ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



疑似的ネットワークプレイが楽しめる! 『Que〜エンシェントリーフの妖精〜』

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●エンシェントリーフへQueしよう!

 プリンセスソフトが贈るファンタジックアドベンチャーゲーム『Que〜エンシェントリーフの妖精〜』。このゲームでは"エンシェントリーフ"というバーチャルワールドで女の子と仲よくなり、うまく行けばリアルワールドで会うことができるという設定になっている! エンシェントリーフ内では、女の子のバーチャルな姿しか見ることができないが、この段階で初めて女の子の本当の姿が見られる……。まるで、コスプレしていた女の子の、私服姿を見るかのような感覚が味わえるのだ!!

 

 

■エンシェントリーフとは?

それはインターネット世界のどこかに存在する幻の大陸。"エンシェントリーフ"は英語で"古代葉"を意味する。きびしい事前認証をクリアーし、そのアクセスポイントさえ解っていればエンシェントリーフへの参加方法は至って簡単。パソコンから自分のパーソナルデータを入力・設定しさらにいくつかのメニューの中からビジュアルパターンを組み合わせて自分の容姿を決定すればいい。これで自分の分身(アバター)を作ることができるのだ。この世界で何をするかは完全に自由。そもそも目的など存在しないのだから。エンシェントリーフの住人たちのあいだでは、ここにログインする行為を特別に"Que"と呼んでいる。これは新しい光や、癒し、そして出会いを求める"求=Q"と、誰かに"合図"を送るという意味の"cue"から作られたこの世界特有の合い言葉。きっとここから素敵な出逢い、そして新しいドラマが生まれる。さぁ、いますぐエンシェントリーフへQueしよう! ただし、キミが"女子"であることが前提なのだが……。

 

■プロローグ

新堂まことは高校2年生。両親の仕事の都合で、かつて暮らしていた蒼海市に再び帰ってきたまことは、幼なじみのひなたや久男たちと楽しいが平凡な学校生活を送るはずであった。しかし、なぜかまことのもとに、女性専用ネットワークサービスであるはずの"エンシェントリーフ"の接続キットが送られてきてしまう。妹のゆみかに促されるまま、試してみると見事アクセスに成功。まことは、エンシェントリーフの中で女性のふり(ネカマ)をしながら、さまざまな魅力溢れる少女たちと出会い、交流を深めていくのだった。

 

●キャラクター紹介

 

主人公
新堂まこと 
Makoto Shindo

蒼海学園高等部2年生。両親の仕事の都合で2歳から小学校に入学するまで住んでいた街に戻って来て、蒼海学園高等部へ転入。

 

ポーリー Polly

エンシェントリーフ内での主人公の姿。

 

ユウ Yu

ポーリーがエンシェントリーフでいちばん最初に出会う女の子。元気で明るく、男勝りな雰囲気を持つ。

 

リト Rito

ポーリーがエンシェントリーフで2番目に出会う女の子。どこか抜けていて、放っておけない天然娘。

 

雪乃 Yukino

ユウに誘われて行ったお茶会で出会う。

 

白詰草 Shirotsumekusa

エンシェントリーフでは有名な治療術師。

 

ミュン Myun

エンシェントリーフの歌姫。

 

絢世 Ayase

エンシェントリーフのゲームマスターだ。

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

Que〜エンシェントリーフの妖精〜

プリンセスソフト
対応機種 プレイステーション2
発売日 2007年発売予定
価格 価格未定
ジャンル アドベンチャー / 恋愛
備考 制作プロデューサー:盛政樹(5pb.)、原作:志倉千代丸(5pb.)、シナリオ:持田康之(有限会社エッジワークス)、キャラクターデザイン:亞砂、サウンド:磯江俊道(5ZIZZU)

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース