携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> ニンテンドーDS版『ファイナルファンタジーIV』テーマソングがついにお披露目!

ニンテンドーDS版『ファイナルファンタジーIV』テーマソングがついにお披露目!

2007/11/12

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●生まれ変わった『愛のテーマ』を歌うのは伊田恵美さん!

 

 スクウェア・エニックスから2007年12月20日に発売予定のニンテンドーDS用ソフト『ファイナルファンタジーIV』。スーパーファミコン向けに発売されて以来16年の月日を経て、あの名作がニンテンドーDS向けに蘇る。グラフィックなどすべてが完全リメイクされ、オリジナル版にはない新要素も加わるのだが、そのひとつとして新たにテーマソングが導入されることに。

 

 テーマソングのタイトルは、『月の明り-ファイナルファンタジーIV 愛のテーマ-』。オリジナル版では、主人公セシルとヒロインのローザとの切ないドラマシーンで流れるBGM『愛のテーマ』が、歌へと生まれ変わる。曲はもちろん、植松伸夫氏の手によるもの。作詞は、ニンテンドーDS版『ファイナルファンタジーIV』のエグゼクティブプロデューサー&ディレクターを務める時田貴司氏が担当している。そして、この歌を歌うボーカリストが一般オーディションによって決定した。


植松伸夫氏×時田貴司氏×伊田恵美さんスペシャルインタビュー


動画をストリーミング再生

再生には、Windows Media Playerが必要です。

  

 800通以上もの応募の中から選ばれたのは、伊田恵美さん。北海道出身の25歳で、アマチュアとして歌の勉強をしていたという一般人だ。伊田さんの歌う『月の明り-ファイナルファンタジーIV 愛のテーマ-』は、ゲーム中やテレビCMに使用される予定。東京ゲームショウ2007で公開されたプロモーションムービーに楽曲が使われており、『ファイナルファンタジーIV』公式サイトでも確認できる。

 

▲伊田さんは、子供のころから『ファイナルファンタジー』の大ファンだとか。オーディションの応募書類には、5枚にもわたって『ファイナルファンタジーIV』への思いが綴られていて、最終的な決め手となったのはその熱意だったそうだ。


 また、マキシシングル『月の明り-ファイナルファンタジーIV 愛のテーマ-』(1500円[税込])が2007年12月5日に発売される。伊田恵美さんが歌う『月の明り』のほか、ニンテンドーDS版、スーパーファミコン版のBGM『愛のテーマ』が収録。DVDも同梱され、『月の明り』のプロモーション映像2パターンと、東京ゲームショウ2007のプロモーションムービーが収録される。さらに、2008年1月30日にオリジナルサウンドトラックが発売されることも決定。こちらは、CD2枚、DVD1枚の計3枚組で3300円[税込]となっている。

 

▲2007年12月5日に発売予定のマキシシングル『月の明り-ファイナルファンタジーIV 愛のテーマ-』のジャケット。暗黒騎士とパラディンになったセシルが描かれている。


 楽曲の発売に先立って、”着うた”の配信もスタート。iモード、EZweb、Yahoo!ケータイ向けサイト”レコ直”でダウンロードすることができる。ダウンロード価格は、105円[税込]。ニンテンドーDS版『ファイナルファンタジーIV』が待ちきれない人は、まずその音楽に触れてみては?

▲”レコ直”へは、ケータイを使ってこちらのバーコードからアクセスしよう!



▲音楽だけではなく、生まれ変わった『ファイナルファンタジーIV』のゲーム性にも注目! オリジナル版の心を打つドラマはそのままに、3DCGへとグラフィックが進化を遂げ、二画面を活用して操作性も改良。さらに新要素として、志半ばで戦線を離脱した仲間から、彼らの遺志としてアビリティをもらい受けられる”デカントアビリティシステム”などが追加されている。




※『ファイナルファンタジーIV』公式サイトはこちら



 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

闘いの神が集う! 対戦ゲームの祭典“闘神祭”ブースリポート【闘神祭2017】

タイトーが主催する、アーケードゲームを中心とした対戦ゲームのナンバーワンプレイヤーを決める“闘神祭 2017 CHAMPIONS CARNIVAL”がついに開催。本記事では、会場となった東京ビッグサイトTFTホールの出展ブースの模様をリポートする。

『レインボーシックス シージ』シーズン3アジア太平洋地域プロリーグファイナル DAY2リポート eiNsは韓国チームに圧勝

2017年10月22日(日)、オーストラリアにて“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals”の最終日・DAY2が開催された。DAY1を勝ち抜いた日本のチーム“eiNs”の奮闘を中心に、その激戦の模様をお伝えしていく。

『BBCF』、『GGXrdR2』日本最強タッグ&チームが決定! 全国各地の代表選手による決勝大会をリポート【闘神祭2017】

2017年10月21日、東京都お台場のTFTホールにて、格闘ゲーム複数タイトルの全国大会“あーくれぼ2017in闘神祭”の決勝大会が実施された。

『レインボーシックス シージ』アジア太平洋地域プロリーグで日本チーム“eiNs”が優勝! 世界大会“ワールドファイナル”、“Six Invitational 2018”出場が決定

2017年10月21日、タクティカルFPS『レインボーシックス シージ』大会“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals Day2”が、オーストラリアで開催。同大会で、日本チーム?eiNs”が優勝を果たした。

『レインボーシックス シージ』シーズン3アジア太平洋地域プロリーグファイナルが開催、日本からは野良連合とeiNsが出場

2017年10月21日、タクティカルFPS『レインボーシックス シージ』大会“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals Day1”が、オーストラリアで開催中。日本からは野良連合、eiNsが出場した。ここでは、Day1の模様を振り返る。

【週間PVランキング】 日本一ソフトウェアの新作スクープが1位を獲得!【10/14〜10/20】

ファミ通ドットコム、2017年10月14日〜10月20日の週間PVランキングをお届け。

『フルメタル・パニック』のゲームがPS4で2018年に発売決定! 開発は『スパロボ』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年にプレイステーション4用ソフト『フルメタル・パニック!戦うフー・デアーズ・ウィンズ』を発売することを発表した。ジャンルはシミュレーションRPGで、開発は『スーパーロボット大戦』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当。

“UNTIES(アンティーズ)”のキックオフパーティーをリポート TINY METAL(タイニーメタル)を筆頭に個性的なタイトルが集結

インディーを筆頭に個性的なゲームを届けることを目的としたパブリッシングレーベル“UNTIES(アンティーズ)”。レーベル発表の同日、ソニー・ミュージックエンタテインメント本社(東京都千代田区)にて開催された、キックオフ・パーティーの模様をお届けする。

『FFXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が11月上旬に変更――ゲーム内容の最終調整のため

『ファイナルファンタジーXV』の追加コンテンツ『ファイナルファンタジーXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が、ゲーム内容の最終調整のため、2017年10月31日(火)から2017年11月上旬に変更。