携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> Xbox 360用ソフト『カメオ エレメンツ オブ パワー(仮題)』インタビュー

Xbox 360用ソフト『カメオ エレメンツ オブ パワー(仮題)』インタビュー
【X05】

2005/10/4

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●「Xbox 360は、家庭用ゲーム機として完全なものだ」

 

 10月4日(現地時間)、オランダの首都、アムステルダムで開催されるマイクロソフト主催のイベント"XO5"。おもに欧米向けのXbox関連タイトルがお披露目されるイベントとして定着してきたXOだが、今年は新ハードXbox 360の発売が間近に控えているとあって注目度も抜群! 世界各国のジャーナリストがアムステルダムに集結している。そのXO5の前日となる10月3日、マイクロソフトから発売されるXbox 360用ソフト『カメオ エレメンツ オブ パワー(仮題)』と『パーフェクトダーク ゼロ』を開発するイギリスの開発会社、レア社のクリエーターにインタビューを敢行した。世界的に有名な開発会社であるレア社は、現在はマイクロソフトの傘下。この実力派メーカー放つ2タイトルは、はたしてどんな作品に仕上がっているのだろうか?

 

 まずは『カメオ エレメンツ オブ パワー(仮題)』のゲームデザインを担当するジョージ・アンドレアス氏と、キャラクターデザインを担当するマーク・スティーブンソン氏に話しを聞いた。

 

▲左がジョージ・アンドレアス氏、右がマーク・スティーブンソン氏。

 

−−『カメオ』の制作期間はかなり長い印象があるのですが、具体的にはどれくらいかかっているのでしょうか?
ジョージ 2000年にスタートしました。まずニンテンドーゲームキューブ版の開発を始めました。その後、レア社がマイクロソフトの傘下になりましたので、Xboxに移行しています。
−−それぞれのハードで、カメオはどれくらいまで完成していたんですか?
ジョージ Xbox版の段階で、80パーセントはできていました。ここからXbox 360に移行したわけですが、キャラクターも背景も、すべてイチから作り直しています。
−−え、イチから?
ジョージ そうです。
−−XboxからXbox 360に変わりましたけど、実際、ゲームではどのへんがいちばん変わったんですか?
ジョージ ビジュアル、つまり視覚に訴える部分。ここが大きく変わりました。そのほかの特徴としては、戦闘の場面でしょうか。Xbox 360になって、もっとも力を入れている部分のひとつです。それと、分割画面で行う共同プレイ。このへんもXbox版から大きく変えました。
−−1画面に3000体のクリーチャーが出てきますが、これもXbox 360だから実現できた部分ですか?
ジョージ そのとおりです。Xbox 360に大きなパワーをもらいましたので。これがXboxでしたら、20〜30体しか表示できなかったでしょう。せっかく大きなパワーをもらったんだからXboxではできなかったことをしよう、というのが我々の合言葉でした。おかげですばらしい戦闘シーンを表現することができました。
−−Xboxでも大人数での戦闘を実現したかったけど、パワー不足でできなかったと?
ジョージ そうですね。そういう構想はありました。でもパワーが足りませんでした。Xboxでもやろうと思えばできましたけど、私達が望むクオリティーには遠く及ばなかった。
−−主人公であるカメオの特徴は、いろいろなキャラクターに変身すること。この、変身できるキャラクターの数は、Xbox版よりも増えているんですか?
ジョージ これは10のままですね。ただし、キャラの動きは非常に繊細になりました。
−−とても個性的なキャラクターぞろいで、しかもそれぞれが非常に特徴的な動きをする(ボクサータイプや水に潜れるもの、氷の壁をよじ登れるもの、など)。これは、まずキャラクターの動きありきで作られたものですか? それともデザインありきで?
ジョージ どちらもありますね。たとえばパメルウィードっていう植物のキャラ。ボクシングの動きをするものですが、これはまず"ボクシングの動きをするキャラを作りたい"ということであのデザインになりました。逆にディープブルーという水に潜るキャラや、ラブルという岩のキャラがいますが、これは先にキャラデザインを考えて、"この形だったらこういう動きができるな"ということになりました。
−−『カメオ』には試行錯誤の要素が多いですよね。
ジョージ ゲームのレベルは、キャラクター中心に作っています。そのキャラは何ができるのか? ということを考えてから、ステージ上に試行錯誤の要素をちりばめたわけです。「こんなシーン見たことあるなあ」とプレイヤーに思わせてしまうのではなく、つねに新しいチャレンジができるゲームであってほしいと思っていました。
−−カメオは開発に時間がかかったということですが、どのへんにいちばん時間かかったのですか?
ジョージ やはりキャラクターですね。複雑なデザインになってるでしょう。動きも非常に特徴的ですし。
マーク 最後の最後まで、このキャラクターはどうやって発展していくのだろうか? ということを考えていましたから、時間かかりましたね。
−−では、ゲームの難易度調整はどうやって行っているんですか?
ジョージ 最初のステージは、もちろん簡単ですね。最初はプレイしながらキャラクターの動きを覚えてもらいたいので、障害物競争のような感じ。遊びながらこのゲームはこうやってプレイするんだ、ということを知ってもらえるようになってます。ゲームが進むと、敵の数は膨大になるし、カメオの変身能力も増えますから、より複雑になります。
マーク ひとりでも多くの人に遊んでほしいと思ってます。ひとりでコツコツとスコアアタックするのもよし、Xbox Liveにつながりますから、ほかのプレイヤーとも競い合えますし。
−−でも、さきほどプレイさせていただきましたけど、難しくないですか(笑)?
ジョージ プレイする回数が増えれば増えるほどやさしくなりますよ。僕はよく「なんでそんなに速くクリアできるの?」って言われますけど、それは何度もやってるからです(笑)。じつは私はもっと難しいものにしたかったんですけど、マークたちに「そんなに難しいの誰ができるんだい?」といわれまして……(笑)。なので誰もが楽しめるレベルとして、この難易度にしました。
マーク ゲーム中にいろいろとメッセージ出てくるでしょう? あれらがプレイヤーの助けになると思います。
−−あ! あのメッセージってニクイですよね。ヒントなんですけど決して答えではなく、プレイヤーに考えさせるようになってる。
ジョージ ヒントも3段階のレベルになってます。あ、これじゃクリアできなそうだな、となるとひとつヒントが追加。それでもダメだったら、"こうやれ!"っていう決定的なヒントが出るようになってます。
−−ヒントにもレベルがあるんですか。
ジョージ そのとおりです。
−−ちょっと根本的なこと聞いていいですか? Xbox 360って、どんな印象のハードですか?
マーク 私がXbox360のことを聞かれたら、こう答えるようにしています。"家庭用ゲーム機としては完全なものだろう"と。
ジョージ カメオというゲームにとって、360はパーフェクトなゲーム機。Xbox360でいろんなゲームが出ますけど、カメオは360の実力を完全に駆使できるゲームだと思ってます。そんなソフトをもうすぐ皆さんのもとに届けられるので、非常に疲れていますが、とても嬉しいですね。
−−Xbox 360というハードを得たことで、これまでのハードではできなかったことをすべて表現できるようになりましたか?
ジョージ このハードを得たことによって、ゲームが完成したと思ってます。
−−最後に、『カメオ』をずっと待っていた日本のファンも多いと思うんでうすけど、そんな彼らにメッセージをお願いします。
ジョージ 期待して待っていてくれたみなさんにとって、ご褒美のようなゲームになると確信しています。このゲームと通して、非常に多くのことをゲームファンに提供できます。失望はさせません!

 

▲インタビュー会場の脇では、開発者にレクチャーを受けながら『カメオ』を遊ぶことができた。

 

【X05】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『バイオハザード RE:2』&『キングダム ハーツIII』発売直前特集! 2018年クロスレビュー総まとめPart2も!!(2019年1月17日発売号)【今週の週刊ファミ通】

本日(2019年1月17日)発売の週刊ファミ通2019年1月31日号の表紙を飾るのは、カプコンから2019年1月25日に発売予定のプレイステーション4/Xbox One/PC用サバイバルホラー最新作『バイオハザード RE:2』。悪夢に翻弄される4人のキャラクター、レオン、クレア、エイダ、シェリーの表紙が目印です。

FPS『メトロ エクソダス』海外試遊イベントから“カスピ砂漠”エリアのプレイリポートをお届け。セミオープンワールド化で廃墟探索がより面白く!

2月15日発売予定のFPS『メトロ エクソダス』の新エリア“カスピ砂漠”のプレイリポートをお届け。システム面の変化などもまとめて紹介。

『黒い砂漠』最大50人によるバトルロイヤルモード“影の戦場”が実装

2019年1月16日、ゲームオンはPC用オンラインRPG『黒い砂漠』において、バトルロイヤルモード“影の戦場”を実装した。

『World of Tanks』年の始めにレッツバトル! 珍プレー好プレー満載の“紅白WoT合戦”をリポート

2019年1月13日、『World of Tanks』のオフラインイベント“紅白WoT合戦”が開催された。バトルイベントや併催大会で盛り上がった会場の模様をお届けする。

『Strange Telephone』1月21日より配信決定、Ver.2.0によりエンディングやアイテムなどが大幅に追加され、より楽しめるように

“PLAYISM”は、2019年1月21日よりSteam/PC版『Strange Telephone(ストレンジテレフォン)』を配信開始することを決定した。

無線接続&高速充電対応のマウス“Rival 650 Wireless”とBluetooth対応ヘッドセット“Arctis 3 Bluetooth”が登場!

SteelSeriesより、無線接続に対応、USBによる高速充電機能を備えたワイヤレスゲーミングマウス“Rival 650 Wireless”と、Bluetoothおよびアナログ接続対応のゲーミングヘッドセット“Arctis 3 Bluetooth 2019 Edition”が登場。

文化系ボンクラたちが世界を救う? インディーRPG『YIIK: A Postmodern RPG』が1月31日にPS4/Switchで国内配信決定

海外インディースタジオによるRPG『YIIK: A Postmodern RPG』が1月31日にPS4/Switchで国内配信決定。PC版も同日にアップデートで日本語を追加予定。

『キングダム ハーツIII』一夜限りの120秒スペシャルCMが1月17日にテレビ放映決定!

スクウェア・エニックスは、2019年1月25日発売予定のプレイステーション4およびXbox One用ソフト『キングダム ハーツ III』の発売を記念して、2019年1月17日に120秒のスペシャルCM(プレイステーション4 Ver.)をテレビ放映することを発表した。

『メイプルストーリー』大型アップデート“Black Mage”Final“最終決戦”実施、暗黒の魔法使いとの最後の戦いが幕を開ける!

2019年1月16日、ネクソンは2Dアクションオンラインゲーム『メイプルストーリー』において、超大型アップデート“Black Mage”Final“最終決戦”を実施した。

『NBA 2K』シリーズの発売元・2Kと、NBA、NBPAがパートナーシップの延長契約を発表

2K、NBA、NBPAは、NBA公認バスケットボールゲームシリーズ『NBA 2K』の成功をうけ、三者によるパートナーシップの契約を延長することを発表した。