携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> ”秋葉原エンタまつり 2007”にソニー・コンピュータエンタテインメントがブースを出展! 新型プレイステーション3もお披露目

”秋葉原エンタまつり 2007”にソニー・コンピュータエンタテインメントがブースを出展! 新型プレイステーション3もお披露目

2007/10/27

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●プレイステーション3とPSPの新作タイトルを無料でプレイ!

 2007年10月20日〜28日まで、東京の秋葉原で開催中のイベント”秋葉原エンタまつり 2007”。閉幕直前の10月27日、28日の両日は、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が秋葉原UDXビル内の特設ステージエリアにブースを出展し、プレイステーション3およびPSP(プレイステーション)用ソフトの体験会を実施している。


▲秋葉原エンタまつり 2007の特設ステージ設置エリアでSCEが体験会を実施。開催初日は足場が悪い中、親子連れなど多くの人が訪れた。


 今回の体験会でプレイできるのは、プレイステーション3用ソフトが『THE EYE OF JUDGMENT BIOLITH REBELLION(アイ・オブ・ジャッジメント バイオリス・リベリオン)〜機神の叛乱〜SET.1』(発売中)、『グランツーリスモ 5 プロローグ』(2007年12月13日発売予定)、『LittleBigPlanet(リトルビッグプラネット)』(発売日未定)の3タイトル。PSP用ソフトは『みんなのGOLF ポータブル2』(2007年12月6日発売予定)、『パタポン』(2007年12月20日発売予定)の2タイトルとなっている。SCEの担当者が「ゲームショウに来れなかった人などが、気軽に立ち寄ってくれればいいですね」と語るとおり、いずれものタイトルも東京ゲームショウ2007ですでにプレイアブル出展されているものだが、『グランツーリスモ 5 プロローグ』に関しては東京モーターショウ2007の開幕に合わせて解禁となった新型GT-Rを収録した最新バージョンが出展されていた。

 

▲『THE EYE OF JUDGMENT BIOLITH REBELLION(アイ・オブ・ジャッジメント バイオリス・リベリオン)〜機神の叛乱〜SET.1』は通常の体験台のほかに、オンライン対戦が楽しめる台も設置。ゲームで使用するトレーディングカードの拡張パックなどを紹介するスーペースも用意されていた。


▲横一列にズラリと体験台が並んだ『グランツーリスモ 5 プロローグ』。新型GT-Rのほかに、2007年11月25日より解禁された”インプレッサ WRX STI”も使用することができる。


▲子供部屋を連想されるカラフルな彩色のスペースで遊べたのは『LittleBigPlanet(リトルビッグプラネット)』。体験台ごとにナビゲーターが配置されており、ゲームの遊びかたを親切丁寧に教えてくれる。


 今回のイベントで使用されたプレイステーション3本体はすべて現行機で、2007年11月11日発売予定の新型プレイステーション3は展示のみとなっていた。ショーケースにはクリアブラックと新色セラミック・ホワイトが並んで置かれ、その隣には新型プレイステーション3と同日に発売されるデュアルショック3も展示。新型が公の場で披露されるのは今回のイベントおよび、本日より一般公開がスタートした東京モーターショウ2007が初ということで、興味深そうに眺める来場者が数多く見られた。

▲新型プレイステーション3およびデュアルショック3は参考展示のみで触ることはできなかった。新型プレイステーションの特徴などに関してはこちらの記事を参照してほしい。


▲快進撃を続ける新型PSPはワンセグチューナーなどの周辺機器といっしょに展示。会場の入り口付近ではコンパニオンのお姉さんが新型PSPの魅力を道行く人にアピール。


 今回のイベントでは目新しいタイトルの出展こそなかったものの、入場が無料であることに加えて、ほぼ待ち時間なしで最新作が気軽にプレイできるなど、来場者の満足度は非常に高いものとなっただろう。秋葉原エンタまつり 2007の最終日となる10月28日も開催しているので興味のある人は足を運んでみては?

▲SCEはこの日、メッセサンオーの店頭でもプレイステーション3の体験会を実施。プレイできたのは『THE EYE OF JUDGMENT BIOLITH REBELLION(アイ・オブ・ジャッジメント バイオリス・リベリオン)〜機神の叛乱〜SET.1』。プレイしてくれた人にはプロモーションカード”迷い弓の女エルフ”がプレゼントされた。



※秋葉原エンタまつり 2007の公式サイトはこちら
※ソニー・コンピュータエンタテインメントの公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

縦スクロールSTG『GRAND CROSS: ReNOVATION』がSteamにてリリース。サンブレードを使って敵の大群を薙ぎ払え!

Henteko Doujinは、超攻撃型縦スクロールシューティングゲーム『GRAND CROSS: ReNOVATION』を、Steamにてリリースした。

Switch・PS4『ウォーハンマー40,000:メカニカス』解説動画“探索”編が公開。抽選で5名にグッズが当たるフォロー&RTキャンペーンも開催

本日2022年1月21日(金)、Kalypso Media Japanは、プレイステーション4、Nintendo Switch版『ウォーハンマー40,000:メカニカス』について、ゲームシステムの解説動画“探索編”を公開した。

【ホロライブ】るしあのねんどろいどが登場。ふぁんでっどやぴよこもオプションパーツとして付属。包丁と交換表情パーツでヤンデレ姿も再現可能!

グッドスマイルカンパニーは、VTuberグループ“ホロライブ”より、潤羽るしあのねんどろいどを発売する。本日2022年1月21日より予約受付がスタート。価格は6200円[税込]。

PS4、PS5でのゲームプレイの成果を振り返る“あなたのPlayStation2021”が公開。4種類のアバターを無料ダウンロードできるコードのプレゼントも

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PS4、PS5のゲームプレイの成果を振り返る“あなたのPlayStation2021”を公開した。

『デモンエクスマキナ』がEpic Gamesストアで1月28日より無料配布開始。弾道飛び交う戦場を駆け巡るメカアクションゲーム

Epic Gamesストアにて、2022年1月28日より『デモンエクスマキナ』が無料配布されることが決定した。

『一番くじ 鬼滅の刃 〜宇髄天元 見参!〜』全ラインアップが公開。宇髄天元のド派手でかっこいいフィギュアなどが登場

2022年2月26日(2次出荷分は4月9日)発売予定の『一番くじ 鬼滅の刃 〜宇髄天元 見参!〜』の全ラインアップが公開された。

『フー・イズ・ゾンビ』Switch、Steam向けに発売決定。避難所の審査官になってゾンビの侵入を阻止するシミュレーションゲーム

CFKは、ゾンビアポカリプス・シミュレーションゲーム『フー・イズ・ゾンビ』をNintendo Switch、Steam向けに発売決定した。

『屍喰らいの冒険メシ』のグルメ漫画『冒険メシの流儀』が公開。『野原ひろし 昼メシの流儀』を手がけた塚原洋一先生による描き下ろし

2022年1月21日、日本一ソフトウェアは、プレイステーション4、Nintendo Switch用ソフト『屍喰らいの冒険メシ』公式サイト及び日本一ソフトウェア公式Twitterにて、ショート漫画『冒険メシの流儀』を公開した。

『ポケモンレジェンズ アルセウス』先行レビュー。バトル、アクション、捕獲。すべてに通ずる攻略法は“ポケモンの観察”!

『Pok?mon LEGENDS アルセウス』のメディア向け先行体験会が実施。体験会に参加したライターが先行プレイレビューをお届け。

『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』が2月によりNINTENDO 64 Nintendo Switch Onlineに追加。名作『時のオカリナ』の続編

2022年2月より、任天堂の有料オンラインサービス“Nintendo Switch Online+追加パック”に含まれるコンテンツ、“NINTENDO 64 Nintendo Switch Online”に『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』が追加される予定であることが発表された。