携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> プロデューサー向峠氏が明かす『Elebits』企画立案と制作の経緯

プロデューサー向峠氏が明かす『Elebits』企画立案と制作の経緯
CEDEC 2007

2007/9/28

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

 ●スタッフの合意を得て、共通した方向性でゲーム制作!

 

 Wii本体と同時発売されたKONAMIの『Elebits』は、完全オリジナル作品ながらも非常に評価の高かったタイトル。ロンチタイトルとしてプレッシャーのかかるなか、このソフトがどのように誕生したのか? ”『Elebits』の企画立案と制作について”と題したセッションが行われ、KONAMIの向峠慎吾プロデューサーが、その経緯を語った。

 

▲向峠プロデューサーの代表作は、『ビートマニア II DX』シリーズや『ギターフリークス』シリーズなど。今回はWii用オリジナルタイトルとして発売した『Elebits』について語ってくれた。

 

 「『Elebits』はWiiのロンチタイトルとして発売しました。なぜこのソフトがロンチの時期に合わせて驚異的なスピードで完成させることができたのか? 今日はそのヒントをお教えできればと思います」と、企画立案までの流れについて説明を始めた。”プロジェクト戦略の立案(作品の方向性をプロデューサーが決める)”から”企画の方向性のコンセンサス(スタッフの合意を得る)”へ、そして”企画ブレスト(拡散)”と”企画検討(絞り込み)”をくり返すことが、ソフト制作の大まかな流れ。向峠氏がまず重要視しているのが、企画の方向性のコンセンサス((意見の一致、合意))をとること。「同意ではなく”合意”を得ることが大切。そのために、こういうゲームを作れば市場で受け入れられるということをじっくり説明するのです」(向峠氏)。

 

 その中で興味深かったのが、「ゲームを作ろうと思ったら、企画よりもまずは戦略を考える」という言葉だ。向峠氏は最初からプロジェクト戦略までを明確にすることが重要と言う。そのプロジェクト戦略は、会社からの企業理念に則ったビジョンと、実際にゲームを作るスタッフの意見を整理して、折り合いをつけるところから始める。

 

 「上から”Wiiで何か作ってくれ”と言われたとき、ニンテンドーDSのことを思い出しました。KONAMIはニンテンドーDS発売当時にシリーズものを出していましたが、タッチペンを使ったオリジナルタイトルをリリースした他社さんが成功しました。Wiiはリモコン型コントローラーを使った独創的なゲーム。『脳を鍛える大人のDSトレーニング』のような非常にライトなタイトルを作って参入するメーカーが多いだろうと思い、差別化という意味で(『能を鍛える大人のDSトレーニング』よりも)コアよりなゲームにしようとしました。そして下からの”既存シリーズは作りたくない”といった意見を拾って、まったくのオリジナル作品にすることにしたんです」(同)。

 

 両方の意見を調整し、さらに制作期間は短かったが、ソフトの注目度を得るためにロンチを目指すといった要素を加え、作品のターゲットとコンセプトを決める。そこで初めてゲームの企画の方向性のコンセンサスを取ったのだという。

 

▲ピラミッド型の図を用いて、プロジェクト戦略を明確にするための重要性を説明。会社と部門、制作スタッフの意見を聞いてバランス調整するのがプロデューサーの立場で、「まさに板ばさみ状態」(向峠氏)。

 

 企画の方向性のコンセンサスをとるときは、会社とスタッフの方向性を一致させるために、スタッフの自主的なプランニングからもプロデューサーとして参加する。「会議では、僕はスタッフが考えた方向性や意見を否定せず、ずれていないかだけをチェックして、みんなのアイデアを広げることだけに集中しています。会議でも何でも、誰かの意見を”そんなのダメだ”と否定しちゃうと、自由な意見が出てこなくなっちゃいますからね」と、プロデューサーとしてのスタッフとのやりとりについて話した向峠氏。そうやって出し合った企画案から、”かくれんぼ”、”主観視点で小人を探す”といった『Elebits』の基本コンセプトが固まり、「やっと企画書の作成に取りかかったんです」(同)。

 

 ここで向峠氏は企画書作成のポイントを、”アピールすべき部分に焦点を当てる”、”伝えるための工夫をする”、”最低限、必要な要素は押える”とし、スクリーンで当時の企画書と、『Elebits』がどういったゲームなのかを社内でプレゼンするためのVTR(スタッフがビデオカメラで撮影した自宅が映っており、小物や家具を動かすと小人が隠れている)が公開された。「社内で『Elebits』のプレゼンをしたとき、小島(秀夫)監督がこの企画書を見て大絶賛してくれたんです」(向峠氏)

 

▲ゲーム制作の話では、ゲームキューブで作ったという『Elebits』のサンプルゲームの貴重な映像が披露された。

 

 ゲームの仕様についてはこんなエピソードが。「『Elebits』はコントローラーのボタンはひとつしか使わないんです。でもゲームの仕様を決めていた当時は、スタッフからは反対されたんです。”ほかのボタンも使って、FPSのように視点切り替えなどができたほうがいい”と。でも、それに関してはNGを出しました。なぜなら、固まっていた方向性とずれていたからです。『Elebits』は基本的にライトユーザーの人たちが遊ぶゲームだから、あまり使えるボタンを増やすべきではない。最終的には1ボタンで開発を進めたんですが、反対しているスタッフをどうやって納得させたのか? それは宮本(茂)さんの言葉だったんです」(向峠氏)。なんでもE3の会場で任天堂の宮本氏から、「よくひとつのボタンでできましたね」と言われたそうで、そのことをスタッフに伝えたところ、反対していたスタッフも大喜びしたそうだ。

 

▲『Elebits』のキャラクターデザインは、何人ものデザイナーでコンペを行い、それらの作品をもとにマーケティング調査。「どれがいちばんかわいい?」、「捕まえてみたいキャラクターは?」などのアンケートの結果を踏まえて決定したという。

 

 最後に向峠氏は、「ゲームを作るときは、プロジェクトの戦略を明確に定め、方向性の不一致はプロデューサーの立場でスタッフに指示し、コンセンサスを取って作業を進めること。そして柔軟に対応することもときには必要だと思います」とまとめた。

 

CEDEC 2007の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』禰豆子役・鬼頭明里さん出演のプレイレポート第2回が公開。鬼頭さんがソロプレイモード第1章“藤襲山の最終選別”に挑戦!

アニプレックスは、プレイステーション4、プレイステーション5、Xbox One、Xbox Series X|S、Steam用ソフト『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』について、竈門禰豆子役・鬼頭明里さん出演のプレイレポート第2回の配信を開始した。

【ローソン】דプロジェクトポッチャマ”のからあげクンがコラボパッケージで登場。対象商品を購入すると、ポッチャマのポケカがもらえるキャンペーンも実施中!

ローソンは、ポッチャマを応援するプロジェクト“プロジェクトポッチャマ”とのコラボキャンペーンを、本日2021年9月21日(火)より実施する。

Mionix新作ゲーミングマウス3製品が9月24日に発売! マウスパッド“アリオス”の新モデルも登場

Mionixは、新作ゲーミングマウス3製品が2021年9月24日(金)に発売する。さらにマウスパッド“アリオス”の新モデルも同日販売開始する。

ダイオウイカやダイオウグソクムシなど深海生物のフィギュアガチャ“深海のひみつ”10月発売決定。超かっこいい

タカラトミーアーツは、あそべる生物フィギュアガチャシリーズ“深海のひみつ”を2021年10月の第3週より稼働させる。価格は1回300円。

ASUSメカニカル方式ゲーミングキーボード“ROG Falchion NX”9/24発売。横幅306ミリのコンパクトなキーボード

ASUS JAPANは、ROG NX Redメカニカルスイッチを採用した、コンパクトタイプのゲーミングキーボード「ROG Falchion NX」を発表

『The Good Life』の発売日が10月15日に決定。写真を撮って謎解きをしつつお金も稼ぐ、SWERY氏による“借金返済RPG”

『デッドリープリモニション』や『D4』などで知られるSWERY氏による新作『The Good Life』の発売日が決定。

ミルキーのアイス“不二家ミルキーカップ”本日9/21発売。トロっとしたミルキー風練乳入りのカップアイスがリニューアル

赤城乳業は、不二家との共同開発でによるアイス“不二家ミルキーカップ”を2021年9月21日(火)から全国で発売する。不二家のロングセラー商品“ミルキー”の味をイメージして作られた、カップタイプのアイスとなっている。価格は140円[税抜]。

『遊☆戯☆王』海馬瀬人のアタッシュケースが本日(9/21)12時より予約開始。“青眼の白龍”3枚セットや新規カードが同梱され、約7000枚を収納可能

2021年9月21日12時より、『遊☆戯☆王』で海馬瀬人が使用したカード全61枚を収納したアタッシュケース“ULTIMATE KAIBA SET”の予約受付がスタートする。

PCエンジンDuoが発売30周年。CD-ROMドライブと一体化した本体が革新的でカッコよかった高級マシン【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。1991年9月21日は、PCエンジンDuoが発売された日。本日で発売から30周年の大きな節目を迎えた

PS5でも使えるSSD“NEM-PA シリーズ”9月下旬に発売発売決定。温度上昇を抑える放熱用ヒートシンクが一体化

プレイステーション5でも使えるSSD“NEM-PA シリーズ”が2021年9月下旬に発売する。本商品は温度上昇を抑える放熱用ヒートシンクを一体化している。