ファミ通.comゲームニュース
■NEWS 2003/4/27


"THE BLACK MAGES"ライブ&"半熟英雄謝肉祭"が開催!

●『FF』のバトル音楽に会場も総立ち!

▲会場にはファンがギッシリ。ロックアレンジされた『FF』のバトル音楽に多くのファンが酔いしれた!


 4月26日と27日に都内のSHIBUYA-AXで、植松伸夫氏の率いるロックバンド"THE BLACK MAGES"のライブイベントが開催された。"THE BLACK MAGES"はスクウェア・エニックスのスタッフ6人によるグループで、『ファイナルファンタジー』(以下、『FF』)シリーズからバトルシーンの楽曲を集めたアルバム『THE BLACK MAGES/黒魔道士』を2月にリリース(→関連記事)。この日はアルバム収録曲を中心に11曲(アンコール曲を含む)を演奏したのだ。

▲植松氏はキーボードを担当。ライブではMCも務めた。

▲アルバム未収録曲、"マトーヤの洞窟"のテーマ曲も披露。これには会場も大喜び。


 "THE BLACK MAGES"が奏でるハードロック調の『FF』の世界に、満員となった会場も総立ち! ライブは終始熱気を帯びたものになったのだ。ライブを終えて植松氏はつぎのようにコメントしたぞ。

 「お客さんが温かく迎えてくれて、とても演奏しやすかった。非常に楽しかったですね。メンバーはみんな自分の仕事を抱えている中、時間を作ってライブの準備をしてきました。すごくたいへんだったはず。でも、この会場の熱気を見て、みんなの努力が報われたなあ、と感じましたね。本当にやってよかったです」(植松)


 ライブ中には、「2枚目のアルバムも出したい」、「つぎのライブも行いたい」といった植松氏の発言も。今後の"THE BLACK MAGES"の活躍に期待しよう!


●ささきいさおが『半熟英雄』の主題歌を熱唱! "半熟謝肉祭"も開催

 またイベントは二部構成となっていて、ライブ開始のまえにインターネットラジオ"植松ラジヲ"の公開収録も行われた。ラジオ収録は"半熟謝肉祭"と銘打たれ、スクウェア・エニックスから6月26日に発売予定のプレイステーション2用ソフト『半熟英雄 対 3D』の話題が中心。同ソフトのプロデューサーである時田貴司氏を交えて、楽しいおしゃべりが展開されたぞ。このほかにもスペシャルゲストとして、主題歌を歌う、ささきいさおが登場。主題歌『戦え!半熟英雄』と挿入歌『黄身なしでは・・・』を歌い上げ、会場のファンを沸かせたのだ。
 

▲壇上には植松氏、ささきいさお、時田氏などが登場し、『半熟英雄』の世界を大いに語ったのだ。


▲時田氏(写真右)は「今作は、開発スタッフのテンションが上がりっぱなし。おもしろい要素をとにかく詰め込みました」とコメント。「遊んでみましたが全編ギャグ。かなり突き抜けた世界観ですよ」と植松氏(左)。

▲ささきいさおが『半熟英雄』の世界を熱唱。なお、この主題歌と挿入歌を収めた、マキシシングル『戦え!半熟英雄/黄身なしでは…』がデジキューブから発売されているぞ。



 なお、"植松ラジヲ"はスクウェア・エニックスの公式サイト内で聴くことができる。"半熟謝肉祭"の模様は5月15日に公開される予定とのこと。


※"THE BLACK MAGES"公式サイトはこちら
※"植松ラジヲ"についてはこちら
※スクウェア・エニックス公式ホームページはこちら
※関連記事はこちら 



トップゲームニュースバックナンバー

インフォメーションプライバシーポリシー利用条件・免責
FAMITSU.com ©KADOKAWA CORPORATION 2015
ファミ通.comに使用されている画像は全て著作権管理ソフトで保護されています。 無断で転載、加工などを行った場合、処罰の対象となることもございます。