ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



【イベント】PS3『メタルギア ソリッド4』、年老いたスネークが登場する衝撃画像が公開!

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●ゲームコンセプトは"NO PLACE TO HIDE(隠れる場所はない)"
 

 コナミブースで開催された『メタルギア』シリーズのステージイベントで、プレイステーション3用ソフト『メタルギア ソリッド4(仮題)』の映像が公開。映像はなんとムービーではなく、プレイステーション3の実機で動かしたものだった!
 

 コナミブースの『メタルギア』シリーズコーナーでは、MISSION1〜MISSION7の7回のイベントを開催。『メタルギア ソリッド4(仮題)』の映像が公開されたのは、MISSION6"MGS4 ON PS3"でのことだった。
 

 イベントではステージに、小島秀夫監督と新川洋司氏が登場。まずはソニー・コンピュータエンタテインメント代表取締役社長兼グループCEOの久多良木健氏のビデオメッセージが公開。久多良木氏は、「私はめったなことでは驚かないが、『メタルギア ソリッド4(仮題)』の映像にだけは、驚かされた」と、その驚異的な映像表現を讃えていたぞ。
 

 続いて公開されたのは、小島監督いわく、「『メタルギア ソリッド4(仮題)』の"ヒントになる映像"」。これは、『メタルギア ソリッド3 スネークイーター』の名場面に、『メタルギア ソリッド2 サンズ・オブ・リバティ』の主人公、雷電が登場するもの。『4』の主人公の座を賭けて、雷電がのちのビックボス(『3』のスネーク)を倒そうとする内容だ。
 

▲映像のタイトルは『METAL GEAR RAIDEN SNAKE ERASER』だ。

▲雷電はスネーク襲撃にことごとく失敗。失敗するごとに、ファンにはおなじみの「未来が変わってしまう! タイムパラドックスだ!」というナレーションが。雷電はしまいには『3』に登場したライコフに間違えられ、大佐にひどい目に遭わされてしまうのだ。

 

▲スネークとライデンが主役の座をかけて椅子取りゲーム!?

 

 この映像は、小島プロダクションが東京ゲームショウ2005のために作った、手の込んだ冗談。この日だけのためにこれだけのものを作るとは、そのエンターテインメント精神には、感服するしかない。
 

 そしていよいよ、『メタルギア ソリッド4(仮題)』の映像が公開されたのだ。

▲『メタルギア ソリッド2 サンズ・オブ・リバティ』で語られたビッグシェルの事件から数年後が舞台。

▲小島監督は「プレイステーション3なんで、老人のほうがいいんです。若い人だと皮膚がつるつるでおもしろくないですから」とコメント。

 

▲どこかの戦場に忽然と現れた軍隊。スネークとは敵対しているのか?

 

▲完全に包囲されてしまったスネーク。敵は装甲車を中心にした大軍で、まともに戦っては勝ち目はない。そのスネークのピンチに現れたのは、あのオタコン!

 

▲オタコンに弾装をもらい、はげまされたスネークは突撃して活路を見出すことに。が、ここで映像は終了してしまう。

 

 小島監督は、この映像がムービーではなく、リアルタイムで処理されている映像であることを強調。各部分をアップにしたり、見る角度を変えたりして、そのことを示していた。その細部まで作りこまれた映像は、圧倒的な現実感。しかし、小島監督は映像はまだ完成ではないと言う。「今後は、これまで申し上げてきた"目に見えない部分"を作りこんでいく」(小島氏)とのこと。映像が完成したとき、いったいどんな驚きが待っているのか、楽しみに待とう!

 

※『メタルギア ソリッド 3 サブシスタンス』のサイトはこちら
※『メタルギア アシッド 2』のサイトはこちら
※小嶋プロダクション(『メタルギア ソリッド 4』)のサイトはこちら
 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース