ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



『クライシス コア -ファイナルファンタジーVII-』新情報を大公開!!

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●新たな登場人物や衝撃シーンを公開!!

 大ヒットRPG、『ファイナルファンタジーVII』(以下、『FFVII』)の重要人物のひとりであるザックスを中心に、これまで語られなかった過去を描くアクションRPG、『クライシス コア -FFVII-』。少しずつ明らかになってきた登場人物やバトルシステムについて公開しよう。若きソルジャーのザックスは、バイタリティー溢れる陽気な青年。本作で初めて明かされた名字”Fair”には、”公明正大”のほか、Weatherとつなげて”快晴”という意味もある。いずれ命を落とすことが判明している彼は、かつてどのように生きたのか!?

『FFVII』に登場した街、ジュノンで対峙するアンジール、セフィロス、そしてジェネシス。彼らが戦う理由とは? これは過去の出来事らしいが……。余裕の面持ちでふたりに向かっていくアンジールは、ザックスの相棒。背に負うバスターソードを使うことはほとんどなく、ソルジャー支給のロングソードで戦う。


本作の物語の核とも言える、ザックスとアンジールの友情。アンジールはふだんは使うことがないバスターソードでザックスを守るなど、ふたりのあいだには強い信頼関係が築かれているようだ。この巨大な剣は、やがてザックスに受け継がれることが明らかになっている。その過程に、どんなドラマがあるのか?


巨大企業、神羅カンパニーの私設兵の中でも、とくに突出したエリート兵であるソルジャーたちを統括するのが新キャラクターのラザード。頭脳明晰な神羅の要職のひとりだ。また、『FFVII』に登場したタークスの登場も判明。こちらは、情報収集から敵対勢力の殲滅まで、あらゆる任務に就く神羅上層部直属の特殊部隊。


本作のバトルは、フィールドの切り替えなしに移動から戦闘へと切り替わる。ザックスを移動させながらコマンドを選択する、アクション性の高さが特徴だ。バトル画面の左上のリールは”デジタルマインドウェーブ”と呼ばれ、”SP”を消費して回り続ける。キャラクターの顔と数字はそれぞれが別に回転し、止まった絵柄や数によってさまざまな効果を得られるのだ。


 


※詳しくは週刊ファミ通2007年3月23日号(2007年3月9日発売)をチェック!
 キャラクターデザイナー野村哲也氏、ディレクター田畑端氏への独占インタビューも収録!! 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

クライシス コア -ファイナルファンタジーVII-

スクウェア・エニックス
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売日 2007年発売予定
価格 価格未定
ジャンル アクション・RPG / ファンタジー
備考 ディレクター:田畑端、キャラクターデザイン:野村哲也、シナリオ:野島一成、コンポーザー:石元丈晴、プロデューサー:今泉英樹、エグゼクティブプロデューサー:北瀬佳範・橋本真司

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース