携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『GENJI』、『Folks Soul』のムービーメイキングに携わった映像職人たちが作業工程を紹介

『GENJI』、『Folks Soul』のムービーメイキングに携わった映像職人たちが作業工程を紹介
CEDEC 2007

2007/9/26

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●リアルタイムのムービーはどのように作られるのか?

 

▲CEDEC 2007初日の最後に安田講堂で行われた同セッションで、『GENJI』と『Folks Soul』の映像表現についてクリエーター陣がトーク。

 

 ゲームリパブリックが開発を担当し、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)から発売中のプレイステーション3用ソフト『GENJI -神威奏乱-』、『Folks Soul -失われた伝承-』。この2タイトルの映像表現に関するセッション”リアルタイムデモ for PS3 〜『GENJI -神威奏乱-』、『Folks Soul』におけるCGムービーメイキング〜”が行われた。ソニー・コンピュータエンタテインメントのビル・リッチ氏(制作3部 部長)、両タイトルのリアルタイムムービー制作を手掛けたプレミアムエージェンシーの小澤賢侍氏(スタジオマネージャー)と大井隆義氏(テクニカル ディレクター)、そしてプリレンダリングムービー制作及びムービー監修を担当した白組の井上浩正氏(プロデューサー)という4名の登壇者が、両タイトルに用いられたリアルタイムムービーのワークフローについて語った。

 

▲小澤氏(右)と大井氏(左)はプレミアムエージェンシーに在籍し、リアルタイムデモの制作を務めた。

 

▲白組の井上氏(左)、ソニー・コンピュータエンタテインメントのリッチ氏(右)。

 

 「プレイステーション3やXbox 360の登場により、表示されるポリゴン数が増え、画面サイズもHDになるなど、この1〜2年でリアルタイム描画の表現力が向上しました」と小澤氏。画面サイズがSDからHDに切り替わったことについて、「解像度が大きくなったことでレンダリングする面積が増えたこと。『GENJI2』を作っていたころは、ちょうどHDに移行している期間だったので、大きい画像をどうやって再生してなめらかに動かせばいいのか? モニターや再生環境はどうすんだ? そういった基本的な部分がたいへんでした」(井上氏)と苦労した点についてコメントした。

 

 つぎにリアルタイムデモのワークフローについての解説がスクリーンを使って行われた。まず、ゲームリパブリックから字コンテ、白組から絵コンテを受け取り、それをもとにリアルタイムデモ用の映像が撮影。ひとつのシーンに対して3台のカメラが使われ、モーションキャプチャーのデータとカメラのタイムコードが同機している状態のムービーを編集し、”Vコンテ”と呼ばれる映像を使ったコンテになる。それをプレミアムエージェンシーが構築し、ライティングやエフェクト、サウンドを組み込んだ最終的な映像がゲーム内に反映されるというわけだ。

 

▲カメラで撮影したデータとモーションキャプチャーのデータのタイムコードを同機させるリアルタイムデモ。その制作工程の映像が上映された。

 

 紹介されたワークフローの中で、小澤氏が「特徴的な作業であり、白組さんと我々が仕事をするときはつねに撮影しています」と説明したのがVコンテ。井上氏は「より直感的に作っていきたいというのがいちばんの理由。モーションキャプチャーの生データを見てからチームを組んだりカメラを決めたりすると時間がかかっちゃうんです。ビデオカメラとモーションキャプチャーのタイムコードを同機させるのはたいへんでしたが、それがクリアーされたおかげでスムーズに制作できますね」と、Vコンテを撮影する理由を述べた。そして、スクリーンでは実際にリアルタイムデモの撮影現場の様子や完成まえのデモムービーなど、貴重な映像の数々が上映され、来場者の目を釘付けにしていた。

 

 最後に、「白組とプレミアムエージェンシーは、これからも最先端のリアルタイムCG表現を追及していきます」(小澤氏)と、さらなる技術の向上を約束し、セッションは終了した。

CEDEC 2007の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

アニメ『SDガンダム』3タイトル全収録の“SDガンダム Blu-ray コレクションボックス”が限定で発売決定!

バンダイナムコアーツは、アニメ『SDガンダム』シリーズ最新作『SDガンダムワールド ヒーローズ』の放送・配信を記念して、『SDガンダム』作品をまとめたBlu-ray BOXを2021年10月27日(水)に発売することを決定した。

【週間PVランキング】『エーペックスレジェンズ』の新レジェンドに注目大。『シン・エヴァンゲリオン劇場版』のアマプラの独占配信のトピックも人気【7/16〜7/22】

ファミ通ドットコムで2021年7月16日〜7月22日に掲載した記事の週間ページビュー(PV)ランキングTOP10をお届け。

映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』公開記念“大ヤミット〜妖怪祭り〜”がところざわサクラタウンにて開催。妖怪企画盛りだくさん!

KADOKAWAは、映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』の公開を記念し、2021年7月20日(火)より、ところざわサクラタウンにて“大ヤミット〜妖怪祭り〜”を開催する。

水着衣装の『FGO』『グラブル』『艦これ』ヒロインが続々と集結! 真夏のコスプレイベントを沸かせた美女レイヤー30連発!!

過去に開催された“真夏のコスプレイベント”をプレイバック! 取材時に見つけた、ハイレベルなレイヤーたちの写真を30点一挙に掲載しつつ、振り返りリポートと併せて紹介する。

さまぁ〜ずが息詰まる投手戦を展開!? 野球愛がほとばしる名勝負に!【イチオシゲーム実況動画】

YouTube上で視聴できる無数の“ゲーム実況動画”の中から、必見の1本をセレクトする本稿。今回はお笑いコンビ・さまぁ〜ず(三村マサカズさん、大竹一樹さん)の動画をご紹介しましょう!

アニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』はただのラブコメにあらず。主人公のぼっち美学が心に突き刺さる……!?【アマゾンプライムビデオおすすめ】

現在アマゾンプライムビデオで配信中のアニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』、通称『俺ガイル』。タイトルや作風だけを見るとよくあるハーレム系のラブコメ展開を想像してしまいがちですが、その予想はだいぶまちがっていました!!

『テイルズ オブ アライズ』実存感のある世界と、そこで生きるキャラクターを描くために。岩本稔氏に聞く、アートとキャラクターのこだわり

『テイルズ オブ アライズ』でアートディレクションとメインキャラクターデザインを担当している、岩本稔氏へのインタビューをお届け。アートとキャラクター作りのこだわりについて語ってもらった。

『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎がパッケージの旨辛カルパスがクレーンゲームに登場。燃えるような辛さで豪華名場面シール付属

エス・トラストは、2021年7月より全国のゲームセンター・オンラインクレーンゲームにて『鬼滅の刃』(きめつのやいば)のアミューズメント専用景品を順次投入している。

『マジカミ』の開発を続けるために「遺書を書きました」。ゲーム業界の資金調達例を聞いたらグルーヴ感がすごかった【12億円ほしい人必見】

ブラウザゲーム史上最大級の製作費が投じられた『アイ・アム・マジカミ』は、どうやって資金を調達したのか。会社経営の話ということで、えなこさんを擁する芸能事務所の社長・乾曜子さんに同行してもらって話を聞きました。

『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記 フェスタ・インフェルノ開催! 8人でレグナードに挑んだら……?(第337回)

『ドラゴンクエストX オンライン』の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままにまったりと冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第337回(通算437回)。