ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



『リサと一緒に大陸横断 〜A列車で行こう〜』 人気都市開発シミュレーションゲームがPSPに登場!

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●楽しく都市開発をしよう!

 

 人気都市開発シミュレーションゲーム『A列車で行こう』シリーズの最新作がPSPで登場。ゲームの目的は鉄道会社のオーナーとなってライバル社よりも早く大陸横断鉄道を敷くこと。本作では、かわいいアニメキャラがゲームをわかりやすく解説。初心者も安心だぞ。

 

▲リサにアドバイスを受けながら美少年技師とともに都市開発を進めよう!

 

▲鉄道を敷いて旅客を集め、町を発展させるのだ!

 

▲徐々に鉄道を拡大していき、利益を増やしていこう!

 

▲黒字経営を続けてライバル社より早く大陸横断鉄道を完成させるのだ。

 

●ストーリー

 

 突然やってきた父の悲報。アトランティック鉄道の社長だった父は、僕や母をかえりみず事業に打ち込んでいた。その見返りが莫大な遺産と"鉄道王"という名前であった。父の葬儀の最中、ひとりの女性が僕の前に現れたことから僕の進む道が180度変わってしまった。

彼女はやさしい声で僕にこう告げた。「大陸横断鉄道の事業を継ぎ、お父様の夢を叶えてほしいの」と。素人である僕にそんな事業などできるはずはないといって断るが、彼女は自分がアドバイスするといって、なかば強引に父の会社を引き継がせた。あと戻りなどできるわけもなく、僕はこの事業を開始した……。

 

▲嫌みなライバル社にさきを越されるな!

 

●ゲームを盛り上げるキャラクターたち

 

 リサ・マクラグレン

 カール・バフロフスキー

 

 

アトランティック鉄道社長秘書。主人公の父親ヴァンデンバーグ先代社長の夢である大陸横断鉄道建設を実現させるため、先代社長の息子である主人公に、その事業を引き継がせた。経営の素人である主人公に、鉄道事業の進めかたなどをアドバイスしてくれるのだ。

アトランティック鉄道の鉄道技師。鉄道事業の現場状況を報告してくれるぞ。ライバル会社のパシフィック鉄道に対して闘志を燃やしている美少年技師。

 

 

 パトリック・リーツマン

 アンダーソン

 

 

アトランティック鉄道に出資している銀行家。先代社長の古くからの友人でもあり、もしもの時には資金援助をしてくれる、頼もしいビジネスパートナー。

アトランティック鉄道のライバル会社、パシフィック鉄道の社長。この機に乗じてアトランティック鉄道を出し抜こうと画策している。

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

リサと一緒に大陸横断 〜A列車で行こう〜

アイディアファクトリー
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売日 2006年6月発売予定
価格 5040円[税込]
ジャンル シミュレーション / 鉄道・都市開発
備考 キャラクターデザイン:ヤス

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース