携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> プレイステーション3にプレイステーション2、プレイステーション、メガドライブのゲームも配信する!?

プレイステーション3にプレイステーション2、プレイステーション、メガドライブのゲームも配信する!?

2006/9/22

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●「どこでもドアが作れるかもしれない」

 

 東京ゲームショウ2006のTGSフォーラムで、SCEの久夛良木健社長が"PS3が創る次世代のエンタテインメント"と題した基調講演を実施。速報で、プレイステーション3の価格変更などビッグサプライズが飛び出したことはお伝えしたが、このほかにもプレイステーション3を含むコンピュータエンタテインメントの壮大な構想が語られた。

 

 久夛良木社長は、コンピューターの性能が高まり、ネットワークのバンド幅も広がったことを踏まえ、今後の注目すべき点は"ネットワークの向こう側だ"と強調。検索エンジン、地図情報などのサービスはその好例で、ネットワークを介してサーバー上にある膨大なデータを自由自在に操れることが当たり前の時代になった、と語る。

 

 「各国が管理している世界中の主要道路、主要建物のデータに気軽にアクセスできるようになったら、それをリアルタイムにゲームに取り込み、レースゲームなどのコースに使えるような世界がくるかもしれない」(久夛良木)
 
 これまでレースゲームでコースを作りあげる際、何度もロケハンをし、コツコツと作り上げるという膨大な作業とコストが必要だったが、もし地図データを自由に使えるようになったら、これが軽減されるという大きなメリットがある。もちろん、現状では実現は難しいが、『グランツーリスモ』シリーズでは実際、収録カーを作成するときにクルマメーカーと実車のデータを共有することで、ゲーム開発の作業、コストの軽減され、そのぶん、実車のデザインまでも手がけるなど、アーティスティックな部分に注力できたという。

 

 久夛良木社長の描く青写真はこれだけにとどまらない。ユーザーからも自宅周辺の地図情報をアップロードしてもらい、リアルタイムにゲームの世界を構築していくという通称"グローバルマップシステム"という構想も打ち出された。「これにより、リアルタイムに各地を飛び回るような、つまり我々の夢である"どこでもドア"に近いものが実現できるかもしれない」。

 

 医療分野も視野に入れていて、「Cellをつなげて、アルツハイマー病を早期発見するようなプロジェクトに参加している。世界のプレイステーション3をつなげて、ビックサイエンスを加速できたら、社会や人類に貢献できる」と、エンジニア久夛良木氏ならではの壮大な展望を語った。

 

 それらの構想を実現する第1歩として、プレイステーション3でさまざまなネットワークサービスを展開する予定だ。ユーザーが自分で撮影した映像、作成したゲーム用のコースなどをプレイステーション3にアップロードし、皆が共有できたり、クリエーターとユーザーがつながり、意見交換ができたり、さらには、開発メーカーのサーバーにアクセスし、開発途中の作品を少しだけ覗けるなどのイメージを持っているという。
 
 ゲームショップに設置されるプレイステーション3では、すべてをネットワークに繋げて、ゲームをダウンロードして遊べたり、「ケータイで課金して、アーケードゲームのような遊びかたも考えられる」という仕組みも取り入れていきたい考え。

 

 その一環として、プレイステーション3にプレイステーション、プレイステーション2、そしてメガドライブのゲームを配信する構想があることも明らかになった。「新作ソフトをペイパープレイして好みの作品を探すのでもいい」、そんな新しいスタイルを提案する。

 

 久夛良木社長が描くのはユーザー参加型のネットワーク、Web2.0。プレイステーション3では、ただゲームを提供するだけでなく、ユーザーもゲーム開発に携われるようなネットワークサービスを展開していく。「これまでの10年間よりも、これから10年間に起こることのほうがダイナミックで興味深い」と基調講演を締めくくった。 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ミリシタ』2周年を30ページにわたる多彩な企画でお祝い! 世界が注目の海外タイトル『サイバーパンク2077』&『キングダムカム・デリバランス』特集!!(2019年6月27日発売号)【今週の週刊ファミ通】

本日(2019年6月27日)発売の週刊ファミ通2019年7月11日号の表紙を飾るのは、スマートフォンで配信中の人気ゲーム『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』。新衣装“ルミエール・パピヨン”に身を包んだ、全52人のアイドルたちが描かれた表紙が目印です。

『トロピコ 6』国内でも発売決定! リードレベルデザイナーに本作の魅力を聞く【E3 2019】

2019年6月11日〜13日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスで開催される世界最大のゲーム見本市“E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2019”が開催された。Kalypso社の独裁国家運営シミュレーション『トロピコ 6』について、リードレベルデザイナーのMark Mussler氏にお話をうかがった。

『メタルギア サヴァイブ』のワンダラーを1/6スケールで再現したスタチューが登場!【プレゼントあり】

いまにも動き出しそうな『メタルギア サヴァイブ』のワンダラーのフィギュアが登場。ゲームファンのみならず、フィギュア好きも要注目の製品を紹介! このページから同製品のプレゼントにも応募可能だ!  

週刊ファミ通をTSUTAYAで買うと、『艦これ』限定イラストカードがもらえる! キャンペーン実施中(2019年6月27日発売号)

週刊ファミ通2019年7月11日号(2019年6月27日発売)をTSUTAYAの対象店舗で購入すると、『艦隊これくしょん -艦これ-』イラストカードがもらえます。

『進撃の巨人2 -Final Battle-』(Switch、PS4)プレイレビュー。『進撃』ファンの兵士諸君! プレイ時間を捧げよ!!

2019年7月4日発売予定のNintendo Switch、プレイステーション4用ソフト『進撃の巨人2 -Final Battle-』。『進撃の巨人2』をベースに、新たな物語や新モードが追加された本作を担当ライターがプレイレビュー。

『サムライスピリッツ』連続レビュー第3弾。“サムスピ道場”公式大会優勝編集者が、対戦の醍醐味を語る!

2019年6月27日に発売を迎える、シリーズ最新作『SAMURAI SPIRITS(サムライスピリッツ)』の連続レビュー第3弾。今回は、公式大会覇者である豊泉三兄弟(次男)が戦いの醍醐味を濃密にレクチャー!

【ソフト&ハード週間販売数】『妖怪ウォッチ4』が15万本で初登場1位! 約2ヵ月ぶりの週販10万本超えタイトルに【6/17〜6/23】

ファミ通が発表した、2019年6月17日〜2019年6月23日のゲームソフト&ハード週間推定販売数まとめをお届け。

サクラ大戦公式応援団“帝国華撃団・応援組”の募集がスタート。登録で『新サクラ大戦』のPS4用オリジナルテーマがもらえる!

サクラ大戦シリーズがポータルサイト“サクラ大戦.com”にて、“帝国華撃団・応援組”の募集を開始。

『新サクラ大戦』“総司令&支配人・神崎すみれ”や杉田智和演じる“帝国華撃団技師長”など4人のキャラクターが明らかに

2019年6月26日に配信された“サクラ大戦 帝劇宣伝部通信”にて、『新サクラ大戦』の新情報が判明。やはり劇場支配人は、あの、神崎すみれさんだった!

森下由樹子さんと大和田仁美さんがMCの『ディシディアFF オペラオムニア』公式番組#32で“次元の最果て:混沌”の第3層に挑戦!

声優の森下由樹子さんと大和田仁美さんがMCを務めるスマホアプリ『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』の公式番組#32が配信。