ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



『EVE new generation』 主人公の頼れる協力者を紹介!

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●蜂がつなぐ不可解な事件

 

 天城小次郎と北条まりな、ふたりの主人公の視点から別の事件を捜査し、ひとつの真実を追い求める推理アドベンチャー『EVE new generation』の続報をお伝えしよう。今回は、小次郎とまりな、それぞれのストーリーと頼れる協力者となるふたりのサブキャラクターを公開! さらに『EVE』シリーズではおなじみの"マルチサイト"と捜査に関するシステムを紹介するぞ。

 

 

●小次郎編『少女の記憶探し』

 

 小次郎に自分の記憶捜しを依頼した少女、乃依。彼女を大隈という男から救った小次郎は、大隈を追って日新銀行へ向かう。そのとき、突如テロが起こり、小次郎も気絶してしまう。薄れゆく意識の中で見た犯人は、何と乃依だった……。

 

小次郎はもと恋人で探偵の弥生に協力を仰ぎ、乃依の身元を探る(左)。無表情で無口なふだんの姿とは違って、犬を見てはしゃぐ乃依。こちらのほうが彼女本来の姿なのだろうか……(右)。

脚に書かれた"アルトをさがして"の文字。この事件の鍵か!?

 

新キャラクター 三六九(みろく)

 

小次郎が懇意にしている情報屋。中央公園に粗末な小屋を建てて住んでいる。小次郎は彼女を"サブロク"という愛称で呼んでいる。

 

●まりな編『テロリストとの戦い』

 

 日銀でテロに遭うまりな。無事解決するが、犯人は記憶を失くしていた。まりなは、彼らの持つ蜂のタトゥーを頼りに捜査を続け、クラブ"ハイヴ"を突き止める。そこでアルトからある屋敷に関する情報を聞く。訪れたその屋敷にはなんと死体が!

 

武装グループに人質にされる子供たち。彼らを助け、事件は解決したように見えたが……。

犯人の体には同じ箇所に同じタトゥー。これを頼りに、まりなは捜査を続行する

男に絡まれているアルト。このあと彼女から重要な情報を聞ける。

 

新キャラクター ミカエル・ベルシュタイン

ドイツ通信社"GPA"の日本支局編集局社会部部長。警察に追われるまりなの協力者。日銀幹部のスキャンダルを追っている。

 

●主人公を切り替えてプレイ

 
『EVE』シリーズ最大の特徴といえば、小次郎とまりなの視点を切り替えて事件を追う、マルチサイトシステムだ。片方のシナリオで詰まったときは主人公を切り替えて物語を進め、新たな道を開いていくことになる。本作でもこのシステムの使いかたが鍵となるぞ。

 

小次郎編で銃を突きつけられ絶体絶命。こんなときはまりな編に切り替え、小次郎を助けるのだ(左)。するとまりなの行動が影響し、小次郎編の話も進むぞ(右)。

 

●捜査は話す・見る・調べる

 本作では、登場人物と会話する以外にも、画面内の物を見たり、調べたりすることで事件に関する証拠が見つかることがある。見たり調べたりするには、目的の物がある方向を選択して、ボタンを押そう。

 

捜査範囲は物語が進めば広がっていく。調べられるところはひとつ残らず調べつくせ。

 

 

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

EVE new generation

角川書店
対応機種 プレイステーション2
発売日 2006年8月31日発売予定
価格 7140円[税込](DXパックは9240円[税込])
ジャンル アドベンチャー / 推理
備考 プロデューサー:金杉はじめ、原案・シナリオ:打越 鋼太郎、キャラクターデザイン:橋本 タカシ(FC-G)

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース