携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 【PS Meeting2004】PlayStation Awardsも盛大に開催

【PS Meeting2004】PlayStation Awardsも盛大に開催

2004/7/12

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●創業の立役者が壇上に勢揃い!!

 

 本日(7月12日)開催されたPlayStation Meetingの終了後、同じ会場内の別室で、プレイステーション2用のヒットタイトルを表彰するPlayStation Awards(プレイステーション・アワード)2004が開催された。
 

 今回のPlayStation Awardsは、初代プレイステーションが発売された'94年12月3日から数えて10周年という記念すべき会となった。そこで冒頭に、プレイステーションの誕生に中心的役割を果たした5人の創業メンバーが壇上に! 

 

▲左から、高橋氏、徳中氏、丸山氏、佐藤氏、久夛良木氏の5名だ。

 

 

ポニーキャニオン洋楽部部長 高橋裕二氏(当時はSCE取締役業務部部長)
「よくぞ、こんな歴史的なハードの立ち上げに参加できたものだと思う。スクウェアさんと初めて契約書を交わしたとき、契約書の1文字がはみ出していたことを懐かしく思います」

 

 

ソニー・ファイナンシャル・ホールディングス代表取締役社長 徳中暉久(当時はSCE代表取締役副社長)
「当時はまさかこんなに売れるとは思っても見なかった。金融業をやることになって、青山(SCEの所在地)に戻ってきましたので、よろしく」

 

 

SCE取締役 丸山茂雄(当時はSCE代表取締役副社長)
「プレイステーションの発売当初、"目指せ100万台"という標語を掲げていましたが、100万台売らなければ、発注した半導体が余って会社がつぶれていたところでした」

 

 

SCE代表取締役副社長兼COO 佐藤明(当時はSCE取締役制作部部長)
「某ソフトメーカーの方に"止めたほうがいいよ"と言われました。いまにして思えばよく売れたなあと思います」

 

 

SCE代表取締役社長兼CEO 久夛良木健(当時はSCE取締役開発部部長)
「当時はこの5人で全国をまわりました。いまでもよく集まっていますけどね。最初にIC(中央集積回路)を130万個注文するときに、徳中さんの手が震えていたのを思い出します」

 

 いまやプレイステーション、プレイステーション2合わせて1億7000万台の累計出荷台数を記録し、家庭用ゲーム機としては空前絶後のヒットを達成した同社だが、結成当事はこんなにも状況が違っていたのかと、改めて思い知らされる。

 

●豊作だった2004年前半を反映した華やかな表彰式に


 5人による挨拶のあと、いよいよ受賞作の発表に。50万本以上のヒットを達成しゴールド・プライズに輝いたのは下記の11タイトルだ。

 

▲昨年後半から今年前半のヒット作のプロデューサーがずらり勢揃い。

 

◆ゴールド・プライズ(累計販売本数50万本以上)の輝いたタイトル◆

タイトル

発売メーカー

発売日

J.LEAGUEプロサッカークラブをつくろう! 3 

セガ

2003年6月5日

実況パワフルプロ野球10

コナミ

2003年7月17日

機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙

バンダイ

2003年9月4日

真・三國無双3 猛将伝

コーエー

2003年9月25日

太鼓の達人 あっぱれ三代目

ナムコ

2003年10月30日

グランツーリスモ4 "プロローグ"版

SCE

2003年12月4日

機動戦士Zガンダム エゥーゴvs.ティターンズ

バンダイ

2003年12月4日

ドラゴンボールZ 2

バンダイ

2月5日

ワールドサッカー ウイニングイレブン7 インターナショナル

コナミ

2月19日

鬼武者3

カプコン

2月26日

ダービースタリオン04

エンターブレイン

4月22日


 また、100万本以上の累計出荷を記録したタイトルにはプラチナ・プライズが与えられた。

 

▲プラチナ・プライズのプレゼンテーターは久夛良木氏みずからが行ったのだ。

 

ワールドサッカーウイニングイレブン7

コナミ

2003年8月7日発売

『6』でもプラチナ・プライズをいただいたんですが、あれはワールドカップの後押しがあったからだと思います。今回、初めて『ウイイレ』がミリオンタイトルという"格"を手に入れたのだと感じています。(コナミ プロデューサー 高塚新吾氏)

 

みんなのGOLF4

SCE

2003年11月27日発売

またこの場に立てました。このプロジェクトに携わったみなさんに感謝です。『みんなの』と名付ける限り、この場に立てるようにがんばります。(SCE 第1制作部エグゼクティブプロデューサー 小林康秀氏)

 

戦国無双

コーエー

2月11日発売

昨年のPlayStation Meetingで発表したときにはまさかこの場に立てるとは、夢にも思いませんでした。現在は、みなさまの意見を反映して、次回作を作っているところです。(コーエー プロデューサー 杉山芳樹)

 

ドラゴンクエスト? 天空の花嫁

スクウェア・エニックス

3月25日発売

『?』は人生を経験してもらおうと思って作ったタイトルでしたが、ラスボスの印象など、甘い部分もありました。その点がプレイステーション2版では改良されているので、『?』はプレイステーション2で完成した作品なんです。(アーマープロジェクト 堀井雄二)


 締めくくりには、SCE代表取締役社長兼CEOの久夛良木健氏と、取締役の丸山茂雄氏が登場。久夛良木氏は、「今後もすばらしいソフトが作られ、世界中の人々を感動させていくことでしょう。ゲームというものがすべてのエンターテイメントの先端で、もっとも元気があることを確認して、ともに市場を作っていきましょう」と、コメント。丸山氏は「いま話題になっているプロ野球もプレイステーションも"場"にすぎません。活かすも殺すもソフトや選手しだいです。どちらも、エンターテインメントに思い入れを持っている人が経営をやらないと、違うものになっていしまいます」とコメントしていたぞ。


 会場はソフトメーカーのクリエーターやスタッフなどで大混雑。プレイステーションアワードは今回も盛大に行われたのだ。大作ソフトやPSPの発売など、今年後半も話題に事欠かないプレイステーション陣営が、ゲーム業界をリードしていくことを確信させてくれる内容だったぞ。

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『スパロボT』、『真(チェンジ!!)ゲッターロボ』や『楽園追放』などの戦闘シーンが公開。オリジナル主人公&主人公メカの情報も明らかに

バンダイナムコエンターテインメントは、2019年3月20日発売予定のプレイステーション4、Nintendo Switch用ソフト『スーパーロボット大戦T』について、参戦作品の新規戦闘シーンを公開。合わせて、本作オリジナル主人公と主人公メカの情報などを明らかにしている。

『リーグ・オブ・レジェンド』新CMが完全に日本アニメ! 監督は山下清悟氏で、ピーエーワークスが制作

山下清悟監督、ピーエーワークス制作による『リーグ・オブ・レジェンド』の新プロモーション動画が公開中。

『戦国無双4 DX』石田三成のイラストを使用したエビテン限定特典“掛け軸風B3タペストリー”のデザインが公開!

ECサイトのエビテン[ebten]は、2019年3月14日発売予定のプレイステーション4、Nintendo Switch用ソフト『戦国無双4 DX』において、石田三成のイラストを使用したエビテン限定特典の掛け軸風B3タペストリーのデザインを公開した。

『ネルケと伝説の錬金術士たち』ゲーム内に収録されるアバンタイトルムービーが公開! TGS2018で公開されたムービーの完全版

コーエーテクモゲームスは、2019年1月31日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita、Nintendo Switch用ソフト『ネルケと伝説の錬金術士たち 〜新たな大地のアトリエ〜』について、ゲーム内に収録されているアバンタイトルムービーを公開した。

『真・三國無双8』周瑜“IFの物語”が体験できる“追加IFシナリオセット”の紹介動画が公開!

コーエーテクモゲームスは、プレイステーション4、Steam用ソフト『真・三國無双8』において、周瑜の“IFの物語”が体験できる“追加IFシナリオセット”の紹介動画を公開した。

世界初!? 格闘ゲーマー専門の写真展“FIGHTING GAME COMMUNITY”が2月1日より開催

格闘ゲーム専門のフォトグラファー大須晶氏による、世界初となる格闘ゲーマーの写真展“FIGHTING GAME COMMUNITY”が、2019年2月1日〜2月28日の期間、東京都中野の“Red Bull Gaming Sphere Tokyo”にて開催される。

『機動戦士ガンダム』40周年を記念して、ガンダムゲームがお得に購入できる“ガンダムゲームダウンロード版キャンペーン”が1月31日より開始

バンダイナムコエンターテインメントは、テレビアニメ『機動戦士ガンダム』放映から40周年を記念して、“ガンダムゲーム”がお得に購入できる“ガンダムゲームダウンロード版キャンペーン”を2019年1月31日より開始する。

『レインボーシックス シージ』“闘会議2019”にてパーカーを先行販売 PS4版オフライン大会は2月27日14時よりスタート

ユービーアイソフトは、発売中のタクティカルシューター『レインボーシックス シージ』について、2019年1月26日(土)〜27日(日)に幕張メッセで開催される“JAEPO×闘会議 2019”にて先行販売アイテムを含むグッズ販売を行うことを発表した。

『ラングリッサーI&II』体験版が2月7日より配信開始。『I』では1面〜3面、『II』では4面〜6面までのステージがプレイ可能

キャラアニは、角川ゲームスより2019年4月18日発売予定のプレイステーション4、Nintendo Switch用ソフト『ラングリッサーI&II』の体験版を、2月7日より配信することを発表した。

『Gジェネ クロスレイズ』PS4&Switch&Steamで2019年発売&第1弾PVを公開! 台北ゲームショウ2019のステージ生配信も決定

バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション4、Nintendo SwitchおよびSteam用ソフト『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』について、2019年発売予定であることと、第1弾プロモーション映像を公開した。また、2019年1月24日〜28日に台湾で行われる“台北ゲームショウ2019”でのステージの実施が決定した。