携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 大阪でも開催! ゲームオーケストラコンサート“ファミ通PRESENTS PRESS START 2007”

大阪でも開催! ゲームオーケストラコンサート“ファミ通PRESENTS PRESS START 2007”

2007/9/23

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●横浜公演とは異なる、関西ならではの豪華ゲストも登場!

 2007年9月22日、大阪府の梅田芸術劇場にて、ゲーム音楽を題材にしたオーケストラコンサート“ファミ通PRESENTS PRESS START 2007 -SYMPHONY OF GAMES-”が開催された。公演内容については、9月17日に行われた横浜公演とほぼ同じものだったが、一部の曲目や登場するゲストが変更されていた。ここでは、横浜公演と異なっていた部分をおもにピックアップして紹介しよう。

▲開場まえにできていた、梅田芸術劇場の行列。横浜同様、大阪でもゲーム音楽ファンが集結していた。

▲『大乱闘スマッシュブラザージX』の“メインテーマ”からコンサート開始! 昨年のPRESS STARTは渋谷公演だけだったため、初めて関東以外での公演となった。


 開演直後の1曲目、『大乱闘スマッシュブラザーズX』では、横浜公演でも美声を披露してくれた高橋織子氏とともに、オペラ歌手の中塚昌昭氏が登場。横浜公演はゲーム好きで知られる錦織健氏が登場したが、中塚昌昭氏も錦織健氏に負けず劣らずのゲーム好き。合間のトークで、「今回演奏される全31タイトルのゲームの中で、プレイしていないものは4つだけ」、「声楽を目指したのは、『ファイアーエムブレム』のCMを観たのがきっかけなんです」と、根っからのゲーム好きであることを明かしつつ、続けて『ファイアーエムブレム』を思い入れたっぷりに熱唱していたぞ。
 

▲PRESS START 2007について語る、コンサート発起人の4名(植松伸夫氏、酒井省吾氏、野島一成氏、竹本泰蔵氏)と司会の横山智佐。同じく発起人のひとりである、桜井政博氏は『大乱闘スマッシュブラザーズX』の開発が大詰めのため、大阪公演は欠席。

▲開演まえや休憩時には、ホール内でニンテンドーDSの『ピクトチャット』が大流行! 思い思いに、聴きたい曲や感想を書いていた。これも、ゲームファンが集まるイベントならでは。


 また第2部冒頭では、『キラー7』などで知られるゲーム開発会社“グラスホッパー・マニファクチュア”のサウンドチーム“ghm sound team”が登場。彼らが作曲を担当した『ゴッドハンド』のエンディング曲“俺の右手はゴッドハンド”を演奏し、それまでのオーケストラによる荘厳な空気を、ライブハウスのような雰囲気へ一変させていた。また、演奏後のトークでは、『大乱闘スマッシュブラザーズX』で“ヨッシーストーリー”の編曲を担当したghm sound teamの高田雅史氏が、「『スマブラX』に関わらせていただくことが決まって、任天堂さんの楽曲リストから編曲を担当する曲を選ぶことになったのですが、須田さん(須田剛一氏。グラスホッパー・マニファクチュア代表取締役)から“『カービィ』やれ!”、“『マリオ』があいてるぞ!”と、いろいろ言われました(笑)」と、ゲームファンに興味深い裏話を披露していた。

▲ghm sound teamの面々。キーボードの高田雅史氏のほか、ギターの福田淳氏も『大乱闘スマッシュブラザーズX』の楽曲に関わっている。


 そのほか、作曲者のゲストも横浜公演とは異なり、『スーパーマリオブラザーズ』では任天堂の近藤浩治氏が、『キングダム ハーツ』では下村陽子氏が登場し、それぞれ楽曲の誕生秘話を語っていた。

 そしてコンサートは、アンコールで、昨年のPRESS START 2006でいちばん人気だった“ゼルダの伝説メドレー 2006”と、『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』の“再臨:片翼の天使”を披露して終了へ(アンコールの曲目は、横浜、大阪共通)。すると、来場者にうれしいサプライズが! 何と、発起人の4名と、近藤浩治氏、下村陽子氏が、「来場者に感謝を込めて、近くを通って退場したい」と、客席の通路を歩いての退場となったのだ。突然の出来事に来場者は驚きつつも握手を求めたり、手を振ったりと、満面の笑みで退場を見送っていたぞ。
 

▲客席を通って退場する植松伸夫氏。多くの来場者から、握手を求められていた。

 

ファミ通PRESENTS PRESS START 2007 -SYMPHONY OF GAMES-
大阪公演プログラム

●第1部

1.『大乱闘スマッシュブラザーズX』よりメインテーマ

2.『ロコロコ』よりロコロコのうた

3.アクトレイザー

4.シューティングメドレー

5.『エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカンウォー』よりZERO

6.『ワンダと巨像』より異形の者たち 〜巨像との戦い 〜甦る力 〜巨像との戦い

7.『ファイアーエムブレム』よりファイアーエムブレムのテーマ

●第2部

1. ghm sound team

2.『クロノ・トリガー』よりクロノ・トリガーのテーマ

3.『ザ エルダースクロールズ IV:オブリビオン』

4.『スーパーマリオブラザーズ』よりコースBGMメドレー

5.『悪魔城ドラキュラ』より悪魔城ドラキュラ〜 ドラキュラII「呪いの封印」〜 悪魔城伝説 〜悪魔城ドラキュラX「血の輪廻」

6.『サクラ大戦』より檄!帝国華劇団

7.『キングダム ハーツ』より

●アンコール

1.ゼルダの伝説メドレー2006

2.『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』より再臨:片翼の天使

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『バイオハザード RE:2』レビュー。美化された思い出をさらに超えるおもしろさ。“怖さ”以外にも楽しめる要素が多数

2019年2月25日(金)に発売を迎える、カプコンのサバイバルホラー“再:新作”『バイオハザード RE:2』。作品の魅力、そして恐怖を記事担当ライターのゴジラ太田が語る!

【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2019年01月14日〜2019年01月20日

ひさびさのシリーズ最新作、『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』が好調な滑り出し

『ストリートファイター』のesports大会“ストリートファイターリーグ”が、4月よりアメリカで開催決定、3人で編成される6チームが総当たり戦で競う

カプコンは、『ストリートファイター』を使用したeスポーツの“ストリートファイターリーグ”、“Street Fighter Pro League - USA”をアメリカで開催することを発表した。

『レインボーシックス シージ』闘会議2019“遊びホーダイ エリア”にて野良連合、FAV gamingプロ選手によるコーチングイベントが開催決定

2019年1月26日〜1月27日に千葉・幕張メッセにて開催予定のゲームファンとゲーム大会の祭典“JAEPO×闘会議 2019”内“遊びホーダイエリア”において、プロ選手によるティーチングイベントと公式コスプレイヤーによるコスプレイベントが開催される。

『WWE 2K19』最後のDLCはコレだ! キャンディス・レラエなど注目のスーパースターたちを楽しめる“Rising Stars Pack”が配信開始

2Kは、プレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『WWE 2K19』において、キャンディス・レラエなど注目のスーパースターたちを追加するDLC“Rising Stars Pack”の配信を開始した。

『タワー オブ アイオン』5年ぶりの新クラス実装が決定&“ネーミングディーヴァ2019”開催! 新イベント“変身戦記イルミエール”もスタート

2019年1月23日、エヌ・シー・ジャパンはPC用ゲーム『The Tower of AION(タワー オブ アイオン)』において、5年ぶりとなる新クラスの実装に伴うクラスネーム募集キャンペーン“ネーミングディーヴァ2019”を開催することを発表した。また、新イベント“変身戦記イルミエール”も同時開催。

“eSPORTS 国際チャレンジカップ 〜日本選抜 vs アジア選抜〜”の競技タイトルに『オーバーウォッチ』が追加決定

一般社団法人日本eスポーツ連合は、2019年1月26日、27日に幕張メッセで開催予定の“eSPORTS 国際チャレンジカップ 〜日本選抜 vs アジア選抜〜”の競技タイトルに『オーバーウォッチ』の追加を発表した。

名試合が量産される予感! 『リーグ・オブ・レジェンド』国内プロリーグ“LJL 2019”開幕戦からアツさを感じた理由

2019年1月19日、PC用オンライン対戦ゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』の国内プロリーグ“LJL 2019”Spring Splitが開幕した。

【俺たちのアケアカ】本日、2019年1月23日22時00分より生放送!【ファミ通チャンネル】

週刊ファミ通のででおとみさいル小野のふたりで、名作クラシックゲームをゆる〜く遊ぶ番組。今回はアクションゲームの『ボンジャック』と『NINJA MASTER'S 〜覇王忍法帖〜』を遊びます!

『アーケードアーカイブス ボンジャック』がNintendo Switchで1月24日に配信決定!

ハムスターは、Nintendo Switch用ソフト『アーケードアーカイブス ボンジャック』を2019年1月24日に配信することを決定した。