ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



王道ファンタジーRPG 『ドラグナーズアリア 竜が眠るまで』

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●PSPに邪竜が襲来!

 

 人間と精霊が共存する幻想世界を舞台にしたRPG。主人公は、世界を救った竜騎士の末裔である青年ハルト。プレイヤーは、ハルトとなり、平和を乱す"邪竜"の横暴を食い止める旅に出ることになる。剣と魔法を題材にした王道RPGを味わえ。

 

 

 

ストーリー紹介

 

 古の時代、邪悪なる竜と聖なる竜の戦いの果て、竜と竜騎士が力を合わせて平和をもたらした世界。現在は、聖竜の御霊を分けた火、水、雷、土、風、氷の"六竜"が世界の秩序を維持していた。世界を救った英雄、竜騎士の末裔である主人公ハルトは、竜騎士学校を卒業して真のドラグーンとしての承認を受けるため、イーリスの首都グラナティスを訪れる。そこでは世界の"六竜"が来臨し、竜騎士の承認をする"聖六竜祭" と呼ばれる祭りが催されていた。

 

 グラナティス商業区の南門をくぐり、不慣れぬ光景にやや緊張気味のハルト。彼は、そこで偶然、幼なじみであり竜騎士の先輩としても慕うラングレイと再会する。誉れ高い竜騎士の血筋に誇りを持っているラングレイは、式典に参加するハルトを祝福した。

 

 

 式典が始まろうとしたとき、不意に暗雲が空を覆い、轟音があたりに響いた。ハルトたちの目に飛び込んできたのは、破壊され炎上するグラナティスの宮殿と、巨大な翼を広げ、黒炎を吐く漆黒の竜の姿だった。逃げ惑う人々。竜騎士たちは、果敢に邪竜のもとへ急ぐ。そこに追って現れたのは、青い竜"ウォータードラゴン"。2匹の竜の戦いは、意外なほどあっけなく、ウォータードラゴンの敗北に終わる。邪竜は再び飛翔し、首都を去っていった。

 

 

 2匹の竜の戦いが終わり、瓦礫と化した宮殿に足を運んだハルトは、戦いに巻き込まれて瓦礫の中で倒れている少女を見つける。邪竜が残した置き土産ともいえるモンスターを一掃し、少女を介抱するハルト。目覚めた少女"ユーフェ"は、やさしいハルトに一目惚れをしてしまうのだった。

 

 

 突如現れた邪竜、危機的状況に姿を見せなかった"五竜"について、竜騎士長から調査を命じられるハルトたち。ファイアドラゴンとの謁見を任され、ドラゴンオーブ(宝珠)を手に入れたハルトは、さきほど助けた少女ユーフェと再会。彼女もさきの2匹の竜の戦いのとき、ウォータードラゴンから宝珠を託されたという。

 

 

 なりゆきによって、協力関係になったふたり。これから世界の根源に触れる壮大な戦いに発展するとは、知る由もなかった……。

 

 

ハルト・クラルヴァイン(声:岡本寛志 )

本作の主人公で竜騎士の卵。誠実で人当たりのいい優等生。落ち着きがあり思慮深い半面、真面目すぎる考えで自分を縛ってしまうこともある。一度立てた誓いはどんな困難があっても必ず成し遂げようとする一途さを持つ。剣術に優れ、片手長剣バスタード・ソードを扱う。

 

ユーフェ・カルム(声:前田愛)

邪竜による混乱の際に、主人公と出会った不思議な少女。好奇心旺盛で活発にして快活。つねにポジティブシンキング。綺麗なもの、かわいいものが大好きで、当然(?)面食い。他人の負傷や病気を自分の身に引き受けて治癒するヒーリング能力を持つ。

 

ラングレイ・ボールドウィン(声:諏訪部順一)

主人公の幼なじみで竜騎士。竜騎士一族の中でも名家と言われるボールドウィン家の跡取として生まれ、幼いころから英才教育を受けて育つ。ハルトとは兄弟のような関係で、ハルトにとっては憧れの存在。力とスピードに加え二刀流を使いこなす器用さも持つ。

 

 

●通信機能に対応!

 

 本作では、無線LAN機能を利用して、最大4人での協力プレイが可能。詳細はまだ不明だが、ゲーム本編では戦うことができない"ある存在"の打倒を目指すことになるぞ。友だちみんなで盛り上がろう!

 

 

スクリーンショット

 

 

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

ドラグナーズアリア 竜が眠るまで

日本一ソフトウェア
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売日 2007年夏発売予定
価格 価格未定
ジャンル RPG / ファンタジー・冒険
備考 無線LAN機能対応

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース