ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



『らぶ☆どろ〜LoveDrops〜』 魔物と同棲生活!?

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●甘く切ない恋物語

 

 PCで好評を博した女性向け恋愛アドベンチャーゲームがプレイステーション2に移植されるぞ。主人公は、町内の学園に通う、田中かなた。本作では、思わず胸がキュンとなる少女マンガのような恋愛が楽しめるのだ。移植の際に新キャラクターやイベントCGが追加されているぞ。PC版のファンも納得すること間違いなし!

 

 

 

●ストーリー

 

 舞台は、現代、どこかの港町。町内の学園に通う主人公は、"誰も住んでいないと家が傷むから"という理由で、死んだ祖父母が残した古びた洋館でひとり暮らしを始める。そして部屋の掃除中に発見した怪しげなツボを割ってしまうが、中から出てきたのは祖父が封印した3人のモンスターたちだった! 祖母に心を奪われていた3人は、その面影を残す主人公に、50年まえの想いを遂げようと迫ってくる。祖母のお守りのお陰でなんとか身を守っているものの、毎日気が抜けない。さらに3人は、祖母の時代から封印されていたせいで現代の生活にうまくなじめず、主人公の生活を引っかき回すことに。そこに、主人公のことが大好きな自称エクソシストの後輩や幼なじみ、親友の兄までが加わって、主人公の毎日は大騒ぎ!!

 

 

 

 

●おもな登場キャラクター

 

田中かなた(名前変更可能)

町内の学園に通う2年生。両親と暮らしているが、父親が単身赴任しているため、実質母親とふたり暮し。近所に住むじつの祖母が大好きなおばあちゃん子だったが、その祖母が半年まえに他界。元気で明るく、前向きな性格だが、反面、淋しがりやな部分も持つ。家事全般は得意だが、勉強はやや苦手で、テストまえにはいつも幼なじみの智哉に泣きついている。子供のころから聞いていた、祖父母の恋の話に憧れ、自分もいつかは王子様にめぐり逢えると信じているが、いまだに彼氏いない暦=年齢。けっこうかわいいはずなのに、なぜかモテない自分が悲しい今日このごろ。

 

フロリア(声:鳥海浩輔)

主人公の家に住み着いた魔物その1。女性とも見紛うばかりの白い肌と、美しい長髪を持つセイレーン。耳の部分が小さな白い翼になっている。涼しい顔をして臆面もなくキザな言葉を口にする。でも、そんな言葉も主人公にはいまいち効果が薄い。余裕ぶった態度を取り、基本的に穏やかだが、男性には、やや人を見下したような態度や言動を取ることがある。

 

ロイ(声:鈴村健一)

主人公の家に住み着いた魔物その2。赤い髪とイタズラっぽい瞳、銀色の耳と尻尾を持ったウルフ。口が悪くて言葉遣いが乱暴だが、素直で直球勝負な性格で、思ったことをすぐに口に出してしまう単純さも。お風呂が大好きで、1日に2回は必ず入るらしい。

 

ユーゴ(声:萩道彦)

主人公の家に居着いた魔物その3。黒い髪と、真っ赤な目をもつ。大口を開けることがないのでふだんは目立たないが、小さな八重歯があるヴァンパイア。口数が少なく、クールなのかと思いきや、じつは天然ボケの不思議青年。黙ったまま後ろに回り、いきなり抱きついて主人公に叩かれることもしばしば。朝はちゃんと起きて夜は早く寝る健康的な生活をしている反面、主人公が気をつけてあげないといつもお菓子ばかり食べている。

 

佐倉 智哉(声:鈴木千尋)

主人公の幼なじみで、子供のころからずっといっしょに育ってきた、お兄さんのような存在の人。柔らかな髪と細い縁の眼鏡で、知的でやさしい雰囲気を持っている。文武両道の秀才で、学園内の女の子たちの支持も高い。主人公をいつも気にかけ、大事にしてくれる。いつも微笑みを絶やさず、誰に対しても物腰柔らかで、人当たりがいい。

 

藤堂 聖(声:藤田圭宣)

主人公のことが大好きな、自称エクソシストの後輩。茶色がかったくせ毛と、子犬のようにくりくりした丸い目を持つ。主人公の祖父に憧れ、エクソシストを目指すようになったが、そのやりかたは自己流でハチャメチャ。ニコニコしていて、素直で照れ屋、甘えっ子な部分も持つが、主人公を守れるのは自分しかいない! と断言する熱い男でもある。言葉遣いは丁寧で、誰にでも"さん"をつける。

 

真柴 奏(声:小西克幸)

主人公の親友のお兄さんなのだが、いままでほとんど口をきいたことがない。身なりには気を使わず、いつもぼさぼさの髪で制服も着崩している。つねに怒った顔をしていて、人を近づけない雰囲気を身にまとう。話しかければ話すのだが、その口調は冷たくそっけない。

 

真柴 美琴(声:吉田愛理)

主人公の親友で、奏の妹。長身でモデル並の美人だが、性格はざっくばらんで男前。口調も江戸っ子風。でも、ちょっと天然。主人公に対して、一種の母性愛のような物を感じているのか、あれやこれやと世話を焼き、主人公を泣かせる人がいると本気で怒る。主人公とは違い、恋愛にもオープンなタイプで、いまはフリーだが、過去に数人とつき合ったことがある。

 

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

らぶ☆どろ〜LoveDrops〜

ディンプル
対応機種 プレイステーション2
発売日 2007年春発売予定
価格 7140円[税込]
ジャンル アドベンチャー / 恋愛
備考 シナリオ:ひよ&ゆうま、原画:南月ゆう

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース