ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



マーベラスインタラクティブが新作発表! 『HEROES』をWii向けに開発

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●グラスホッパー・マニュファクチュアと共同開発

 マーベラスインタラクティブが新作を発表! 東京ゲームショウ2006の2日目、同社ブースにて秘密プロジェクト"Project H"の緊急発表会が開催された。発表されたのはWii用ソフト『HEROES』で、3つのゲームメーカーの共同開発によりプロジェクトは進行中だ。具体的には、マーベラスインタラクティブがプロデュース、グラスホッパー・マニファクチュアが開発、スパイクが販売を担当する。ステージに登壇したマーベラスインタラクティブの和田康宏社長は、「"Project H"と社内では呼んでいましたが、ようやくみなさんにお見せできます!」と宣告。そしてこの新タイトルの映像が公開されたのだ。

HEROES

▲独特のビジュアルで観客を圧倒。作っているのは、『キラー7』などを手がけたグラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一氏だ。


 その映像は、トゥーンシェーディングで描かれた独特の雰囲気。キャラや動きの見せかたも秀逸だ。映像公開後に登場したグラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一氏は、「『キラー7』(カプコンから発売)で使ったトゥーンシェードを使った表現の集大成」と語った。また、ゲーム内容については「バリバリのアクション」とのことで、ストーリー設定は「殺し屋の主人公が、殺し屋ランキングを10位から1位に駆け上がるために、つぎつぎとライバルに挑んでいく」(須田)という設定だ。発表会では和田氏と須田氏、さらに週刊ファミ通のバカタール加藤編集長も加わり、まるで居酒屋で行われているかのようなぶっちゃけトークが展開されていった。その一部を紹介しよう。

▲写真中央が須田氏で、右が和田氏だ。左がバカタール加藤。終始、リラックスムードでトークが続く。


須田 和田さんといっしょにこのゲームを考えているときに、どういうわけか「Wiiがいい、Wiiがいい」と言ってきたんです。最初は何でWiiなのかわからなかった。でも、あのコントローラーを見た瞬間に、"このゲームはWiiだ!"となったんです。

和田 あの時点では、Wiiについてまだ言えないことも多かったんです。すいません。
でも、このゲーム作るなら、やっぱりWiiでしょ。あのコントローラーで、ビームサーベルみたいなものを振り回して……

須田 あ、あれはビームカタナです。それだけでなく、ほかにもいろんな武器を使いますよ。バリバリのアクションなんですが、このゲームはWiiならではの操作感が楽しめます。

和田 そうそう、僕たちピンクのTシャツ着ているけど、じつはゲームにまったく関係ないわけではないんですよ。

須田 これは架空のアニメで『魔女っ子ビザールジェリー』って言います。じつは、主人公がこの『ビザールジェリー』の大ファンという設定なんです。もし『HEAROES』が売れたら、『ビザールジェリー』をマーベラスインタラクティブさんで作ってもらえますよね?

和田 作れるといいですね。 でも、そんな設定があるのもおもしろい。なんだか、須田さんらしい、独特の世界観が広がっている。

加藤 これ見てビックリしたんですよ。何より、Wiiのソフトというのがすごく意外。だって、Wiiはもっとやわらかいイメージでしょう?

須田 そうですね。任天堂さんは"家庭に敵を作らないゲーム機"を目指しているんですが、これは敵を作っちゃうでしょうね。

 
……と、こんな具合で進められていった。この会話から、開発に非常に意欲的に取り組んでいることがうかがえる。また、開発状況も順調な様子で、須田氏によると「ほとんどシナリオは完成している状態。ゲームシステムもほぼできています。これはチューニングしていけば、ものすごくおもしろくなるぞ、という手応えを感じています」とのこと。なお、発売時期については、2007年の早い時期には出したいとしている。「目標はミリオンヒット。成功させて、ぜひ『魔女っ子ビザールジェリー』を作らせてください!」と発表会を締めくくった。

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース