携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> ダンテ、ネロが激しく、そして美しく動いた! 『デビル メイ クライ 4』イベントステージ!

ダンテ、ネロが激しく、そして美しく動いた! 『デビル メイ クライ 4』イベントステージ!

2006/9/22

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●『デビル メイ クライ』が2007年春にアニメ化

 

 カプコンブースでもプレイステーション3人気は健在! "次世代機への挑戦"と題された『デビル メイ クライ 4』のイベントでは、東京ゲームショウ2006用のスペシャルムービーが披露。これまでのシリーズの主人公ダンテと今作から新たに加わったもうひとりの主人公ネロがくり広げるスタイリッシュなバトル、そしてプレイステーション3ならではの映像に観客の目は釘づけだった。映像が終わると、同ソフトの小林裕幸プロデューサーが登場し、つぎのようにコメントした。

 

▲「プレイステーション3の能力を活かして、いままでにないエフェクト、グラフィックなどを盛り込んでいます」と語った小林氏。

 

 「次世代機プレイステーション3でやるからには、その性能を活かしていままでになかったグラフィックを目指しています。とくに背景。いままでは室内やお城の中などが多かったのですが、今度は青空の中、庭の中のステージを実現しました。これはプレイステーション3ならでは。あとはネロの右腕アクションが実現したのも次世代機だからこそですね」(小林)

 

▲ダンテとネロが本作の主人公。ネロには"右腕アクション"というダンテにはなかった攻撃方法が追加される。またネロは剣と銃(1丁)も使うことができる。

 

 続いて伊津野英昭ディレクターが登壇。『デビル メイ クライ 4』のデモプレイが行われた。デモプレイでは初めに公開したムービーを使い、ハイクオリティーな映像がプレイステーション3の実機レベルで動いていることをアピールした(デモプレイは開発機材を使って実施)。続いて実際にネロを使ったバトルのデモンストレーション。ここではネロ独自の攻撃方法"右腕アクション"が初公開された。小林氏によると「右腕アクションを使うと離れた場所にいる敵をガンや剣の攻撃範囲内に引き寄せることができ、いままで以上に多彩な攻撃が可能になる」ということだ。

 

▲写真上のネロの隣にいる謎の女性。「まだ謎の女性ということで(笑)。今後徐々に明らかにしていこうと思っています」(小林)とのこと。ダンテとネロの物語にどう関わってくるのか、気になるところ。

 

 また、西部劇の舞台のようなステージで、全身が炎に包まれた巨大なボスとの戦闘も行われた。建物を壊しながらダンテを攻撃する巨大なボスの激しいアクション、そして画面のいたるところで炎が燃えている様子はまさに圧巻。デモプレイを観ている観客の中には思わず「これやばいわ、プレイステーション3買いだね」と独り言を言う人も。小林氏は「本当にまだ開発途中。人の影なども先週やっと入れられるようになりました」とコメント。今回公開した映像やデモプレイはまだ発展途上で、発売までにはさらにクオリティーを上げることを強調した。

 

▲ネロの右腕アクションも本邦初公開。敵を引き寄せ、銃や剣の攻撃範囲内に。ジャンプしながらも使用することができるので、ジャンプ→引き寄せ→剣など、これまでにはない新しいアクションが楽しめる。そして炎をまとった巨大なボスも注目。自然な炎の動き、巨大なボスの迫力満点の攻撃、壊れる建物など、ダイナミックなシーンに観客の目も釘づけだった。

 

 そしてイベントの締めとして発表されたのが、『デビル メイ クライ』のアニメ化だ。2007年春にWOWOWで放送がスタートするというアニメ版『デビル メイ クライ』は、映画『時をかける少女』や『DEATH NOTE』などを手掛けたマッドハウスが制作を担当。そのほかにも『攻殻機動隊S.A.C』や『交響詩篇エウレカセブン』などを手掛けた菅正太郎氏、『デビル メイ クライ3』を手掛けた森橋ビンゴ氏らが脚本を、『BLACK CAT』の板垣伸氏が監督を担当するなど、豪華スタッフがアニメ版『デビル メイ クライ』に参加するという。アニメの内容について小林氏は、「ダンテの日常を描いた作品です。ゲームのように悪魔ばかりを相手にするのではなく、いろいろな依頼を受け、それをダンテがどう解決していくのかなど、ゲームのファンもそうでない人も楽しめるようになっています。2007年春を楽しみにしていてください」と熱く語り、発表会を締めくくった。

 

▲『デビル メイ クライ』がアニメ化! 豪華スタッフが結集して制作されるスタイリッシュなアニメになることは間違いない! 2007年春を期待して待つべし!

 

※『デビル メイ クライ 4』公式サイトはこちら 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

大きな試練を前にしたかのような難度を誇る横スクロールシューティング『デビルエンジン』【とっておきインディー】

古今東西のインディーゲームを紹介するこのコーナー。今回はDANGEN EntertainmentよりNintendo Switch、PC向けに配信中の手強く硬派なシューティングゲーム『デビルエンジン』を紹介。開発元はProtoculture Games。

【業界人・著名人に感想コメントいただきました!】『チェイサーゲーム』レターボックスvol.15

超リアルなゲーム業界お仕事マンガ『チェイサーゲーム』を業界関係者・著名人に読んでいただき、率直な感想コメントをいただきました!

『ドラゴンクエストビルダーズ2』を大特集! 『今井麻美のニコニコSSG』特番生放送が2019年6月22日(土)に配信決定

ファミ通が運営するニコニコ生放送『今井麻美のニコニコSSG』の特番生放送が、2019年6月22日に配信されることが決定した。

カワイイ皮を被った、風雲たけし城式100人対戦ゲーム! 『Fall Guys』に日本のバラエティ番組のDNAを見た【E3 2019】

日本のバラエティー番組に影響を受けた100人対戦ゲーム『Fall Guys』を紹介。

かっぱえびせん選手権&サッポロポテト選手権を開催!優勝者にはチャンピオンベルトやかっぱえびせん(orサッポロポテト)各10年分など、豪華賞品をプレゼント

カルビーは設立70周年を記念して、“かっぱえびせん選手権”&“サッポロポテト選手権”を、本日2019年6月17日から開催する。

“東京ワンピースタワー”で、エニエス・ロビーや頂上戦争などのエピソードが蘇るアニメ20周年企画“Cruise History”2ndシーズンが7月13日より開催!

『ONE PIECE』史上初のテーマパーク“東京ワンピースタワー”にて、2019年7月13日より“Cruise History”2ndシーズンが開催される。さらに、劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』のコーナーも登場。

『FF7 リメイク』ブースの模様やレアグッズ、設定画展示をフォトリポート【E3 2019】

E3 2019に出展した『ファイナルファンタジーVII リメイク』。そのブースや展示の模様を写真中心でリポートする。

『レッド・デッド・リデンプション2』のサウンドトラックが7月12日に発売!予約注文すると2曲がダウンロード可能

プレイステーション4、Xbox One用ソフト『レッド・デッド・リデンプション2』のサウンドトラック『THE MUSIC OF RED DEAD REDEMPTION 2: ORIGINAL SOUNDTRACK』が2019年7月12日に発売。