携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> ゲーム産業が国の予算を獲得するためのポイントは? 経済産業省の職員が講演

ゲーム産業が国の予算を獲得するためのポイントは? 経済産業省の職員が講演
CEDEC 2007

2007/9/26

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

 ●ゲーム産業が国の支援を獲得するには世の流れに乗ること!

 

▲経済産業省メディアコンテンツ課でゲーム産業の振興を担当する阿部氏が、2007年度の取り組みとゲーム産業が国の予算を獲得するためのヒントを明かした。


 ゲーム開発者向けの技術的な内容が多いCEDEC 2007にあって、異色だったのが”ゲーム産業戦略と経済産業省の施策について”というセッション。2007年度の経済産業省の取り組みと、ゲーム産業振興のために経済産業省には何ができるのかといったことが報告された。講義を行ったのは、経済産業省商務情報政策局文化情報関連産業課(メディアコンテンツ課)新映像産業専門職の阿部幸子氏。

 

 経済産業省は、2006年4月から8月にかけて”ゲーム産業戦略研究会”を実施し、”ゲーム産業戦略”という報告書を取りまとめた。そこでは、ゲーム産業の現状を分析して課題を明らかにするとともに、今後ゲーム産業の振興のために必要とされる国家的な取り組みを設定している。阿部氏はまず、このゲーム産業戦略の概要を説明。日本のあらゆるコンテンツ産業の中でも、ゲーム産業は最大の輸出産業であり、日本ブランドの発信に貢献している重要な産業と位置づけられる。だが、国際競争の激化や、国内市場の伸び悩みなど、この産業を取り巻く環境は明るいものばかりではない。そこで、ゲーム産業戦略では、開発戦略への対応とビジネス戦略への対応、コミュニケーション戦略への対応の3つの取り組みが掲げられた。

 

 開発戦略への対応としては、ゲームクリエーターのポテンシャルを引き出す環境整備の一環として、優れたゲームのクリエーターに対する権威ある表彰制度の創設などが挙げられた。これについては、現在経済産業省でも検討を続けているとのこと。また、ゲーム開発技術を産業全体で共有していくために、基盤技術開発事業を検討していて、たとえば、各メーカーが共通で使える開発エンジンや、モーションキャプチャーなどのライブラリを国の予算で作り、誰でも利用できるようにすることを考えているそうだ。

 

 ただし、各メーカーにプレゼンを行ったものの最終的な詰めまでは至らず、予算の問題もあって2007年度は凍結に。阿部氏は、「ニーズがあり、実現性があれば来年度にまた提案していきたいと思います」と前向きにコメント残したが、2007年度は人材育成促進のための予算が組まれており、10月以降本格的に事業に取り組む予定だと明かした。

 

 ビジネス戦略への対応については、おもに東京ゲームショウの情報発信力の強化が掲げられていた。ご存じのように、東京ゲームショウは2007年から”JAPAN 国際コンテンツフェスティバル(通称コ・フェスタ)”の一部に組み込まれ、マンガやアニメなどとともにゲームコンテンツの海外への発信力を強めている。これは、2006年に経済産業省が旗振りをして推し進めたもので、2007年度も一部の予算を出したとのこと。コミュニケーション戦略への対応は、社会全体にゲーム産業が認知されるための施策だが、具体的には何も動いていないようだ。阿部氏は、「ただ、青少年の健全育成に対する取り組みという意味では、CEROのレーティング制度が広く認知されつつあることを評価しています。各都道府県の有害図書などの条例も、CEROの提示するレーティングに準拠するものが増えつつあり、非常にいいことではないかと思っています」と語った。

 

▲阿部氏が勤める部署は、ゲームソフト産業を取り扱う。ハードは別の部署が担当しており、基盤技術開発事業などはそちらの部署で予算を捻出することも考えられるとか。


 ゲーム産業戦略に基づいて2007年度に経済産業省が行っている取り組みは以上だが、阿部氏は続けて”経済産業省の支援策と考えかた”についてプレゼンを行った。阿部氏はこの内容について、以下のように説明。

 

 「日ごろ、私たちはどういった支援をしたらいいのか各社さんにヒアリングをしているのですが、国に何ができるのか曖昧でなかなか答が返ってきにくい状況があります。また、いろいろとお答えいただいても、私たちができることは限られているんです。今回は、逆に何ができるのかを示したいと思います」(阿部)

 

 行政が産業を振興させるためにできることは、おもに規制と予算のふたつなのだという。阿部氏はこれを2大行政ツールと表現し、それぞれについて解説を行った。規制という手段については、公害対策を例に挙げて「そのままでは公共上多大な問題があり、ほかに代替手段がない場合に限られます」と阿部氏。ゲーム産業で例えるならば、中国で導入されているオンラインゲームのプレイ時間を制限する施策が挙げられる。中国では、ユーザーがオンラインゲームを長時間プレイすることによる健康被害などの問題を受けて、国が主導でゲームのプレイ時間が3時間を超えるとゲーム内のポイントが半減するプログラムをすべてのゲームに導入しているのだ。では、日本でもこのような規制がありえるのか? 自分個人の考えだとしながらも「日本ではとんでもないことがない限りできない」とは阿倍氏。中国などとは違って、日本では規制は最小限に抑えるべきだという考えのもとに行政が動いており、国が整備しないとどうにもならない事態が起きない限り、業界や企業の自由に任せるのだそうだ。

 

 もうひとつの2大行政ツール、予算は、産業の振興や支援策としては非常にわかりやすいが、予算をつける場合には財務省の許可が必要となる。押さえるべきポイントとしては、「なぜゲーム産業への支援が必要なのか」というツッコミに対する説得力のある答えが重要だとか。そのためにも、ゲーム産業戦略のような識者による報告書が有効という。阿部氏のところに最近アメリカ製のゲームが売れるようになった背景について調査してほしいという依頼を受けることが多いそうだが、残念ながら予算をとるのは難しい。ゲームだけではなくほかの産業にも似たような状況がある場合や、業界だけでは対応することが困難で国の支援が必要な場合、業界全体からのニーズがあることなど、国民の税金を1産業が予算として使うにはかなりきびしい条件をくぐり抜けなければならないようだ。阿部氏は、「経済産業省デジタルコンテンツ課のひとつの事業だけではなく、コ・フェスタのようにほかの事業に乗り込んでしまうほうが、じつは予算獲得は簡単なんです」と裏側を明かした。

 

 これらの背景を受けて、阿部氏は独自の視点からゲーム産業が国の支援を獲得できるポイントを示した。それは、世の流れに乗ること。たとえば現在、格差社会や再チャレンジ支援といった社会問題が取りざたされている。ゲームでも、資格取得や学習系のソフトがつぎつぎと開発されている。阿部氏が言うには、経済産業省とは別の省で必ず再チャレンジ支援のための事業が動いているはずで、そこに名乗りを上げて予算を受けることができるはずだというのだ。「これらの社会的な問題に取り組む事業に積極的に乗り込んでいくことで、予算や支援を獲得できるだけではなく、ゲーム産業のイメージアップにもつながるはずです」と阿部氏。経済産業省としてもゲーム産業振興のために努力を続けるとして、業界からも意見やアイデアをどんどん寄せてほしいと訴えた。

▲ゲームの強みは、高齢者や子供にも説明書要らずで操作できる”わかりやすさ”や”つかいやすさ”。昨今、ゲームの技術を教育などに活用するシリアスゲームに注目が集まっているが、ゲーム産業振興のためにも大きな可能性を秘めているのかもしれない。



 

CEDEC 2007の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

アプリ『サクラ革命』事前登録数10万人達成。ガチャ15回分のアイテムの配布が確定

セガとディライトワークスは、共同制作タイトルであるスマートフォン向けゲーム『サクラ革命 〜華咲く乙女たち〜』(以下、サクラ革命)の事前登録数が10万人を達成したことを明らかにした。

『SEKIRO』が優秀賞を受賞! 最先端のメディア芸術が並ぶ“文化庁メディア芸術祭受賞作品展”が開催

メディア芸術の創造と発展を図るため、優れた作品の顕彰および、受賞作品の鑑賞機会を提供する“文化庁メディア芸術祭受賞作品展”。その第23回が、2020年9月19日(土)〜27日(日)にかけて、日本科学未来館にて開催される。

【FGO】スカサハの霊衣“刺し穿つバニー”の開放素材と入手方法、セリフまとめ

『FGO』の星5サーヴァント“スカサハ(ランサー)”の霊衣“刺し穿つバニー”について、開放素材と入手方法、セリフをまとめて紹介する。

『アズールレーン』3周年記念CMのメイキング映像を公開! 西川貴教「エンタープライズに徐々に馴染んでまいりました」

2020年9月19日、Yostarはスマホアプリ『アズールレーン』3周年記念CMのメイキング・インタビュー動画を公開した。

【Fate】映画『HF』最終章の動員数が100万人を突破。第二章よりも4日早く、興行収入は前作同日比110%に

2020年8月15日(土)より全国156館にて公開中の劇場版『Fate/stay night[Heaven’s Feel]III.spring song』。公開から約1ヵ月、9月19日(月)時点で動員数が100万人を突破したことが明らかになった。

映画『鬼滅の刃』無限列車編、入場者特典は描き下ろし漫画の0巻“煉獄零巻”。煉獄杏寿郎の初任務を描く

映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の入場者特典が、原作者・吾峠呼世晴氏描き下ろし漫画を含む“0巻”こと“煉獄零巻”に決定。配布は全国合計450万名限定。

『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記 バージョン5.3開始! オノ、棍、ムチで欲しい宝珠の入手方法をまとめました(第295回)

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第295回(通算395回)。

スイッチ『フィットボクシング2』予約受付開始。Amazon限定特典はオリジナルリストバンド

Nintendo Switch『Fit Boxing 2 -リズム&エクササイズ-』(12月3日に発売)の予約受付がAmazon.co.jpで開始。特典付きの限定版も用意されており、特典としてオリジナルリストバンドが同梱される。

『原神』全5バージョンのテレビCMが放映開始。ガイアを演じる鳥海浩輔さんがナレーションを担当

miHoYoは、『原神』について、本日(2020年9月19日)より、全5バージョンのテレビCMを全国主要都市の地上波にて放映開始した。

Amazonタイムセール祭りピックアップ。ゲーミングモニター、ゲーミングチェア、ノートPCなどがお得な価格に

Amazon.co.jpが、恒例のタイムセール祭りを開催。期間は2020年9月19日(土)9時00分〜2020年9月21日(月)23時59分まで(一部商品は、特定期間のみタイムセール対象に)。