携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> キャビアの高橋プロデューサーが届ける『バレットウィッチ』開発現場の声

キャビアの高橋プロデューサーが届ける『バレットウィッチ』開発現場の声
CEDEC 2007

2007/9/29

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●オリジナルに挑戦するか? 既存タイトルに安定を求めるか?

 

 AQインタラクティブのXbox 360用ソフト『バレットウィッチ』を開発したキャビアの高橋徹プロデューサーが、”オリジナルタイトルの意味と次世代機開発について〜『バレットウィッチ』開発現場から”というテーマのセッションに登壇。中規模の開発会社がどうやって次世代ハード向けのオリジナルタイトルを作ったのか? 『バレットウィッチ』を題材に、その経緯が語られた。

 

▲AQインタラクティブのXbox 360用ソフト『バレットウィッチ』。高橋氏の話のまえにタイトルのプロモーション映像が流された。

 

 「我々が次世代ハードでオリジナルコンテンツを作ることになった経緯ですが、当時マイクロソフトさんから”今度発売されるXbox 360はこんな機能を持っているんです”と聞かされたことがキッカケでした。『バレットウィッチ』の企画自体はそのまえからありましたが、このハードなら作品にピッタリはまるのではないかと思い、Xbox 360に乗り換えたんです。新しいハードはいろいろな機能がついたり、Wiiのように操作方法に独創性があったりと、いままでとは違うアイデア、より高度な技術を使ったゲームが作れるだろうと思いました」と高橋氏。新ハードが出るときに開発が思うことは、(1)いままでにできなかったことができそう、(2)ユーザーをあっと言わせたい、(3)うちの会社はこれだけおもしろいゲームが作れるんだ、(4)新しい技術を取り入れて自分たちが成長できるかも、と、高いモチベーションを持ってゲーム開発に取り組めるという。

 

 ただし、良いことばかりではなく、開発費の高騰という弊害も。開発にかける時間もかかるようで、「キャビアは社員120人中、プログラマーは20〜30人しかいないうえに、みんながみんなひとつのタイトルだけを作っているわけじゃない」と、いかに効率よく作業できるかが、次世代ハードのソフト開発では重要。これができないと、発売が延び、スタッフのモチベーショは下がり、現場の雰囲気も悪くなってしまう。それを回避するために、「スタッフとしっかりと話し合いをして、タイトルの到達点を定めるんです」(高橋)

 

▲次世代マシンの登場でゲームはSDからHDに移行。「グラフィックの表現力は向上し、見ているだけでもすごいと思えるが、HD対応のモニターはまだ一般家庭に普及しておらず、せっかくのグラフィックがきれいに見られる環境が整っていない」、「単純に開発コストや作業時間が増加する」という弊害も。

 

 つぎにリスクヘッジによるタイトル開発のジレンマについて。高橋氏は「新コンテンツというのはチャンスが非常に大きい。まだ参入していないゲームタイトルだったりジャンルだったり思考だったり。売れたときはレベルファイブさんの『レイトン教授と不思議な町』のようにコンテンツとしても立っているし、会社も潤う。でも失敗したときは開発会社は後ろ盾がない分、こけるときは本当にすごいこけかたをします(笑)。それもあって、会社としては当然既存コンテンツに依存しようとする。いくつもコンテンツを持っている大手のメーカーやパブリッシャーによくある傾向で、リスクヘッジの考えかたとしては当然だと思います。うちみたな会社は売り出すコンテンツがないところは、リスクが非常に大きくなります」と説明。ただ、既存コンテンツに頼りすぎることに「新しいコンテンツを作りづらい環境になってしまい、どこかで見たことのあるタイトルばかりというマンネリ化になる恐れがある。既存タイトルばかりだと、ユーザーもシリーズものばかりに目を向けてしまい、結果ゲーム業界全体が小さくなるのでは」と高橋氏。それを打破するためには、オリジナルタイトルを作ることが必要であると語った。

 

▲Xbox LIVEでダウンロードコンテンツの配信も行っていた『バレットウィッチ』。高橋氏は「体験版の配信など、作る側のアイデアの幅が広がる」と、ダウンロードコンテンツに可能性を感じているとのこと。

 

 次世代ハードのオリジナルタイトルを作るにあたり、キャビアのスタッフの反応はどうだったのか? 高橋氏曰く、「キャビアのプログラマーは既存のライブラリは使いたがらないです。次世代ハードでゲームを作るなら、いちから技術を構築することに楽しみを感じています。次世代ハードでゲームを作ることでプログラマーのモチベーションを保ち、積極的にプロデューサーに意見を出してくる。そんな状況が開発現場として理想的な形で、開発中のゲームもまとまりやすくなります」。ただし、「あまりプログラマーに自由にやらせすぎると、予算オーバーやスケジュールの圧迫につながるので、そこはさじ加減は必要です」(高橋氏)。既存タイトルは安定しているがマンネリ化、オリジナルタイトルはリスクはあるが新しい可能性もある。こういったジレンマの中、高橋氏は最終的に「オリジナルタイトルは売れても売れなくても、新しいものを生み出しという充足感を得られ、さらにいきいきと今後のゲーム開発に取り組める」というひとつの答えを導き出した。そして高橋氏は、オリジナルタイトルについてあらためてつぎのように語った。

 

 「この開発会社はここがいいと言われるような、何か突出していたりフックする要素、その会社独自の方向性を打ち出してブランドを確立する。キャビアとしては、いまのコアな路線でオリジナルタイトルを追求することは、僕はありだと思う。ゲーム業界で働く我々は、コンテンツ産業でエンターテインメントを生み出しているんだから、会社、スタッフとともにユーザーにいかに楽しんでもらえるかという意識を持つことが大事。せっかくここまで大きくなったゲームという産業を縮小させないために、いまよりももっと大きくするために、そう考えながら開発に取り組みことでおもしろいゲームがができるんじゃないかなと思っています」(高橋氏)

CEDEC 2007の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』第3弾DLC“THE NIGHTMARE”が配信

スクウェア・エニックスから発売中のプレイステーション4、Xbox One、PC向けソフト『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』の第3弾DLC となる“THE NIGHTMARE”が配信された。価格は700円[税抜]。

加藤英美里さん&福原香織さんによるイベント“かと*ふくといっしょにあれこれ”(2019年2月3日開催)のグッズ情報を公開

2019年2月3日(日)に渋谷の東京カルチャーカルチャーにて開催される、声優・加藤英美里さんと福原香織さんのイベント『かと*ふくといっしょにあれこれ▽』(※▽はハートマーク)。現在、チケット一般販売中の同イベントのグッズ情報が明らかになったのでお届けする。

“闘会議2019”にUNTIESが出展決定! 『不思議の幻想郷 -ロータスラビリンス-』など発売前の4タイトルのプレイアブルデモが体験できる

ソニー・ミュージックエンタテインメントは、2019年1月26日、27日に開催予定の“闘会議2019”にUNTIESの出展を決定。『不思議の幻想郷 -ロータスラビリンス-』など発売前の4タイトルのプレイアブルデモが体験できるコーナーを出展する。

『ゼノブレイド2』公式アートワークス、発売日を2月12日に変更

2019年2月2日に発売を予定していた書籍『ゼノブレイド2 オフィシャルアートワークス アルスト・レコード』について、発売日を2019年2月12日に変更させていただくこととなりました。

『キングダム ハーツ』シリーズのオフィシャルコンサートが4月より開催決定! 1月29日からチケットの先行抽選受付が開始

スクウェア・エニックスは、『キングダム ハーツ』シリーズのオフィシャルコンサート“KINGDOM HEARTS Orchestra -World of Tres-”を2019年4月より開催することを決定した。2019年1月29日から、チケットの先行抽選受付を開始する。

ついに発売『バイオハザード RE:2』。手もとに置いて便利! 警察署マップつき発売記念攻略企画【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年2月7日号(2019年1月25日(金)発売)では、カプコンのサバイバルホラー『バイオハザード RE:2』の発売記念特集をお届け!

『ロボティクス・ノーツ DaSH』、『シュタゲ』からの世界観のつながりをテーマにした新PVが公開

5pb.は、2019年1月31日発売予定のプレイステーション4、Nintendo Switch用ソフト『ロボティクス・ノーツ DaSH』について、新プロモーションムービーを公開。また、2月28日に開催される“オトナの科学ラジオDaSH”公開放送の観覧募集枠が拡張することを発表した。

『ネルケと伝説の錬金術士たち』発売間近! ゲームの見どころ総まとめ&NOCO氏インタビューを掲載【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年2月7日号(2019年1月25日(金)発売)では、『ネルケと伝説の錬金術士たち 〜新たな大地のアトリエ〜』の見どころをまとめて紹介。イラストレーターNOCO氏のインタビューも。

DLC福袋で『ドラゴンズドグマ オンライン』、『モンスターハンター フロンティアZ』のアイテムをゲット!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年2月7日号(2019年1月25日(金)発売)のダウンロードコンテンツ福袋の中身をご紹介! 今回は2アイテムです。

『スマブラSP』メインテーマの秘密に迫る! 坂本英城氏(作曲)と古賀英里奈さん(シンガー)にインタビュー【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年2月7日号(2019年1月25日(金)発売)では、『スマブラSP』メインテーマ“命の灯火”を手掛けた作曲家の坂本英城氏と、歌唱した古賀英里奈さんへのインタビューを掲載しています。