ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



【ブースリポート】ナムコ、『ソウルキャリバーIII』など人気タイトルの続編が大量!

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●『ソウルキャリバーIII』、『アーバンレイン』、『みんな大好き塊魂』が人気!

 ナムコブースでは、今年の秋以降に発売されるソフトを中心に25タイトルを出展(PCソフトや映像出展を含む)。中でも人気だったのが、対戦格闘ゲームの最新作『ソウルキャリバーIII』や、対戦格闘アクション『アーバンレイン』といった対戦格闘もの。さらに、『みんな大好き塊魂』もあいかわらずの人気を誇った。上記のタイトルはいずれもプレイアブル版が出展され、好評を博していた。また、ナムコのXbox 360タイトル『フレームシティ』や『テイルズ オブ』シリーズ最新作『テイルズ オブ レジェンディア』は映像出展のみだったが、観客の注目度は高かったぞ。


▲派手なアクションと緻密な駆け引きが楽しめるシリーズだけに、試遊コーナーはアッという間に対戦場に。

 プレイステーション2用ソフトとして今秋発売予定の『ソウルキャリバーIII』は、キャラクターの姿形や武器などを自由にキャラクターメイクできるモード"キャラクタークリエイション"を追加。さらに、自分が作ったキャラクターを育てる"クロニカルソード"モードなどの新要素が用意されているぞ。なお、前作はプレイステーション2版のほか、ゲームキューブ版、Xbox版も発売されたが、本作はプレイステーション2版のみ発売されるとのことだ。
 

▲相変わらず美麗なグラフィックを誇る『ソウルキャリバーIII』。新要素が多いだけに、続報が大いに気になるところだ。


▲発表されて間もない『アーバンレイン』が早くもプレイ可能とあって、体験コーナーにはつねに人だかりができていたぞ。

 多人数参加型の格闘アクション『アーバンレイン』は『鉄拳』と『ソウルキャリバー』の開発スタッフが制作。登場キャラが60人以上用意されており、プレイヤーどうしが戦うのはもちろん、タッグを組んで協力する"チームプレイ"も可能。最大4人までチームプレイを楽しむことができるのだ。
 

▲個性豊かなキャラクターたちが60人登場する3D格闘アクションゲーム。対戦プレイやチームプレイなど自由度の高さが魅力だ。


▲北米で大ブレークした『塊魂』の最新作『みんな大好き塊魂』。ちなみに北米版は『We Love Katamari』というタイトルで発売されるのだ。

 『みんな大好き塊魂』は、日本はもちろん、北米でも話題になった『塊魂』の続編。水中や雪山などの新しい環境が用意されたほか、協力しながら魂を大きくしていく"協力プレイ"が可能になったぞ。

●Xbox 360用ソフト『フレームシティ』を映像で出展!

 ナムコ初のXbox 360用ソフトとなる『フレームシティ』は、映像出展という形で公開され、注目を集めていたぞ。ここでは、E3で公開された映像をまとめてお届けしよう!

 

▲ナムコがXbox 360用に開発中のオリジナルタイトル『フレームシティ』。技術力には定評のあるナムコが手がけるソフトだけに、どんなソフトに仕上がるのか気になるところだ。


ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース