携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『WiiFit』を森末慎二と相沢紗世が体験!

『WiiFit』を森末慎二と相沢紗世が体験!
【任天堂カンファレンス 2007.秋 リポート!】

2007/10/10

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●森末慎二のBMI値は……!

 

 岩田聡社長の戦略発表に続いて登場したのがテレビゲームの象徴・宮本茂氏だ。ステージ上で宮本氏は、自身の肝いりの企画『WiiFit』をデモンストレーションしたのだ。
 

▲デモンストレーションに登場したのは、この4人。左からモデルの相沢紗世、この日の司会を務めた中井美穂、宮本茂氏、スポーツコメンテーターの森末慎二。


 速報でお伝えしたとおり、『WiiFit』は2007年12月1日に、専用のインターフェース”バランスWiiボード”と同梱で8800円[税込]で発売される。これまで『WiiFit』は、北米のE3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)、ドイツのGC(ゲームスコンベンション)などに出展されて一部の人は体験することができたが、日本での本格的なデモンストレーションは今回が初めてとなる。世の健康ブームとWiiブームの相乗効果で大ヒットすることが予想されるタイトルということで、宮本氏によるプレゼンテーションには熱い視線が注がれた。

 

 宮本氏とともにデモンストレーションに参加したのは、スポーツコメンテーターの森末慎二とモデルの相沢紗世。元オリンピックのメダリストとカリスマ的なモデルがどのように『WiiFit』と絡むのか、来場したマスコミ陣は色めきたった。
 

▲スラリとした美貌が輝く相沢紗世と、オリンピックのメダリストらしい筋肉を維持している森末慎二。


 まず最初に行われたのは、森末、相沢両氏のバランス測定だ。バランスWiiボードには4つのコーナーに圧力センサーが組み込まれていて、自分がふつうに立っている状態でどの位置に重心が偏っているのかがモニターに表示されるようになっている。計測によると、森末はかなり背中側に重心が寄っていることが判明(相沢はさすが、ほぼ中心に重心があった)。これに宮本氏が「あ〜……。肥満傾向にある人は後ろに重心が……」とボソリ。顔を赤くして「ちょっと!!」と突っ込む森末の姿に、会場が爆笑に包まれたのは言うまでもない。

 

 続いてBMI値の測定に。BMIとは体格(肥満度)を表す指数で、体重÷身長÷身長で求められる。『WiiFit』ではこれを簡単に計測することができるのだ。で、結果はというと……森末慎二が26.68で”太りぎみ”、相沢紗世が18.84で”標準”という結果に(25を超えると肥満とか)。この結果に喜ぶ相沢と、うなだれる森末のコントラストが印象的だった。
 

▲森末のBMI値が白日のもとに……。


 デモンストレーションは進み、ヨガ、スキージャンプ、ヘディング、フラフープと矢継ぎ早に行われる。というのも、見ていたところ『WiiFit』の操作は非常にシンプルで、つぎつぎといろいろなエクササイズを行うことが可能なようなのだ。相沢紗世もこれにはご満悦で、「すっごく楽しいです! 発売されたらすぐに買って自宅で試したいですね」と、『WiiFit』の運動で紅潮した頬を輝かせて語っていたのだ。
 

▲森末が行っているのは、ヨガのエクササイズで出てくる”立ち木のポーズ”。写真ではわかりづらいかもしれないが、非常にキツそうだった……。

▲長い手足と小さな顔が「さすが!!」と思わせる相沢紗世。これは自分の重心を測っているところですな。キュート!


 ちなみに宮本氏によると、『WiiFit』にはジョギングとステップというエクササイズも入っており、これはWiiリモコンを併用して行うという。Wiiリモコンにはスピーカーが入っていてそこから音を出すことが可能なことはご存じかと思うが、

 

 「じつはジョギング、ステップのときには、Wiiリモコンから”イチ、ニ!”という掛け声が出ます。画面を見なくても楽しめますよ」(宮本)

 

 とのこと。非常に厚みのある運動が楽しめそうだ!

 

 

【任天堂カンファレンス 2007.秋 リポート!】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『このすば』めぐみんがレースクイーン衣装でフィギュア化。紅魔族の紋章をプリントしたチェッカーフラッグを振って元気いっぱいに応援

『この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)』の新フィギュア“この素晴らしい世界に祝福を! めぐみん レースクイーンver.”がエビテンやカドカワストアで2023年1月11日まで予約受付中。

『鬼滅の刃』一番くじ“〜鬼殺の志 参〜”が本日(12/3)発売。天元、カナヲ、伊之助の背景台座つきフィギュアが見惚れるほどかっこいい

『鬼滅の刃』の一番くじ“〜鬼殺の志 参〜”が本日2022年12月3日より発売。書店、ホビーショップ、ゲームセンター、ドラッグストア、ジャンプショップ、アニメイト、一番くじ公式ショップ、一番くじONLINEなどで販売。価格は1回750円[税込]。

VTuber来音こくりが主役のノベルゲーム『おいでませ、こくりさん』が発表、2023年冬にリリース予定。臨場感あふれるASMRボイスも実装

サイバーステップは、VTuber・来音こくりさんが主役のノベルゲーム『おいでませ、こくりさん』を開発中であることを発表した。リリースは、2023年冬を予定している。

『エヴァ』一番くじ“〜使徒 、襲来〜”が本日(12/3)発売。A賞、B賞は初号機と第4の使徒のビッグサイズのフィギュア。司令服姿の渚カヲルやペンペンのフィギュアも!

『エヴァンゲリオン』の一番くじ“一番くじ エヴァンゲリオン 〜使徒 、襲来〜”が、本日2022年12月3日より、ローソン、そのほかコンビニエンスストア、EVANGELION STORE、一番くじONLINEなどで発売。価格は1回700円[税込]。

新感覚アクションシューティング『リフルエフェクト』がSteamで12月中旬に発売。TPS視点と俯瞰視点を使い分けてエイリアンに立ち向かう

CRESTは、Steam向けソフト『Riffle Effect』(リフルエフェクト)を2022年12月中旬に発売することを発表した。Steamではすでに早期アクセスゲームとしてリリース中。

【PS5】ヤマダ電機にて12月4日(日)23時59分まで抽選販売のエントリーが受付中。『グランツーリスモ7』同梱版も対象に

2022年12月3日(土)、電機量販店のヤマダデンキは、プレイステーション5(PS5)の抽選販売を開始した。エントリーの締め切りは12月4日(日)23時59分。

小島秀夫監督の新作にはエル・ファニングさんと忽那汐里さんが出演か? TGSから続く謎のビジュアル&メッセージをまとめて紹介

小島秀夫氏の新作に女優のエル・ファニングさんと忽那汐里さんが出演するのでは? と話題になっている。本記事では、その噂の発端となっているTGSで公開された謎のビジュアルからの一連の流れをまとめて紹介する。

【PSパートナーアワード】『FF14』『バイオ ヴィレッジ』などパートナーアワード受賞者インタビュー。SIE取締役 浦田樹一郎氏の挨拶ではPS5の出荷に関するコメントも

“PlayStation Partner Awards 2022”にて、パートナーアワードを受賞した『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』、『遊戯王マスターデュエル』、『ファイナルファンタジー14』、『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2』、『バイオハザード ヴィレッジ』の5タイトルの担当者へのインタビューをお届けする。

『ソニックフロンティア』アクリルキーホルダーが12月にガチャで発売。物語のカギを握る謎の少女・セージもラインアップ

タカラトミーアーツは、『ソニックフロンティア』のアクリルキーホルダーを2022年12月にガチャで発売する。

プレステの一番くじが12月3日発売。初代PSを再現したマルチケースやPS5型の貯金箱ほか、ハードの歴史を感じられるラインアップ

プレイステーション(プレステ)がテーマの“一番くじ for PlayStation”が2022年12月3日より、ローソン、書店、ホビーショップ、ゲームセンター、一番くじ公式ショップ、一番くじONLINEなどで発売される。