携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 大阪でも開催! ゲームオーケストラコンサート“ファミ通PRESENTS PRESS START 2007”

大阪でも開催! ゲームオーケストラコンサート“ファミ通PRESENTS PRESS START 2007”

2007/9/23

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●横浜公演とは異なる、関西ならではの豪華ゲストも登場!

 2007年9月22日、大阪府の梅田芸術劇場にて、ゲーム音楽を題材にしたオーケストラコンサート“ファミ通PRESENTS PRESS START 2007 -SYMPHONY OF GAMES-”が開催された。公演内容については、9月17日に行われた横浜公演とほぼ同じものだったが、一部の曲目や登場するゲストが変更されていた。ここでは、横浜公演と異なっていた部分をおもにピックアップして紹介しよう。

▲開場まえにできていた、梅田芸術劇場の行列。横浜同様、大阪でもゲーム音楽ファンが集結していた。

▲『大乱闘スマッシュブラザージX』の“メインテーマ”からコンサート開始! 昨年のPRESS STARTは渋谷公演だけだったため、初めて関東以外での公演となった。


 開演直後の1曲目、『大乱闘スマッシュブラザーズX』では、横浜公演でも美声を披露してくれた高橋織子氏とともに、オペラ歌手の中塚昌昭氏が登場。横浜公演はゲーム好きで知られる錦織健氏が登場したが、中塚昌昭氏も錦織健氏に負けず劣らずのゲーム好き。合間のトークで、「今回演奏される全31タイトルのゲームの中で、プレイしていないものは4つだけ」、「声楽を目指したのは、『ファイアーエムブレム』のCMを観たのがきっかけなんです」と、根っからのゲーム好きであることを明かしつつ、続けて『ファイアーエムブレム』を思い入れたっぷりに熱唱していたぞ。
 

▲PRESS START 2007について語る、コンサート発起人の4名(植松伸夫氏、酒井省吾氏、野島一成氏、竹本泰蔵氏)と司会の横山智佐。同じく発起人のひとりである、桜井政博氏は『大乱闘スマッシュブラザーズX』の開発が大詰めのため、大阪公演は欠席。

▲開演まえや休憩時には、ホール内でニンテンドーDSの『ピクトチャット』が大流行! 思い思いに、聴きたい曲や感想を書いていた。これも、ゲームファンが集まるイベントならでは。


 また第2部冒頭では、『キラー7』などで知られるゲーム開発会社“グラスホッパー・マニファクチュア”のサウンドチーム“ghm sound team”が登場。彼らが作曲を担当した『ゴッドハンド』のエンディング曲“俺の右手はゴッドハンド”を演奏し、それまでのオーケストラによる荘厳な空気を、ライブハウスのような雰囲気へ一変させていた。また、演奏後のトークでは、『大乱闘スマッシュブラザーズX』で“ヨッシーストーリー”の編曲を担当したghm sound teamの高田雅史氏が、「『スマブラX』に関わらせていただくことが決まって、任天堂さんの楽曲リストから編曲を担当する曲を選ぶことになったのですが、須田さん(須田剛一氏。グラスホッパー・マニファクチュア代表取締役)から“『カービィ』やれ!”、“『マリオ』があいてるぞ!”と、いろいろ言われました(笑)」と、ゲームファンに興味深い裏話を披露していた。

▲ghm sound teamの面々。キーボードの高田雅史氏のほか、ギターの福田淳氏も『大乱闘スマッシュブラザーズX』の楽曲に関わっている。


 そのほか、作曲者のゲストも横浜公演とは異なり、『スーパーマリオブラザーズ』では任天堂の近藤浩治氏が、『キングダム ハーツ』では下村陽子氏が登場し、それぞれ楽曲の誕生秘話を語っていた。

 そしてコンサートは、アンコールで、昨年のPRESS START 2006でいちばん人気だった“ゼルダの伝説メドレー 2006”と、『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』の“再臨:片翼の天使”を披露して終了へ(アンコールの曲目は、横浜、大阪共通)。すると、来場者にうれしいサプライズが! 何と、発起人の4名と、近藤浩治氏、下村陽子氏が、「来場者に感謝を込めて、近くを通って退場したい」と、客席の通路を歩いての退場となったのだ。突然の出来事に来場者は驚きつつも握手を求めたり、手を振ったりと、満面の笑みで退場を見送っていたぞ。
 

▲客席を通って退場する植松伸夫氏。多くの来場者から、握手を求められていた。

 

ファミ通PRESENTS PRESS START 2007 -SYMPHONY OF GAMES-
大阪公演プログラム

●第1部

1.『大乱闘スマッシュブラザーズX』よりメインテーマ

2.『ロコロコ』よりロコロコのうた

3.アクトレイザー

4.シューティングメドレー

5.『エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカンウォー』よりZERO

6.『ワンダと巨像』より異形の者たち 〜巨像との戦い 〜甦る力 〜巨像との戦い

7.『ファイアーエムブレム』よりファイアーエムブレムのテーマ

●第2部

1. ghm sound team

2.『クロノ・トリガー』よりクロノ・トリガーのテーマ

3.『ザ エルダースクロールズ IV:オブリビオン』

4.『スーパーマリオブラザーズ』よりコースBGMメドレー

5.『悪魔城ドラキュラ』より悪魔城ドラキュラ〜 ドラキュラII「呪いの封印」〜 悪魔城伝説 〜悪魔城ドラキュラX「血の輪廻」

6.『サクラ大戦』より檄!帝国華劇団

7.『キングダム ハーツ』より

●アンコール

1.ゼルダの伝説メドレー2006

2.『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』より再臨:片翼の天使

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

Switch『桃鉄』の公式攻略本がソフト同発で発売決定

2020年11月19日に発売される『桃太郎電鉄 〜昭和 平成 令和も定番!〜』の公式攻略本が、同日にKADOKAWAから発売決定!

『デレステ』5周年記念インタビュー牧野由依さん(佐久間まゆ役)。「まわりの子たちのことも考えられるように成長しているのかなと思います」

2020年9月に『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』(以下、『デレステ』)が5周年を迎えたことを記念して、実施した佐久間まゆ役の牧野由依さんのインタビューをお届け。

『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記 仲間モンスター転生でやらかした! あわてて経験値稼ぎの旅へ!(第300回)

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第300回(通算400回)。

『ギルティギア ストライヴ』PS5版とPS4版はクロスプレイ対応。アップグレード対応も行われ、DLCも移行可能

来年4月に発売予定の格闘ゲーム『ギルティギア ストライヴ』の世代間移行などに関する公式FAQが公開されている。

『SEKIRO』10月29日配信の無料アプデ要素を先行レビュー。連戦・再戦モードやネットワーク機能、狼の衣装変更などの追加で死闘がさらに楽しく!

フロム・ソフトウェアの『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』、2020年10月29日に配信予定の無料アップデート内容を先行プレイレビュー!

【FGOワルツ】新たなマスター体験はどのようにして生まれたのか? 塩川洋介氏に作品に込められた想いや制作にまつわる裏側を訊く

『FGOW』のクリエイティブディレクターであり、FGO PROJECTのクリエイティブプロデューサーである塩川洋介氏にインタビュー。本作に込められた想いや制作にまつわる裏側を答えていただいた。

『フィットボクシング2』先行プレイレビュー。新たなインストラクターや楽曲とともに、より楽しく身体をシェイプアップできちゃう!

2020年12月3日に発売予定のNintendo Switch用ソフト『Fit Boxing 2 -リズム&エクササイズ-』をひと足早く体験プレイ。新たに追加されたインストラクターや、一新された楽曲、さまざまなコースのレビューをお届け。

『Apex Legends』Nintendo Switch版の提供が来年に延期。一方Steam版は来月頭のシーズン7で提供開始

バトルロイヤル型FPS『Apex Legends』のSwitch版とSteam版の提供スケジュールに続報が。

【ポケモンセンターシブヤ】オリジナルTシャツが作れる“ポケモンデザインラボ”が11/20より登場。“CRYSTAL STONE”シリーズの新商品も!

2020年11月20日(金)から、渋谷PARCOの6階“ポケモンセンターシブヤ”にて、自分だけのオリジナルTシャツを作ってその場で購入できるサービス“ポケモンデザインラボ”が登場。“CRYSTAL STONE”シリーズの第2弾も発売開始される。

『ロストアーク』はハクスラじゃない。韓国での早期復帰キャンペーンは計算通り。予想とは違う盛り上がりの要因について嶋田Pにインタビュー

PC用オンラインRPG『ロストアーク』が近年にない盛り上がりを見せているという。日本運営プロデューサーを務める嶋田真人氏に要因を聞いた。