ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



新たに判明した3機のモビルスーツを紹介! 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合vs.Z.A.F.T.II PLUS』

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
「ファミ通チョイス」とはファミ通グループが、とくにおすすめするゲームタイトルです。

●プレイステーション2版オリジナル機も!

 

 アーケードで絶大な人気を誇る『機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合vs.Z.A.F.T.II』。その移植+αを実現した『機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合vs.Z.A.F.T.II PLUS』のの最新情報をお届けするぞ。今回は、ゲーム中に登場する3機のモビルスーツを紹介しよう。アカツキ(シラヌイ装備)とムラサメ(バルトフェルド機)は、アーケード版で2006年11月13日から使用可能になったばかりの機体。本作ではなんと、この2機が最初から使用できるのだ。そして、ガイアガンダム(バルトフェルド機)がプレイステーション2版専用機体として登場! その勇姿を、とくとご覧あれ!!

 

アカツキ(シラヌイ装備)
機体コスト:560
パイロット:ムウ・ラ・フラガ

オーブが作りあげた金色のモビルスーツ。ビームを弾き返せるヤタノカガミ、オールレンジ攻撃と防御の両面に使用できるドラグーンシステムが特徴的だ。
 

機動戦士ガンダムSEED DESTINY

サブ射撃でドラグーンシステムを発動すると、味方を守るバリアが発生! 特殊格闘では、ビームを跳ね返すヤタノカガミが使用できる。

 

機動戦士ガンダムSEED DESTINY

両刃のビームサーベルを使った格闘攻撃が炸裂! 最大3回まで連続入力でき、全段ヒットすれば大ダメージは確実!!

 

メイン射撃

ビームライフル

格闘

ビームサーベル

サブ射撃

ドラグーンシステム(バリア)

特殊格闘

ビームリフレクター(ヤタノカガミ)

特殊射撃

ドラグーンシステム

 

 

ガイアガンダム(バルトフェルド機)
機体コスト:450
パイロット:アンドリュー・バルトフェルド

ミネルバが地球連合から取り戻したガイアガンダムを改修し、専用のカラーリングを施した機体。獣型をしたモビルアーマー形態に変形できるのだ。同機は、バルトフェルド専用に性能が変更されていて、通常のガイアガンダムよりも耐久力が低い代わりに、機動性と格闘性能に優れている。
 

機動戦士ガンダムSEED DESTINY

黒いガイアガンダムのほうが耐久力は上。キミはどちらを使う?

 

メイン射撃

ビームライフル

格闘

ビームサーベル

サブ射撃

バルカン砲

特殊格闘

ビームサーベル

特殊射撃

ビーム突撃砲

 

 

ムラサメ(バルトフェルド機)
機体コスト:420
パイロット:アンドリュー・バルトフェルド

オーブ軍の主力となっている量産型モビルスーツで、飛行機型のモビルアーマーに変形可能。白と赤を基調にした一般機と違い、専用のカラーリングなのだ。
 

機動戦士ガンダムSEED DESTINY

モビルアーマー形態では、高速飛行が可能なのだ。ピンチのときに離脱したり、一気に距離を詰めて急襲することが可能だぞ。

 

メイン射撃

ビームライフル

格闘

ビームサーベル

サブ射撃

頭部バルカン

特殊格闘

ビームサーベル

特殊射撃

ミサイル(ハヤテ)

 

 
※詳しくは12月1日号(11月18日発売)の週刊ファミ通をチェック!!

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合vs.Z.A.F.T.II PLUS

バンダイナムコゲームス
対応機種 プレイステーション2
発売日 2006年12月7日発売予定
価格 7140円[税込]
ジャンル アクション / アニメ・ロボット
備考 プロデューサー:後藤能孝、開発:カプコン

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース