携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 20年の歩み、ゲーム業界はここまで大きくなった

20年の歩み、ゲーム業界はここまで大きくなった
データで見るゲーム市場

2005/7/15

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●2005年上半期の家庭用ゲーム市場は、ハード好調で前年比3.6%増

 

 2005年も折り返し地点を過ぎた。2005年の上半期(1〜6月)の家庭用ゲーム市場規模は、ハードが730.5億円(前年同期比150.7%)、ソフトが1340.9億円(同88.5%)、合計すると2071.4億円(同103.6%)となっている。昨年末に発売されたニンテンドーDSとプレイステーション・ポータブル(PSP)が年明けも順調に販売台数を伸ばしており、ハード市場を活性化した結果が現れたと言えるだろう。

 

 2005年下半期も、ハードでは年末にXbox 360の発売が予定されているほか、ソフトも8月に『ワールドサッカー ウイニングイレブン9』などビッグタイトルが登場する。さらに、2005年度発売予定の『ファイナルファンタジーXII』など、まだ発売日がはっきり決まっていないソフトの動き次第では、上半期は前年に比べマイナスとなったソフト市場の巻き返しも期待できる。2005年後半のゲーム業界も目が離せない展開となりそうだ。

 

●18年でおよそ1.5倍の規模に成長したゲーム業界

 

 任天堂がファミリーコンピュータを1983年7月15日に発売してから、ちょうど22年になる。家庭用ゲーム業界も、かれこれ20年以上の歴史を積み重ねてきたわけだ。今回の「データで見るゲーム市場」では、このゲーム業界の歩みを市場規模の推移(ハード・ソフトの合計)で振り返ってみたい。週刊ファミ通(当時はもちろん「ファミコン通信」だった)が創刊した1987年から18年分の推移が、以下のグラフだ。

 

 【1987-2004 日本のゲーム市場規模推移】

1987-2004ゲーム市場規模

 

 ※第1章「2004年 国内ゲーム市場の動向」の「ゲーム市場規模の推移(1987〜2004年)」(p43)より抜粋。1987〜1995年は週刊ファミ通の情報を元に推定、1996年以降はf-ismの集計データです。

 


 ファミコンの発売から3年後、1987年の市場規模は約3000億円。最近の市場から見ると、およそ7割の規模でしかない。それから5年後、スーパーファミコンの発売から3年目の1992年に4000億を突破、同様にプレイステーションとセガサターンの発売から3年目の1996年に5000億円の大台も超えるなど、めざましい成長を遂げている。基本的には、新しいハードが発売され、そのハードに対応したソフトが充実することによって、市場が成長するという循環ができあがっていた。

 

 しかし、転機はすぐに訪れる。翌年の1997年をピークに、1998・1999年と市場は徐々に落ち着きを見せ始める。1997年までの成長を支えてきたプレイステーションのマーケットが成熟するに従って、本体の普及のペースが落ち着き、そのうえハード・ソフトとも価格の下落が進んだことから、金額ベースで市場規模が減少する結果になった。

 

 その後、2000年にプレイステーション2が発売され、垂直立ち上げに成功したことから、ハードが牽引する形でいったん回復。しかし、2001年から2004年にかけては、ふたたび市場規模がじわじわと下がっている。それでも、市場全体ではマイナスとはいえ、2002年から2004年まではいずれもソフト市場が前年よりプラスとなっており、悲観する必要は全くないと言えるだろう。

 

 2004年の年末には、ニンテンドーDSやプレイステーション・ポータブルが好調なスタートを切った。2005年上半期の状況や、下半期に登場する有力なハード・ソフトを考えると、5年ぶりに市場規模が上昇に転じる可能性も決して低くはない。また実際には、このデータには含まれていないオンラインや携帯電話ゲームの市場が成長しているだけに、広い意味でのゲーム市場規模は、もっと大きくなっているはずだ。

 

(エンターブレイン マーケティング企画部)

 

 

「ファミ通ゲーム白書2005」の第5章「拡散するゲーム業界」では、オンラインや携帯電話など、従来の家庭用ゲームの枠にとらわれない市場規模のデータをはじめ、拡散するゲーム業界の動向をいち早くキャッチできるデータを満載している。「ファミ通ゲーム白書2005」に興味のある方は、こちらまでどうぞ。

 

 

ファミ通ゲーム白書2005(アマゾンで購入

編集

エンターブレイン マーケティング企画部

ISBN

4-7577-2307-5

発売日

2005年5月13日 

価格

2万8000円[税込]

判型

A4判 / 平綴じ

ページ数

448ページ(カラー16P、2色432P)

 

データで見るゲーム市場の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

アニメ『ログ・ホライズン』5年ぶりの新作。『円卓崩壊』Eテレにて2020年10月スタート決定!

人気小説『ログ・ホライズン』の5年ぶりのアニメ化となる、『ログ・ホライズン 円卓崩壊』が、Eテレにて2020年10月に放送される。

皇帝にLD武器が実装!『ディシディアFF オペラオムニア』最新情報

スマホアプリ『ディシディアFF オペラオムニア』に参戦している皇帝にLD(リミテッド)武器が実装される。本稿では、アップデート(2020年1月22日)時点での性能を解説する。

『キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONS』が2020年に発売決定! 約10年ぶりの家庭用ゲーム機向けタイトルはサッカーアクションゲーム

本日2020年1月22日(水)、プレイステーション4、Nintendo Switch用ソフト『キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONS』の発売が決定したことが発表され、公式サイト&ファーストトレーラーが公開された。

アタッシュケースサイズの配信スタジオ“PlatCast”や165Hzゲーミングモニターをアイ・オー・データ機器が発表

2020年1月21日、PC周辺機器メーカーのアイ・オー・データ機器は新製品(サービス)発表会を開催した。

『鬼滅の刃』“鬼滅ラヂヲ” 特別編の公開録音が2月15日に開催決定

イベント“アニメ・ゲームフェス NAGOYA2020”のメインステージにて、テレビアニメ『鬼滅の刃』公式ラジオ番組“鬼滅ラヂヲ”特別編の公開録音が開催されることが明らかになった。

【今日は何の日?】『街』がセガサターンで発売。窪塚洋介など若き日の有名人が多数登場の実写サウンドノベル

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。1998年1月22日は、『街』が発売された日です。

名作FPS『ハーフライフ』シリーズ4作が期間限定の無料プレイ開始。3月発売のVRスピンオフ発売までに予習復習するしかない!

名作FPS『ハーフライフ』シリーズが、3月のVRスピンオフ『Half-Life: Alyx』の発売まで無料プレイ可能に。

テレビアニメ『イエスタデイをうたって』4月4日より放送開始! 小林親弘さんや宮本侑芽さんらメインキャスト4名&キービジュアルも解禁!!

テレビアニメ『イエスタデイをうたって』が2020年4月4日深夜1時30分より、テレビ朝日の深夜アニメ枠“NUMAnimation”にて放送することが発表された。また、放送開始に先駆けて、キービジュアルおよびメインキャスト4名も公開された。

映画『ソニック・ザ・ムービー』ソニック役は中川大志に決定! 恩師と慕う山寺宏一も「大志は“たいし”たもんだ」と演技に太鼓判!

2020年3月27日より全国で上映予定の映画『ソニック・ザ・ムービー』について、日本語吹替版のキャストが公開された。主人公・ソニック役は中川大志に!

『Doom Eternal』地獄のデーモンが泣いて逃げ出す、過激でメタルで極端な最凶FPS! 海外イベントでガッツリ遊んだプレビューをお届け

ベセスダ・ソフトワークスが、2020年3月26日にプレイステーション4/Xbox One/PCで発売予定のFPS『Doom Eternal』を紹介。