携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『テイルズ オブ』シリーズ最新作を各プロデューサーが熱弁! キャンペーンやWEB連動情報も!

『テイルズ オブ』シリーズ最新作を各プロデューサーが熱弁! キャンペーンやWEB連動情報も!
『テイルズ オブ』シリーズ新作発表会

2006/6/20

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●プロモーション映像も公開! 豪華ゲストも登場

 

 速報でお伝えしたとおり、『テイルズ オブ』シリーズ2006年度ラインナップ発表会で、バンダイナムコゲームスのユニットリーダー、吉積信(よしづみまこと)氏の口から、新作5タイトルが発表。ステージでは、その内4タイトルを各プロデューサーが紹介したのだ。

 

▲『テイルズ オブ ファンタジア -フルボイスエディション-』を紹介する野口氏。

 まずは、2006年9月7日発売予定のPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『テイルズ オブ ファンタジア -フルボイスエディション-』。プロデューサーの野口伸二(のぐちしんじ)氏が登壇し、「シリーズの原点である第1作目『テイルズ オブ ファンタジア』。スーパーファミコン、プレイステーション、ゲームボーイアドバンスとハードとともに進化してきました。このPSP版では、さらなる進化をお見せできる」とコメント。今作の特徴が説明された。なんと言っても最大のウリは、タイトル名にも押し出してあるとおり"フルボイス"。プレイステーション版では一部イベントのみ音声対応だったものが、メインストーリーのセリフが収録し直されているとのこと。また、戦闘時のキャラクターが2頭身から3頭身に変更。プレイステーション版、ゲームボーイアドバンス版で追加された要素を継承しつつ、PSP版ならではの要素も存在することが明らかになった。

 

▲『テイルズ オブ ファンタジア -フルボイスエディション-』のプロモーション映像。

 

▲『テイルズ オブ ザ テンペスト』は吉積氏が直々に紹介。

 つぎに紹介されたのは、2006年発売予定のニンテンドーDS用ソフト『テイルズ オブ ザ テンペスト』。こちらは吉積氏自らが登壇し、プロモーション映像を公開した。ステージにはゲストとして、本作の主人公カイウス・クオールズ役の声優、高城元気(たかぎもとき)が登場。さらにヒロインのルビア・ナトウィックを演じる声優の門脇舞(かどわきまい)がビデオ出演。それぞれの役に対する思い入れを語ったぞ。吉積氏は「シリーズ初のニンテンドーDSタイトルなので、スタッフ一同鋭意制作中です。もう少しお待ちください」とコメントした。

 

▲misonoが歌うテーマソング『VS』に合わせて『テイルズ オブ ザ テンペスト』の映像が上映された。
 

▲メインキャラクターを演じる高城元気がステージに登場。門脇舞はビデオレターで挨拶。

 

▲『テイルズ オブ デスティニー』は馬場ディレクターが担当。

 続いてのタイトルは、今冬発売予定のプレイステーション2用ソフト『テイルズ オブ デスティニー』。`97年に発売されたプレイステーション版のリメイクとなる今作を、馬場英雄(ばばひでお)ディレクターが紹介した。プレイステーション2版は、ゲームシステム、ビジュアル、戦闘、ボイスなどをすべて刷新し、『テイルズ オブ』シリーズ初の完全リメイク(セルフカバー)作品になっている。具体的には、ほぼすべてのセリフが新しく書き起こされたり、2Dだったマップの書き直し、ダンジョンの完全3D化、新バトルシステム"AR-LMB"(縦、高さの概念を導入し、空中でのコンボ攻撃が可能)の導入など、さまざまな部分が強化されている。馬場氏も「リメイクとは言え、新作のつもりで制作しています。当時の『デスティニー』を知る古参スタッフと新しいスタッフのアイデアを練りに練って作っているので、楽しみにしてください」とコメントした。

 

▲プレイステーションからプレイステーション2にリメイクされたことで、グラフィックを大幅に改良。マップの違いも一目瞭然だ。

 

▲大舘プロデューサーは『テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー』を紹介。

 最後に紹介されたタイトルは、PSP用ソフト『テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー』(発売日未定)。タイトル名の由来について、大舘隆司(おおだてりゅうじ)プロデューサーは「レディアントは"光り輝く"、マイソロジーは、ミソロジーとマイの造語で自己探求学という意味。プレイヤーが自分を見つめ直すという意味で開発しているタイトルです」と説明した。ゲームは、プレイヤーオリジナルのキャラクターを作成して、『テイルズ オブ』シリーズの登場キャラクターとパーティーを組んで冒険するというもの。戦闘系クラス、魔法系クラスなど、キャラクターのクラスを決めることが可能で、ゲームの途中にクラスチェンジすることもできるのだ。ステージには、このゲームのヒロイン"カノンノ"を演じる声優の工藤晴香(くどうはるか)、『テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー』のテーマソングを歌うシンガーソングライターの植村花菜(うえむらかな)が登場。シリーズのファンであるという植村は、『テイルズ オブ』のケータイ版『テイルズ オブ コモンズ』でも主題歌を担当した実績があり、それに続いての採用となった。植村は「こんな有名なタイトルに呼ばれて、とても嬉しかった」と語り、『レディアント マイソロジー』のテーマソング『光と影』を会場で熱唱したのだ。

 

▲プレイヤーの分身を作って、憧れの『テイルズ オブ』シリーズのキャラクターとパーティーを結成できる!
 

▲ヒロイン"カノンノ"を演じる声優の工藤晴香。

▲テーマソング『光と影』を熱唱する植村花菜。

 

 すべてのタイトルの発表が終了すると、再び吉積氏が登壇。4タイトルの予約キャンペーン情報を明らかにしたのだ。キャンペーン内容は下記のとおり。

 

『テイルズ オブ』シリーズの予約キャンペーン

『テイルズ オブ ザ テンペスト』

・予約特典オフィシャルファンブック(設定資料集、声優陣、いのまたむつみ氏インタビュー、はみだし『テイルズ オブ』トリビア)
・購入者キャンペーン企画を再構築中 

『テイルズ オブ ファンタジア -フルボイスエディション-』

・ドラマチックDVD-アップルグミ篇-(チャットドラマ、声優陣インタビュー、秘蔵イベント映像)

『テイルズ オブ デスティニー』

・ドラマチックDVD-オレンジグミ篇-

『テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー』

・ドラマチックDVD-レモングミ篇-

 

▲各タイトルとも、ファンなら思わず叫んでしまいたくなるような特典が用意されているみたい。

 

 さらに吉積氏からサプライズ発言! なんと本日発表されたタイトルのWEB連動を企画していることが発表されたのだ。なんでも『テイルズ オブ』シリーズのコミュニティー&エンターテインメントサイトを立ち上げ、そこでパスワードのやり取りをすることで『テンペスト』や『デスティニー』のゲーム内に新しいアイテムがゲットできたり、『レディアント マイソロジー』でほかのプレイヤーが作ったキャラクターを仲間にできる、という。さらにプレイヤーそれぞれがアバターを持ち、その世界で暮らしながら他のプレイヤーとのチャットやコミュニケーションを図ることができる"『テイルズ オブ』シリーズのポータルサイト"が計画されていることが明らかになったのだ。

 

▲WEB連動の企画で立ち上げを予定する『テイルズ オブ』シリーズのコミュニティー&エンターテインメントサイト。ちなみに写真はイメージだよ。

 

 ゲームソフトに始まり、壮大なWEB連動企画も判明した『テイルズ オブ』シリーズ。バンダイナムコゲームスの看板タイトルとして、さらなる躍動をみせる!

 

※『テイルズ オブ』シリーズの情報はこちら

『テイルズ オブ』シリーズ新作発表会の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

1周年イベント開催中! 新川社長ときゃんPが語り合う『魔界ウォーズ』開発者インタビュー・後編

『魔界ウォーズ』のサービス開始1周年を記念し、日本一ソフトウェアの代表取締役社長・新川宗平氏と、クローバーラボのプロデューサー・きゃん氏にインタビューを実施した。

声優ユニットWake Up, Girls!、物語の舞台仙台へ凱旋――FINAL TOUR宮城公演初日オフィシャルリポート

声優ユニット、Wake Up, Girls!のFINAL TOUR仙台公演初日が2019年2月23日に実施された。

祝1周年! 『魔界ウォーズ』1周年記念インタビュー 日本一ソフトウェア新川社長が本作に懸けた思いを訊く

『魔界ウォーズ』のサービス開始1周年を記念し、日本一ソフトウェアの代表取締役社長・新川宗平氏と、クローバーラボのプロデューサー・きゃん氏にインタビューを実施した。

『Fallout 76』2019年度のロードマップが公開。新たなクエストやゲームモードを無料で追加予定

ベセスダ・ソフトワークスのオンラインアクションRPG『Fallout 76』の今秋にかけての開発ロードマップが公開された。

『逆転裁判123 成歩堂セレクション』発売記念 巧舟が語る『逆転裁判』開発秘話とは?

2019年2月21日の『逆転裁判123 成歩堂セレクション』(Nintendo Switch、プレイステーション4、Xbox One版)発売を記念し、『逆転裁判』シリーズの生みの親である巧舟氏にインタビューを実施した。

東京ゲームショウ2019の開催発表会をリポート。“もっとつながる。もっと楽しい。”をテーマに、成長するゲーム産業の姿を世界へ発信

日本最大級のゲームイベントとして、世界からも注目を集める東京ゲームショウ(以下、TGS)。今年で29回目を迎えるTGS2019の開催発表会が、2019年2月21日、東京・ホテルニューオータニにて行われた。

『チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!』ソフトがあたるTwitterキャンペーンを実施&オリジナルサントラが発売決定!

スクウェア・エニックスは、『チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!』において、ソフトがあたるTwitterキャンペーンと、オリジナルサウンドトラックの発売を決定した。

超豪華ゲストとGOTY版発売と2周年をお祝い! 新情報も飛び出した『ニーア オートマタ』公式生放送リポート

2019年2月20日、池袋にあるSTORIA(スクウェア・エニックスのシアターカフェ)で公開配信された“第8回『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』公式生放送「2周年&GOTY版発売記念」@STORIA”の様子をリポート。

“BRA★BRA FINAL FANTASY”2019年ツアー、天野喜孝氏による描き下ろしイラストを使用したツアーロゴが発表

スクウェア・エニックスは、“BRA★BRA FINAL FANTASY みんな de えらぼー!with Siena Wind Orchestra”のツアーロゴを発表した。