携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 【プレイリポート】『ブルードラゴン』(Xbox 360) Text by フランソワ林

【プレイリポート】『ブルードラゴン』(Xbox 360) Text by フランソワ林

2006/9/23

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

 

 『ブルードラゴン』はミストウォーカー代表の坂口博信氏が制作・総指揮を務め、鳥山明氏がキャラクターデザイン、植松伸夫氏が音楽を手掛けるXbox 360用RPG。発売日は2006年12月7日。『ファイナルファンタジー』の生みの親である坂口氏の久しぶりの新作だけに、ハードを牽引するキラータイトルとして注目を集めている。

 今回の東京ゲームショウでは、クローズド形式の専用スペースで本作をプレイすることが可能(プレイ時間は約15分)。2種類のセーブデータが用意されており、どちらかひとつを選んで遊ぶことになる。ひとつは要塞内部から始まるデータで、イベントシーン、戦闘、メカット(飛空挺)を操作するミニゲーム(フライトシューティング)を楽しめる。もうひとつはフィールドから始まるデータで、自由に戦闘を行える仕様だ。

 さて、プレイした感想だが、まず目を奪われるのはグラフィックの質感。イベントから戦闘まで、本作のグラフィックはクレイアニメーション調で統一されている。このデキがとにかくすばらしく、まるで手で触れられるかのような印象を受ける。鳥山明氏のキャラクターも見事に表現されており、違和感をまるで感じない。一見、次世代機らしくないと感じるかもしれないが、むしろ、次世代機だからこそ実現できたグラフィックだ。

 戦闘シーンでは、各キャラクター固有の"影"を操作して、コマンド選択式のバトルをくり広げる。スキルや魔法の演出はとにかく派手で爽快。その種類も多彩で、初プレイだけに選ぶ楽しさと見る楽しさがたっぷり味わえる。敵キャラクターの細かな動きも見ていて飽きない。また、特定の攻撃や魔法は"溜める"ことが可能で、溜め加減により、攻撃ターンの順番が遅くなる仕様。ここに戦略性が生まれることになりそうだ。ただ、本作の戦闘の肝は、戦闘の前段階にある。ソードやアサシンなど、影の特性(職業のようなもの)を自由に変更することができ、さらに、多種多様なスキルのセッティングもプレイヤーが任意で行える。つまり、プレイヤー次第で"影"の個性がガラリと変わり、戦闘の難度も変化するというわけ。東京ゲームショウバージョンでも、このあたりの仕様は確認することができるので、ぜひ、カスタマイズ要素の多さに驚いてほしい。

 ちなみに、移動を始めとするキャラクターの操作感も良好。声優のボイスもドラマシーンを盛り上げる。こういった基礎の部分は、ほぼ完璧にできているといっていいだろう。

 最後にひとつだけ注意。プレスデーとなった東京ゲームショウ初日から、『ブルードラゴン』の体験コーナーには90分待ちの長蛇の列ができていた。土曜、日曜はさらに長い列ができるはずなので、覚悟しておいたほうがいい。それでも、この作品には、長時間並んで遊ぶだけの価値がある。リアルに再現された鳥山明氏が描く世界を、そしてやり込み要素たっぷりの戦闘システムを、ぜひ体験してみてほしい。ちなみに個人的には、戦闘、ドラマシーン、ミニゲームが凝縮された、要塞から始まるセーブデータの選択をオススメする。とくに濃厚なドラマシーンは必見だ。  

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『FF7』サントラ、『FINAL FANTAS Y VII ORIGINAL SOUNDTRACK REVIVAL DISC』のジャケット画像&特典ポストカードデザインが公開

2019年7月24日発売予定の『ファイナルファンタジーVII』映像付サウンドトラック『FINAL FANTASY VII ORIGINAL SOUNDTRACK REVIVAL DISC【映像付サントラ/Blu ray Disc Music】 』の新情報が公開。

191ヵ国で競い合う!『ソニック AT 東京2020オリンピックTM』の詳細を深掘り。ディレクター・笠原英伍氏にインタビュー【E3 2019】

2019年6月11日〜13日(現地時間)の期間、アメリカ・ロサンゼルスで開催されたE3 2019にて、2020年春配信予定の『ソニック AT 東京2020オリンピックTM』のディレクター・笠原英伍氏にインタビュー。本作の展開についてを詳細を訊く。

「本作を遊んで、東京2020オリンピックをより楽しんでほしい」『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピックTM』プロデューサー・大橋宜哉氏インタビュー【E3 2019】

2019年6月11日〜13日(現地時間)の期間、アメリカ・ロサンゼルスで開催されたE3 2019にて、2019年11月発売予定の『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピックTM』のプロデューサー・大橋宜哉氏にインタビュー。本作の魅力を訊く。

『ミリシタ』2周年を30ページにわたる多彩な企画でお祝い! 世界が注目の海外タイトル『サイバーパンク2077』&『キングダムカム・デリバランス』特集!!(2019年6月27日発売号)【今週の週刊ファミ通】

本日(2019年6月27日)発売の週刊ファミ通2019年7月11日号の表紙を飾るのは、スマートフォンで配信中の人気ゲーム『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』。新衣装“ルミエール・パピヨン”に身を包んだ、全52人のアイドルたちが描かれた表紙が目印です。

『トロピコ 6』国内でも発売決定! リードレベルデザイナーに本作の魅力を聞く【E3 2019】

2019年6月11日〜13日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスで開催される世界最大のゲーム見本市“E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2019”が開催された。Kalypso社の独裁国家運営シミュレーション『トロピコ 6』について、リードレベルデザイナーのMark Mussler氏にお話をうかがった。

『メタルギア サヴァイブ』のワンダラーを1/6スケールで再現したスタチューが登場!【プレゼントあり】

いまにも動き出しそうな『メタルギア サヴァイブ』のワンダラーのフィギュアが登場。ゲームファンのみならず、フィギュア好きも要注目の製品を紹介! このページから同製品のプレゼントにも応募可能だ!  

週刊ファミ通をTSUTAYAで買うと、『艦これ』限定イラストカードがもらえる! キャンペーン実施中(2019年6月27日発売号)

週刊ファミ通2019年7月11日号(2019年6月27日発売)をTSUTAYAの対象店舗で購入すると、『艦隊これくしょん -艦これ-』イラストカードがもらえます。

『進撃の巨人2 -Final Battle-』(Switch、PS4)プレイレビュー。『進撃』ファンの兵士諸君! プレイ時間を捧げよ!!

2019年7月4日発売予定のNintendo Switch、プレイステーション4用ソフト『進撃の巨人2 -Final Battle-』。『進撃の巨人2』をベースに、新たな物語や新モードが追加された本作を担当ライターがプレイレビュー。

『サムライスピリッツ』連続レビュー第3弾。“サムスピ道場”公式大会優勝編集者が、対戦の醍醐味を語る!

2019年6月27日に発売を迎える、シリーズ最新作『SAMURAI SPIRITS(サムライスピリッツ)』の連続レビュー第3弾。今回は、公式大会覇者である豊泉三兄弟(次男)が戦いの醍醐味を濃密にレクチャー!

【ソフト&ハード週間販売数】『妖怪ウォッチ4』が15万本で初登場1位! 約2ヵ月ぶりの週販10万本超えタイトルに【6/17〜6/23】

ファミ通が発表した、2019年6月17日〜2019年6月23日のゲームソフト&ハード週間推定販売数まとめをお届け。