ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



【任天堂】ラウンドテーブルにて『ゼルダの伝説 Twilight Princess』の全貌が明らかに!

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●宮本茂氏と青沼英二氏が『ゼルダの伝説 Twilight Princess』を語る!

 

▲青沼氏(左)と宮本氏(中央)が『ゼルダの伝説 Twilight Princess』について1時間以上も説明会を行ったのだ。

 

 ビックニュースが相次いだメディアブリーフィング終了後、任天堂はラウンドテーブルを開催。ラウンドテーブルとは、任天堂がメディアブリーフィングで発表したソフトについて、宮本茂氏ら開発陣が詳細を紹介する毎年恒例の説明会。今回は対象になったソフトは、メディアブリーフィングで正式タイトルが発表され、最新映像が公開された『ゼルダの伝説 Twilight Princess』と、Wi-Fiコネクションを使ったニンテンドーDS用ソフト『マリオカートDS(仮題)』、北米で未発売の『nitendogs(ニンテンドッグス)』の3タイトル。ここでは、ラウンドテーブルの模様を完全掲載! じっくりチェックしてほしい。

 

●『ゼルダの伝説 Twilight Princess』の全貌が明らかに!
 

 『ゼルダの伝説 Twilight Princess』の説明会には宮本茂氏と青沼英二氏、音楽を担当している近藤浩治氏の3名が出席。最新映像や実際のプレイを交えながら、同ソフトについて語ったのだ。今作の舞台となる村やゲームシステム、開発秘話など、多岐にわたった説明会だけに、ゲームファン必見です!

 

−−『ゼルダの伝説 Twilight Princess』における宮本さん、青沼さんそれぞれの役割を教えてください。

青沼 去年のE3の段階ではプロデューサーをやっていたのですが、制作して1年ぐらいして宮本に見せたらおなじみの"ちゃぶ台返し"がありまして(笑)。若い開発陣はそういうのに慣れていないので、現在はディレクター業が中心になりました。

宮本 ひっくり返したちゃぶ台をいっしょに片付けようと(笑)。現場に入って、青沼ができない部分のプロデュースの部分や実際の開発をやっています。いまとても楽しいですね。

−−『ゼルダの伝説 Twilight Princess』は『ゼルダの伝説 風のタクト』と雰囲気がガラッと変わりましたが、その変遷は?

青沼 『風のタクト』は、ユーザーの好き嫌いが激しい作品でしたね。発売後の反応を見てわかりました。『時のオカリナ』のほうがみなさんにウケるんだろうなぁと思いました。それで今作は、"大人のリンクを作る"のがテーマ。そのテーマに則って作ったのがいまのリンクです。さすがに『風のタクト』の雰囲気で大人のリンクを作るのは難しいですからね。

−−グラフィックだけでなく、ゲームシステムなども『風のタクト』と違うのでしょうか?

青沼 グラフィックをチェンジすると、そのグラフィックのイメージを通じて、ゲームシステムやゲームコントロールも変わります。そういう意味では『風のタクト』は成功しました。リアルだからこそ、プレイコントロールはこういう風にしようと言う風にして『風のタクト』とはまったく違う表現にしています。それは明日からのE3会場で触ってもらえばわかるんじゃないかなと思います。

−−ちゃぶ台返しは、リアリティが足りないからだったと聞いたのですが?

宮本 リアリスティックは非常に大事。ただ、グラフィックはリアルに作ることができる。だけど、インタラクティブなところをリアルにすることがいちばん大事なんです。触ってプレイすることで感じるリアリティー。そこをいま作り込んでいます。

 

 ●映像や実際のプレイを交えてシステムや世界観を説明!
 

−−『ゼルダの伝説 Twilight Princess』では馬に乗っているリンクが印象的ですが?

青沼 この馬はこれまでのシリーズでは、エボナという名で登場していますが、今作では自分で名前をつけられます。最初からパートナーになっている。壮大な世界が舞台でそこを駆け回らせたいという思いでそうすることにしました。

−−(右の画面を見ながら)この場所は? そして今作におけるリンクの立場はどんなものなのでしょう?

青沼 現在"とある村"と呼んでいる場所です。ここが今作の冒険の出発地点。通常はハイラルが冒険の舞台ですが、今回はハイラルから離れた場所から始まります。この村からハイラルに向かうという設定になっています。
 また、リンクは開発チーム用語として"カウボーイ"と呼んでいますが実際は"シェパード"という山羊飼いという設定です。 

−−物語の設定は? また、シェパードであるリンクが冒険に出るきっかけは?

青沼 今作の物語は『時のオカリナ』から数10年経った設定。『時のオカリナ』と『風のタクト』のあいだです。冒険はとある村の少年と少女がさらわれてそれを助けるというところから始まります。

−−公開されたムービーでは動物がたくさん登場していますが、動物たちとはどのように絡むのでしょう?

青沼 今作は動物がテーマと言っても過言ではありません。リンクがオオカミに変身するシーンもありましたが、リンクはオオカミに変身することによって動物たちと会話することが可能になります。動物たちと会話をすることによって冒険のヒントが得られる、なんてこともあるでしょう。

 

※『ゼルダの伝説 Twilight Princess』、バトルシーンや音楽の秘密も大公開!

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース