ファミ通.comゲームニュース>【TGS】『ラグナロク』で鬼ごっこ
■NEWS 2003/9/26


ガンホーステージリポート 『ラグナロク』の鬼ごっこゲームが発表

●そのほか5タイトルを2004年第1四半期までにリリース

ラグナロ娘

森下CEO

▲ラグナロ娘の歌が披露されるなど、華やかなステージに。
 

▲ガンホーの森下CEOが今後の展開を熱弁。
 

 会員数30万人のPC用MMORPG『ラグナロクオンライン』を運営するガンホー・オンライン・エンターテイメント(以下、ガンホー)は、今回の東京ゲームショウで初めてブースを出展。ビジネスデイの26日よりステージイベントを展開した。

 『ラグナロクオンライン』のストーリーをモチーフにしたダンスパフォーマンス"RAGNAROK ONLINE Dramatic Live Dance"で幕を開けたステージでは、ガンホーの最高執行責任者(CEO)である森下一喜氏が、今後のマルチタイトル展開をプレゼンテーション。『ラグナロク』については、Episode3.0ご近々実装されることを改めて語ったほか、新たな別タイトルとしてカジュアルオンラインゲーム『ラグナロクラン』をリリースすることを明らかにした。同ゲームは、『ラグナロクオンライン』でおなじみのキャラクターがオンライン上で鬼ごっこをするカジュアルアクションゲーム。手軽に楽しめるのが特徴とのこと。

 そのほか、MMORPGタイトルとして『Project A3』、『TANTRA』の2タイトル、手軽に遊べるカジュアルオンランゲームとして『ゲットアンプト』、『サバイバルプロジェクト』、『ワンダーラッシュ』の3タイトルをリリースすることも発表。『Project A3』は今年度中にサービスを開始し、その他のタイトルも来年度第1四半期までにサービスインの予定。ガンホーとしてマルチタイトル戦略を展開していくとのことだ。

 なお、ステージ後半には、『ラグナロクオンライン』のイメージユニット、ラグナロ娘メンバーの乾曜子と蔵野ありさが登場。新しくリリースされるオンラインゲーム群を紹介トークの後、自らが歌うインターネット放送『ラグナロク天国』主題歌の『ちゃんとチャットも恋だから』を披露し、会場を盛り上げた。



トップゲームニュースバックナンバー

インフォメーションプライバシーポリシー利用条件・免責
FAMITSU.com ©KADOKAWA CORPORATION 2015
ファミ通.comに使用されている画像は全て著作権管理ソフトで保護されています。 無断で転載、加工などを行った場合、処罰の対象となることもございます。