ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



『セイント・ビースト〜螺旋の章〜』 人気テレビアニメがゲーム化!

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●ゲームオリジナルストーリーが展開!

 

 2003年に放送されたテレビアニメ『セイント・ビースト〜聖獣降臨編〜』の裏ストーリーをアドベンチャーゲーム化! 本作では、主人公をゲームオリジナルキャラクターの男女から選べるのだ。好みの主人公を選択して原作でおなじみの四聖獣と協力し、不思議な力を使う者"妖魔"を倒せ。

 

 

 

●『セイント・ビースト』とは?

 

 2001年に放送されたテレビアニメ『天使のしっぽ』。『セイント・ビースト』は、その中で、敵キャラクターとして登場した美青年の4人組"四聖獣"をメインキャラクターとして独立させた別作品だ。ちなみに、2003年には、キッズステーションにて全6話の短期シリーズとしてテレビアニメ化され、 DVD全4巻として発売された。その後、新作OVA(オリジナルビデオアニメ)が2005年と2006年に発売。さらに、2007年4月より、アニメ新シリーズ『セイント・ビースト 〜光陰叙事詩天使譚〜』が放送予定となっている。

 

●ゲームストーリー

 

 つぎつぎと謎の失踪を遂げる守護天使たちの行方を追い、原因を突き止めるために地上へと降臨してきた四聖獣。青龍のゴウ、玄武のシン、朱雀のレイ、白虎のガイ。その裏側で起きたもうひとつの事件。四聖獣の降臨とときを同じくして動き出した、世界からその存在を忘れ去られた者"妖魔"。それは絡み合う二重螺旋のように……。

 四聖獣が地上に降臨してから数日後。主人公は、女神の命を受け、四聖獣と天界との連絡係となって地上に降臨した。主人公は、四聖獣の面々、そして流星のキラ、風牙のマヤたちと交流を深めていく。守護天使捜索のつかの間の休日。キラとマヤとともに外出していた主人公は、不可思議な力を使う者"妖魔"に襲われてしまう。妖魔たちは、去り際に意味深な言葉を残していく。かつて神の怒りに触れ、すでにその記憶すら残っていないのに許されることのないまま輪廻転生をくり返している魂、それはキラとマヤが捜し続ける、彼らの母親のことなのだろうか……。四聖獣と妖魔の戦いが、いま始まろうとしていた……。

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

セイント・ビースト〜螺旋の章〜

マーベラスインタラクティブ
対応機種 プレイステーション2
発売日 2007年発売予定
価格 価格未定
ジャンル アドベンチャー / アニメ
備考

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース