ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



Wii用コントローラーの全貌が明らかに
【E3 2006】

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●さまざまなタイプのコントローラーや受光部も展示

 

 今回のE3の目玉のひとつが、任天堂の新ハード、Wiiの出展。E3開幕直後から任天堂ブース内に設けられたWiiの特設体験スペースには長蛇の列ができた。特設体験スペースの中に入るとまず目に入るのが、Wiiのロゴとイメージ映像。イメージ映像では、あの独特のコントローラーを回したり、振ったり、押したりとさまざまな動作により、ゲームが楽しめる様子が描かれていた。また、この向かい側には、Wii本体を含めた周辺機器がズラリ。Wiiのメインコントローラーである"Wiiリモコン"や、これまでベールに包まれていたリモコンの受光部"センサーバー"も展示されていた。

 

  まずメインとなるWiiリモコンの詳細について。Wiiリモコンは十字キーに加え、A、トリガーのようなB、+、−、Home、1、2、電源の計8個のボタンが配置。しかも、スピーカーが内蔵されていて、つまり手元からも音が聞こえてくるというわけだ。気になるWiiリモコンの電源は乾電池を使用し、充電バッテリーなどは搭載されていない。また、Wii1台に対して最大4個まで接続することができるという。こちらは本体に同梱される予定。

 

 そして、Willリモコンの拡張コントローラーとして活躍するのがヌンチャク。こちらにもモーションセンサーが搭載されており、直感的な操作が可能に。アナログタイプのコントロールスティックに、トリガータイプのCボタンとZボタンが用意されている。なお、本体には、Wiiリモコンとヌンチャクの1組が同梱される予定だ。

 

▲特設体験スペース内の中央のWiiのロゴとイメージ映像。コントローラーを持ってさまざまな動作をするひとたちが映し出されていた。

▲おもにニンテンドーゲームキューブなどレトロゲームを遊ぶためのコントローラー"クラシックコントローラー"も展示。十ボタンに加え、A、B、X、Y、-/Select、Home、+/Startの7個のボタン(デジタル入力)と、Lスティック、Rスティックのアナログスティックが配置。また、アナログ入力対応のR、Lボタンとデジタル入力のZR、ZLというじつに多数のボタンがついている。Wiiリモコンと接続してどのような効果が?

▲WiiリモコンとWii本体に標準同梱される予定の"ヌンチャク"。アナログタイプのコントロールスティックに、トリガータイプのCボタンとZボタンが用意される。そして、ヌンチャク側にもWiiリモコンと同じ3軸のモーションセンサーが内蔵されているということだ。

▲Wiiリモコンは3色展示。カラーバリエーションなどについての詳細は明らかにされていないが、ユーザーとしては発売時にも多彩な色を用意してほしいところだ。

▲参考出展されていたコントローラー"Zapper"。これはWiiリモコンと銃型のコントローラーを組み合わせたもので、ガンシューティングに最適なカタチ。Wiiリモコンの拡張性の高さがうかがえるアイテムと言えそうだ。
 

▲これがWiiリモコンの受光部"センサーバー"。テレビの上または下に置いて使うようになるという。Wiiリモコンからのポインティング(赤外線)をセンサーバーが感知する。

 


 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース