ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



ハードが爆発的に広がっていくための"はじまりの場"に! 世界中のXbox 360ファンが集うパーティーが開催!

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●ゲームイベントやフェイスプレートコンテストなど盛りだくさん!!

▲東京ゲームショウ 2006に合わせて、世界中のXbox 360ファンが集合。交流会が行われた。


 怒涛の東京ゲームショウ 2006の初日が終わって――その余韻も冷めやらぬ夜のこと。幕張メッセの近くにあるホテルで、"Xbox 360 World Wide Community Party"が開催された。このパーティーは、東京ゲームショウ 2006に来場する世界中のXbox 360ユーザーによる交流を目的としたもの。会場には、世界中のXbox 360ファンが集結し、さながら"Xbox 360の同級会"の趣きがあった。マイクロソフトは、ユーザーのコミュニティーを大切にしており、極めてXbox 360らしいイベントと言える。『ブルードラゴン』や『ロストオデッセイ』はもちろん大切だけど、一方で、こんな暖かいイベントもXbox 360の一面でもあるのだ。

 ほのぼのとした雰囲気でスタートした"Xbox 360 World Wide Community Party"。イベントはユーザーどうしの交流を中心としつつも、Xbox Live アーケードの即席トーナメントや『Rockstar Games presents Table Tennis(ロックスターゲームス プレゼンツ テーブルテニス)』対戦など、適宜ゲームイベントを行い会場はヒートアップ。そしてパーティーもたけなわになって、Xbox事業本部長の泉水敬氏が登壇。Xbox 360ユーザーに向けてメッセージを送ってくれたのだ。

 「いままでXbox 360を応援してくれてありがとう! Xbox 360のこれからの活動も、これからの展開も、みなさんの活力があればこそです。Xbox 360が爆発的に広がっていくために、このコミュニティーが"始まりの場"になってくれればいいなと思っています」(泉水)

▲泉水氏がファンに「Xbox 360はみなさんのおかげです」とご挨拶。


 また、今回のパーティーでは"Xbox 360 フューチャーズ"なるプロジェクトが明らかにされた。詳細は不明ながら、Xbox 360のコミュニティーをひとつに統一するものであるという。近日中には詳細が発表されるとのことだが、こちらの詳細も気になるところだ。

 こうして、"Xbox 360 World Wide Community Party"の幕は閉じた。絢爛豪華な東京ゲームショウ 2006の会場に比べれば、たしかに静かなパーティーではあったけれど、地に足のついた地道な試みとして、大いに評価したい。

▲試遊台も多数設置。ファンにはたまらない贈り物であります。ゲーム大会なども順次開催された。

 

▲11月2日に発売されることが明らかになったばかりの、Xbox Live ビジョンにより、Xbox Liveで知り合って結婚されたというカップルと話をする泉水氏。おそらくXbox Live ビジョンの画面が世に出るのははじめて。どうやら1対1でのビデオチャットとなるようだ。

 

▲会場では、フェイスプレートの装飾を競う、"フェイスプレートコンテスト"も開催。事前にインターネットで応募していたものだが、見事会場でいちばんたくさんの支持を得たのは、ファンサイトオーナーとしてもおなじみのXbox 360 MK2の藤井広大さん(右)。日本をイメージしているとか。

 

▲そのフェイスプレートコンテストには、女子高生も応募! ということはつまりXbox 360ユーザーなわけですよ(あたりまえ)。「『トップスピン2』や『エブリパーティ』で遊んでます」という彼女たちを見ていると、Xbox 360の広がりを感じないわけにはいかない。思わず泉水さんといっしょに写真を撮ってもらってしまったわけです。Xbox 360の未来は明るい!?

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース