携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> いろんな意味で究極の癒しゲーム『flOw(仮題)』に注目!

いろんな意味で究極の癒しゲーム『flOw(仮題)』に注目!

2006/9/24

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ネット配信タイトル第1弾? 

▲ひたすら青い画面に、光の粒のような白い物体が漂っている。『flOw(仮題)』って一体どんなゲーム!?


 東京ゲームショウ2006のソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)ブースの隠し玉タイトル、『flOw(仮題)』。じつはこの作品、通常のパッケージ販売されるソフトではなく、プレイステーション3のオンライン機能を利用してネット配信されるタイトルだ。SCEブースでは、ほかのプレイステーション3用ソフトとともにプレイアブル出展されていたほか、ブースの真裏にある"eディストリビューション"(コンテンツのネット流通)のコーナーにもひっそりと展示されていた。その気になる内容はというと、SCEの東京ゲームショウ2006公式パンフレットによれば、"ジャンル:未定、発売日:未定、価格:未定"と、未定づくし……。これは触ってみなければわからない、ということで、体験してきました。


 このゲームはアナログコントローラーでも操作可能だが、コントローラーの傾きを感知する6軸検出システムにも対応している。体験してみた限りではボタン操作は一切なく、上下左右に物体を動かすだけでゲームが進行する。その操作する物体は、深海の微生物、もしくは原始の生物のような形状で、頭の部分が大きな口になっており、鎖状の体が連なっている。舞台は、真っ青な海(?)。丸く光る微生物を食べることで鎖状の体の模様が変化していき、時折現れる赤い微生物を食べるとさらに深海へと潜っていく。


▲コントローラーを傾けて操作しているところ。アナログスティックを使うよりも没入感があってグッド。


 これだけを読むと一体何が目的のゲームなのかと思われるだろうが、そのテーマは間違いなく"癒し"。プレイ中はヘッドフォンから水中にいるような音が聞こえ、物体のスピードも速すぎず遅すぎず、心地よいリズムで流れていく。そして、微生物を食べたときの画面に広がる波紋のような光といったら! 太古の海に潜っているような、新しいけれど懐かしい不思議な感覚すらしてくるのだ。


▲最初は真っ青な海なのだが、真ん中が赤く光っている微生物を食べるとどんどん深海へと潜っていき、辺りは徐々に真っ暗に。ちなみに、画面いちばん下のクラゲのような物体は敵で、これに触れると浅い海へと戻されてしまった。


 SCE広報に聞くと、このタイトルについてネット配信される予定という以外に現段階では明かせる情報はないとのこと。配信時期や価格が気になるところだが、「プレイステーション3のネットワークサービスは本体発売と同時に、当面のあいだはサービス料無料でスタートさせたい」と、2006年3月15日に行われたPS Business Briefing 2006 Marchの中でSCEの久夛良木健社長がコメントしている。その不思議系のゲーム内容とともに、『flOw(仮題)』がいつどんな形でリリースされるのかも要注目だ。

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『プロジェクト・ニンバス:コンプリート・エディション』リマスター版配信開始。操作性やグラフィック向上によりハイスペックPCにも対応

GameTomoは、PC(Steam)用ソフト『プロジェクト・ニンバス:コンプリート・エディション』リマスター版の全世界同時配信を開始した。

『バイオハザード』の世界観をVRで体感!?『BIOHAZARD VALIANT RAID』が7月19日にプラサカプコン池袋店に登場!

2019年7月19日にグランドオープン予定の“プラサカプコン池袋店”において、『バイオハザード』の世界観を体感できる『BIOHAZARD VALIANT RAID(バイオハザード バリアントレイド)』がオープンと同時に稼働開始。

『リーグ・オブ・レジェンド』新モード“チームファイト タクティクス(TFT)”が日本サーバーに実装

2019年6月26日、ライアットゲームズはPC用オンライン対戦ゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』において、新モード“チームファイト タクティクス”を日本サーバーに実装した。

“ディライトワークスインディーズ”はともに飛び立つ仲間を求めている。キーパーソンが明かすインディーゲーム戦略

ディライトワークスが立ち上げたインディーゲームブランド“ディライトワークスインディーズ”。BitSummit 7 Spiritsのステージイベントとそのあとに行ったインタビューから同社のインディーゲーム戦略を紐解く。

『SAMURAI SPIRITS』“首斬り破沙羅”“風間火月”“王虎”がDLCキャラクターとして配信が決定!個性豊かな4人の剣客が参戦

『SAMURAI SPIRITS』に、DLCキャラクターとして“首斬り破沙羅”“風間火月”“王虎”が配信されることが決定した。

『シノアリス』2周年“金欲祭”第3弾として『ドラッグ オン ドラグーン3』復刻コラボ開催!新たにトウやスリイら、4キャラクターが登場

『SINoALICE(シノアリス)』にて、2周年“金欲祭”第3弾として復刻リニューアルされた“ドラッグ オン ドラグーン3”とのコラボが開催された。

【アンケート】“ゲーム音楽 最高の1曲”と、その思い出を教えてください! あなたの記憶に刻まれているメロディーは何?

週刊ファミ通は、2019年8月15日増刊号(2019年8月1日発売)にて、通巻1600号を迎えます。これを記念し、ゲーム音楽の大特集を掲載予定! この特集の企画として、皆さんの“ゲーム音楽 最高の1曲”を募集します。

E3 2019のベストゲームを選ぶ“Game Critics Awards: Best of E3 2019”のノミネート作が発表。『FF7 リメイク』や『ルイージマンション3』などが複数賞の候補に

E3 2019に出展されたタイトルの中から、ファミ通を含む世界64のメディアがすぐれたタイトルを選出する“Game Critics Awards: Best of E3 2019”。そのノミネート作が発表された。

【天津 向さんにコメントいただきました!】『チェイサーゲーム』レターボックスvol.15

超リアルなゲーム業界お仕事マンガ『チェイサーゲーム』を業界関係者・著名人に読んでいただき、率直な感想コメントをいただきました!

『モンハン』の人気モンスターを忠実にフィギュア化した“カプコンフィギュアビルダー”がベスト版に。ラオシャンロンやディアブロスなど6体がお目見え

“カプコンフィギュアビルダー モンスターハンター スタンダードモデル Plus THE BEST 〜Vol.7・8〜”のベスト版が2019年6月25日に発売された。