携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 期待の続編『ブリンクス2:バトル・オブ・タイム&スペース』をお披露目!

期待の続編『ブリンクス2:バトル・オブ・タイム&スペース』をお披露目!

2004/6/17

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●タムタム団でプレイできるなど、新しい要素が満載

 発表会では、期待の続編『ブリンクス2:バトル・オブ・タイム&スペース』がお披露目。関係者のまえでそのベールを脱いだぞ。プレゼンテーションには開発元のアートゥーン、大島直人氏と松本卓也氏が登壇。「本作はあまりにボリュームがあり、クオリティーにもより力を入れたいという判断からダブルディレクター体制にしました」という両氏のもと、新しくなった『ブリンクス2』が紹介された。

▲雑誌などではすでに発表されていたが、こうして映像が公の場所で公開されるのは初めての『ブリンクス2』。松本氏(左)と大島氏、ふたりの息のあった掛け合いもと、その魅力が明らかに!


 タイムコントロールという独特のシステムが好評だった前作から1年半。『ブリンクス2』になってもっとも変わったのは、前作では敵だった"時間ドロボー"のタムタム団をプレイ可能になったこと。プレイヤーはタイムスイーパーとタムタム団のストーリーを交互にプレイしながら、重層的な物語を体験していくことになる。タムタム団では、新たに"スペースコントロール(空間操作)"を駆使することになる。さらには、マルチプレイに対応することで、ふたりによる協力プレイなども可能に。ふたりプレイ時は役割分担がわかれていて、それぞれを補いあいながらゲームを進めていくのだ。

 また、本作では、プレイヤーが操作するのは"ブリンクス"ではない。前作の主人公だったブリンクスはタイムファクトリー(時間工場)のチーフに昇格し、プレイヤーはタイムスイーパーの一員として、自分だけのキャラをカスタマイズし、物語を進めていくことになるのだ。現時点では、体系や耳の形のほか、ジャケットやパンツなど多岐にわたりカスタマイズが可能になっている。

▲タイムコントロールをしてさまざまな難関を突破していく点は前作を踏襲。ただし、演出面などで大幅な進化を遂げている。

▲今回から使用可能になったタムタム団。地面にもぐったり、ワープをしたりといった空間操作を駆使する。どのような技でタイムスイーパーと闘うのかな?

▲プレイヤーキャラは自由にカスタマイズ可能。デモプレイでは、ジャケット、パンツ、ブーツ、などがカスタマイズされた。まさに世界にひとりだけのオリジナルキャラが作れる!


 「前作から進化した点は、グラフィック、物語性、キャラクターですね。前作の発売直後から、いろんな方の意見を聞きまして、"失敗した"と思われる部分にはすべて手をつけています。前作ではせっかくの時間操作をどう使ったらいいかわからない部分があったのですが、本作では"こう使ってほしい"みたいな部分をうまくアピールできたように思います」(松本氏) 

 「本作は、Xbox Liveには対応していません。それは事前にリサーチしたところ、この手のタイトルはXbox Liveでは遊ばないユーザーが多いという結果が出たからです。それならば、クオリティーアップに専念しようという結論になりました。僕らがいつも気にしているのは"挑戦"です。いま、この業界は新しいことに挑戦しづらい雰囲気がありますが、つねに新しいことに挑戦していたいと思います」(大島氏) 

 『ブリンクス2:バトル・オブ・タイム&スペース』の完成度は現時点で70パーセント程度とのこと。今年11月の発売日が待ち遠しい1作だ。 

▲ダブルディレクターという珍しい開発体制の本作。「チェックしなければならないことが山ほどあって、こういう体制になりました」とのこと。大島氏(右)が"ねこ担当"で、松本氏が"ブタ担当"とのことだ。ちなみに前作では、松本氏はメインプログラマーを担当していた。長い付き合いだけに、息もぴったり。1+1=2以上の成果は確実!

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!ボーナスエディション』スゴ腕芸人“裏切りマンキーコング”によるプレイ映像を公開

セガゲームスは、発売中のNintendo Switch用ソフト『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!ボーナスエディション』について、芸人“裏切りマンキーコング”によるプレイ映像が公開されたことを発表した。

アトラスの新しいオフィスを訪問したら、最上階からの眺望と自動販売機へのコダワリがスゴかった件!

アトラスが、セガサミーグループとともに東京・大崎へお引っ越し! 内装が整ったオフィス内の最速写真レポートをお届け。

【ストV AE】「今年はかなり自信があります」カプコンカップ直前のガチくんインタビュー

本稿では番組の見どころや目前に迫ったカプコンカップへ向ける意気込みをガチくんにうかがったぞ。

【ストV AE】「この時期はみんなモチベーションが高く、ゲームが楽しいです」カプコンカップ直前のときどインタビュー

本稿では番組の見どころや目前に迫ったカプコンカップへ向ける意気込みをときどにうかがったぞ。

esportsの今後はどうなる? JeSUが今年の活動実績と来年の予定を発表

2018年12月13日、日本eスポーツ連合(略称:JeSU)が、今後の活動について記者説明会を行った。その模様をリポートする。

『バイオハザード RE:2』の世界を覗く動画第4弾が公開、シェリーやG第一形態、孤児院などを紹介

カプコンより、2019年1月25日に発売予定のプレイステーション4、Xbox OneおよびSteam用ソフト『バイオハザード RE:2』について、動画“バイオハザード RE:2 Report”第4弾が公開された。

『ウイニングポスト9』発売日が2019年3月14日に決定! 早期購入特典はチャイナドレスやメイド服などの秘書衣装に!

コーエーテクモゲームスは、プレイステーション4、Nintendo Switch、PC用ソフト『ウイニングポスト9』の発売日を2019年3月14日に決定した。

『モンスターハンターワールド:アイスボーン』武具デザインコンテスト開催決定! ハンター武器とオトモ装備の最優秀賞作品がゲームに登場

カプコンは、プレイステーション4、PC用ソフト『モンスターハンターワールド:アイスボーン』で、武具デザインコンテストの開催を決定した。

セガがコミケ95出展情報を公開!『オンゲキ』 、『 CHUNITHM』、『maimai』などの音ゲー・オリジナルグッズやアーケードタイトルの商品を販売

セガ・インタラクティブは、2018年12月29日から開催される“コミックマーケット95”に出展にあたって、『オンゲキ』 、『CHUNITHM(チュウニズム)』、『maimai』などのオリジナルグッズをはじめ、アーケードタイトルの商品を販売することを発表した。

『DOA6』新たに“ブラッド・ウォン”と“エリオット”の参戦が決定! ふたりを紹介するショートムービーが公開

コーエーテクモゲームスは、プレイステーション4、Xbox One、Steam用ソフト『デッド オア アライブ 6』で、新たに“ブラッド・ウォン”と“エリオット”の参戦を発表した。