立ち、須田氏の人気がうかがえた。


 この日のメインイベントとなったのは、須田氏とエグゼクティブプロデューサーを務めたマーベラスエンターテイメントの和田康宏氏のトークショウ。両名はまず、開発期間中のできごとを振り返っていった。和田氏は立ち上げ当初、アクションゲームの開発経験がそれほど多くない須田氏に「オリジナル新作で世界と勝負する作品」(和田)ができるのかと心配もあったという。そのため、アクション部分の構築についてはかなり時間をかけ、和田氏がプロデューサーに任命した木村祥朗氏なども加わって、「アクションゲームとは何か」という話し合いが何度もくり返された。その中で、木村氏と須田氏は「怒鳴りあいになるかというぐらい」(須田)のケンカもしたという。だが、「本音でケンカをしたので、逆に強い信頼関係ができた」(須田)と、結果的にいいコラボレーションができたようだ。

 

▲「いい作品ができたと思っているので、こうして皆さんに遊んでもらえて本当にうれしい」と語った和田氏(左)と須田氏(右)。


 このゲームのアクションに関しては、「ずっと斬っていくだけだと単調になると心配しましたが、プロレス技が入っていい感じにまとまった」と和田氏。Wiiリモコンの振る動きについては、両名とも最低限に抑えたいという気持ちがあったそうだ。「Wiiリモコンについて思うのは、開発者がそこに捉われすぎているということ。僕たちは”あったら便利なもの”というスタンスで作りたかったんです」(和田)と明かした。こうして、アクション部分が組み上げられたわけだが、最初はとうてい満足のいくものではなかったそうだ。両名はいまでこそ笑って話せるとして、須田氏と親交のある某有名クリエーター、”M上”氏にプレイしてもらったが、「これはやばいですよ」と言われてしまったというエピソードを披露。その後細かい調整を続けて、「結果的にはM上さんにもほめてもらえました(笑)」(須田)という。

 

 開発を振り返るトークのあとは、デモプレイを見ながらの解説も行われた。トラヴィスの家では、Tシャツを着替えられたり、ネコをかわいがることができる。このネコは、須田氏が「いちばんダメ出しをした」というほど、こだわり抜いたもの。さまざまなリアクションを返してくれるが、「だんだんなつくということはありません。ネコってそういうもんです」(須田)とのことだ。街中のシーンでは、バイクを乗り回すことができ、ジャンプなどのアクションが披露された。サンタデストロイの街はかなりの広さがあるのだが、和田氏がその理由を須田氏に尋ねると「だって、バイクぶっとばせないじゃん」という答えが返ってきたとか。和田氏は「それもそうかな」となっとくしたそうだが、その広さがアメリカ西海岸らしさを演出することにもつながり、結果的に満足のいくものとなったようだ。このほか、お金を貯めるためのアルバイトが紹介。ボス戦でなかなか勝てないときにはお金を貯めてビーム・カタナを強化することができ、小ネタも満載で楽しめるものとなっている。

 

 最後に須田氏は、改めて「続編を作りたい」とコメント。「たくさん売れれば続編が作れるので、ぜひ買ってください」とアピールした。また、グラスホッパー・マニファクチュアとマーベラスエンターテイメントのコンビでほかにも仕込んでいるタイトルがあるようで、須田氏が「アレはぜひDSでやりたいですよね」と和田氏にもちかける場面も。『NO MORE HEROES(ノーモア★ヒーローズ)』とともに、両社の今後の展開にも注目だ。

▲開発を終えて、「長かったような、短かったような、もっと作りこみたかったような。なんとも言えない気持ち」と須田氏。和田氏は、「早くみんなに遊んでもらって、その感想を聞いてみたい」と語った。



▲会場に貼られていたこのポスターは、秋葉原の一部店舗でのみ展開されているというレアもの!


 来場者には、『NO MORE HEROES(ノーモア★ヒーローズ)』の特製トイレットペーパーがお土産として配られたのだが、これをファミ通.comの読者にプレゼントしちゃうぞ! 応募期間は、2007年11月23日〜11月29日午後5時まで。詳細は、こちらのページで確認してね。

▲トイレットペーパーの包装紙には、トイレにいるトラヴィスがデザイン。それだけではなく、トイレットペーパー自体にも、キャラクターなどが描かれている。もったいなくて使用できないという人も、ぜひ使ってみたいという人もどしどし応募してね!



※『NO MORE HEROES(ノーモア★ヒーローズ)』 の公式サイトはこちら
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

アニメ『死神坊ちゃんと黒メイド』続編の制作が決定。原作・イノウエ氏からお祝いイラスト&花江夏樹(坊ちゃん役)、真野あゆみ(アリス役)からコメントが到着

コミック配信サイト“サンデーうぇぶり”にて連載中の『死神坊ちゃんと黒メイド』を原作としたテレビアニメ『死神坊ちゃんと黒メイド』の続編制作が決定した。

新価格版『レムナント:フロム・ジ・アッシュ』販売開始! 全世界累計280万本を突破した人気作品がお求めやすい価格に

EXNOAは、2021年9月16日(木)よりプレイステーション4新価格パッケージ版『レムナント:フロム・ジ・アッシュ DMM GAMES THE BEST』の販売を開始した。3278円[税込]の新価格となる。

『メトロイド ドレッド』の舞台となる未知の惑星“ZDR”の謎やストーリーを紹介【連載“メトロイ道”第3回】

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)のシリーズ最新作『メトロイド ドレッド』(2021年10月8日(金)発売)の情報を伝える“メトロイ道”第3回。今回は本作の舞台である惑星“ZDR”の謎を紹介する。

『ソルクレスタ』先行プレイレビュー。神谷英樹氏に本作のシナリオについて直撃「本当にすごい量をしゃべる」【BitSummit THE 8th BIT】

日本物産の名作シューティング『ムーンクレスタ』、『テラクレスタ』シリーズの完全新作の続編として、プラチナゲームズが手掛けるシューティング『ソルクレスタ』。2021年9月2日〜3日の2日間にわたり開催されたインディーゲームの祭典“BitSummit THE 8th BIT (ビットサミット ザ エイト ビット)”で注目を集めた同作のプレイレビューをお届け。神谷英樹氏からのコメントも掲載。

『モンハン』オーケストラコンサート“狩猟音楽祭2021”セットリストが一部公開! カムラ祓え歌、閃烈なる蒼光/ジンオウガなど7曲を発表

2021年9月16日、『モンスターハンター』シリーズの音楽をモンスターの迫力ある映像とオーケストラの気迫溢れる演奏で堪能できるコンサート“モンスターハンターオーケストラコンサート〜狩猟音楽祭2021〜”の演奏楽曲の一部が公開された。コンサートは無観客・オンラインにて2021年9月28日開催予定。

アニメ『ぼくらの』のOP主題歌『アンインストール』、その歌詞に注目してみると……奇跡的な偶然の一致?

本稿ではYouTubeなどで配信されているアニソンを1曲選出し、その歌にまつわるプチ情報をお届けします。今回ご紹介するのは、アニメ『ぼくらの』のオープニング主題歌『アンインストール』。曲中に登場する“アンインストール”の数に注目してみると……。

“こびとづかんがおすわりマスコット”が9月18日からカプセルトイに登場! ラインアップはホトケアカバネなど計6種

こびとづかんがおすわりマスコットとして2021年9月18日(土)からカプセルトイに登場する。ラインアップはホトケアカバネ、カクレモモジリなど計6種となっている。

アニメ『鬼滅の刃』那田蜘蛛山編がフジテレビ系にて本日(9月19日)19時より放送。那田蜘蛛山に潜む最強の鬼たちが炭治郎の前に立ちはだかる!

2021年9月11日から5日間に渡り、フジテレビ系にてテレビアニメ『鬼滅の刃』“竈門炭治郎 立志編”の特別編集版が放送中。第4夜となる本日(9月19日)19時00分からは“那田蜘蛛山編”が放送される。

ゲーム『ウマ娘』ガチャで星3 アグネスデジタルが新登場。サポートカードはSSRイクノディクタス、SRファインモーションが登場

スマホ、DMM GAMES(PC)で配信中の『ウマ娘 プリティーダービー』。2021年9月20日よりプリティーダービーガチャにて新たな育成ウマ娘として“★3(星3)アグネスデジタル”が登場する。

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』Blu-ray発売日が11/26に決定! 早期予約特典や店舗別特典なども公開

6月11日(金)より公開の『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』が2021年11月26日にBlu-ray&DVD&4K UHD BDの発売が決定した。