携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『MONSTER KINGDOM UNKNOWN REALMS(仮題)』はプレイステーション3の6軸検出コントローラーを活用!

『MONSTER KINGDOM UNKNOWN REALMS(仮題)』はプレイステーション3の6軸検出コントローラーを活用!

2006/9/22

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●岡本吉起氏に聞いた『UNKNOWN REALMS』とは?

 プレイステーション3のビッグタイトルがひしめき合い、行くも戻るも困難なソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)ブース。ビジネスデーの9月22日は、開発者本人がブース内でユーザーのプレイをチェックしながら、報道陣の質問に答えてくれた。そのひとつ、『MONSTER KINGDOM UNKNOWN REALMS(仮題)』のコーナーで、ゲームリパブリックのプロデューサー、岡本吉起氏とディレクターを務める醤野貴至氏を発見。「聞かれたら全部答えるけど、まだ公開できないことはSCEさんに聞いてね」と、はなから岡本節炸裂のインタビューの模様をお届けするぞ。


▲岡本氏率いるゲームリパブリックは、この作品のほかに、プレイステーション3用ソフト『GENJI -神威奏乱-』も手がけている。同時進行するプロジェクトについて岡本氏は、「責任重過ぎるよ。すごく怖いけど、でも楽しみ」とコメント。


 このゲームは、7つの異世界を行ったりきたりして旅を進め、この世とあの世をつなぐ謎を解き明かしていくアクションアドベンチャー。男性と女性のふたりの主人公が設定されていて、絡み合いながらも異なるストーリーが楽しめる。とにかく色彩豊かで独特のセンスが感じられるグラフィックは、どことなくゲーム・リパブリックの代表作『GENJI』を彷彿とさせる。岡本氏は、「色彩についてはこだわった部分」と認めながらも、「いちばんきれいに見えるところをチョイスして見せてるから」と自虐コメント。醤野氏は苦笑しながら、「大人のファンタジーということを意識して描いてます。プレイステーション3ならではの映像が楽しめますよ」とフォローしていた。


▲とにかく色彩豊かで、独特の世界観を感じさせる『MONSTER KINGDOM UNKNOWN REALMS(仮題)』。


 ユーザーがプレイしている様子を見ていると、時折コントローラーが画面に映し出される。まさか、と思って岡本氏に聞くと、「そうやねん。6軸検出を使いたおしたろうと思って」とのお答え。そう、ボタンの入力ではなくコントローラーの傾きで操作する、6軸検出システムが採用されているのだ。じつは、このゲームのキモとも言えるモンスターの魂を吸収するというアクションとこの操作方法は密接に結びついている。

 「主人公は、フォークスと呼ばれるモンスターの魂を釣り上げて、つぎのバトルからそのモンスターを召喚させることができるんですよ。モンスターの魂を抜くのに、6軸検出システムを使っています。左右の振りで魂を揺さぶらせたあと、上下の動きで魂を釣り上げます。最初は簡単に釣れますけど段々と難しくなって、あのモンスターを釣っていないとこのモンスターを倒せない、という状況も出てきます。重要なアイテムとして絵本が出てくるんですけど、その絵本にモンスターの弱点が書かれてるんですよ。それを参考にして、モンスターを集めていく感じ。なんかそういう有名なゲームがありますけど、それの大人版みたいな(笑)?」(岡本)


 プレイステーション3に6軸検出システムが採用されることが発表されたのは、今年のE3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)でのこと。じつはすでにゲームの企画を練っている段階だったのだが、「ちょうどいいんじゃないかと検討してみたら、すごくいい感触だったので」(醤野)、ゲームの根幹を成すシステムとして採用されることになったのだという。岡本氏はユーザーがこの操作方法にすぐなじむかどうかを気にしていたようで、プレイするユーザーの手元をじっくりチェックしていたのだが、「すぐに慣れてるみたいやね」とホッとした様子だった。最後に、岡本氏はファンに向けて以下のようにゲームをアピールしたぞ。


 「うちらは"ダークファンジー"って呼んでるんですけど、このゲームはプレイステーション3のユーザーと思われる高校生以上の大人向けのファンタジー作品になってます。最初は誰でも入りやすく、絵本もあるので行き詰まることもないけど、でも深みがあるっていうかね。見ているだけで私にもちょっとやらせてって言いたくなるようなゲームにしたい。ぜひたくさんの人に楽しんでもらいたいと思います」(岡本)


 

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『スーパーマリオメーカー2』でより深みを増す“つくる”と“あそぶ”。そのこだわりを手塚卓志プロデューサーに聞く【E3 2019】

2019年6月28日発売の『スーパーマリオメーカー2』。同作の魅力をプロデューサーの手塚卓志氏に聞いた。

【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2019年06月17日〜2019年06月23日

ひさびさのビッグタイトル、「妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている」が首位に

『Rain City』がSwitchに登場!絵本に入り込んだような世界観で、主人公の猫を操作し雨が降り続く街を探索

Nintendo Switch向けアドベンチャーゲーム『Rain City(レインシティ)』が、本日(2019年6月27日)より配信開始。価格は820円[税込]。

『東京2020オリンピック The Official Video Game TM』110Mハードルや走幅跳、新種目のBMXを紹介!PR大使・松田丈志さんのゲーム実況映像第4弾も公開

『東京2020オリンピック The Official Video Game TM』に収録されている種目から、BMX、110mハードル、走幅跳のゲーム画面が公開された。

『FF7』サントラ、『FINAL FANTAS Y VII ORIGINAL SOUNDTRACK REVIVAL DISC』のジャケット画像&特典ポストカードデザインが公開

2019年7月24日発売予定の『ファイナルファンタジーVII』映像付サウンドトラック『FINAL FANTASY VII ORIGINAL SOUNDTRACK REVIVAL DISC【映像付サントラ/Blu ray Disc Music】 』の新情報が公開。

191ヵ国で競い合う!『ソニック AT 東京2020オリンピックTM』の詳細を深掘り。ディレクター・笠原英伍氏にインタビュー【E3 2019】

2019年6月11日〜13日(現地時間)の期間、アメリカ・ロサンゼルスで開催されたE3 2019にて、2020年春配信予定の『ソニック AT 東京2020オリンピックTM』のディレクター・笠原英伍氏にインタビュー。本作の展開についてを詳細を訊く。

「本作を遊んで、東京2020オリンピックをより楽しんでほしい」『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピックTM』プロデューサー・大橋宜哉氏インタビュー【E3 2019】

2019年6月11日〜13日(現地時間)の期間、アメリカ・ロサンゼルスで開催されたE3 2019にて、2019年11月発売予定の『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピックTM』のプロデューサー・大橋宜哉氏にインタビュー。本作の魅力を訊く。

『ミリシタ』2周年を30ページにわたる多彩な企画でお祝い! 世界が注目の海外タイトル『サイバーパンク2077』&『キングダムカム・デリバランス』特集!!(2019年6月27日発売号)【今週の週刊ファミ通】

本日(2019年6月27日)発売の週刊ファミ通2019年7月11日号の表紙を飾るのは、スマートフォンで配信中の人気ゲーム『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』。新衣装“ルミエール・パピヨン”に身を包んだ、全52人のアイドルたちが描かれた表紙が目印です。

『トロピコ 6』国内でも発売決定! リードレベルデザイナーに本作の魅力を聞く【E3 2019】

2019年6月11日〜13日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスで開催される世界最大のゲーム見本市“E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2019”が開催された。Kalypso社の独裁国家運営シミュレーション『トロピコ 6』について、リードレベルデザイナーのMark Mussler氏にお話をうかがった。

『メタルギア サヴァイブ』のワンダラーを1/6スケールで再現したスタチューが登場!【プレゼントあり】

いまにも動き出しそうな『メタルギア サヴァイブ』のワンダラーのフィギュアが登場。ゲームファンのみならず、フィギュア好きも要注目の製品を紹介! このページから同製品のプレゼントにも応募可能だ!