ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



個性豊かな仲間キャラクターたち!! 『ティアリングサーガシリーズ ベルウィックサーガ』
【期待の新作特捜隊】

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
「ファミ通チョイス」とはファミ通グループが、とくにおすすめするゲームタイトルです。

●それぞれのスキルにも注目せよ!!

 人間味溢れる、個性的なキャラクターが多数登場するのが『ティアリングサーガシリーズ ベルウィックサーガ』の魅力のひとつ。今週は、4人の新キャラクターの情報を大公開。各キャラクターの特徴やスキルの詳細を一部紹介するぞ。
 

 フェイ (兵種:東方剣士)

ティアリングサーガシリーズ ベルウィックサーガ

▲東方の国イズミル出身。とある理由により、傭兵稼業を営みながら諸国を旅している東方剣士。東方剣士は、盾を装備せず剣のみを扱う。筋力と防御力は低いものの、俊敏さと命中率の高さが魅力の兵種だ。フェイは攻撃回数が増え、敵に致命傷を負わせる確率もアップする専用武器"カトラス"を持っている。

 

 フェイ (スキル:必殺)

ティアリングサーガシリーズ ベルウィックサーガ

▲フェイ最大の特徴は、敵の防御力を無効化して大ダメージを与えるスキル"必殺"が使えること。一歩も動かずに戦闘を行った場合にしか使えないが、威力はバツグン。高確率で発動するので、強敵との戦いで非常に役立つスキルだぞ。盾を装備したボスなど、防御力が高い相手に効果的なのだ。


 クレイマー (兵種:マーセナリー)

ティアリングサーガシリーズ ベルウィックサーガ

▲ボルニア生まれのマーセナリー。英雄に憧れる好漢。フェイと同様、盾を装備せずに剣のみで戦う。クレイマーは剣の扱いに長けているのが特徴。東方剣士が柔の剣ならば、マーセナリーはまさしく剛の剣。筋力が高いので、敵に大ダメージを与えたいときに頼りになる。また、足場の悪い崖でも、平地と同様に戦える。

 

 クレイマー (スキル:篭手)

ティアリングサーガシリーズ ベルウィックサーガ

▲自動で発動するスキル。攻撃が命中すると発動することがあり、相手の盾を装備から外すことができる。同時ターン制なので行動済みの敵を狙い、ほかのユニットでトドメを刺す戦法が効果的。応用がきくので、さまざまな場面で役立つスキルだ。

 

 セネ (兵種:シーフ)

ティアリングサーガシリーズ ベルウィックサーガ

▲北西に住む少数民族の娘。都会に憧れてナルディアに出てきたが、器用さを買われて傭兵ギルドに入る。シーフは、開錠や探索などのスキルを持ち、活躍の機会が多い兵種。筋力が低いので戦闘で役立つ場面は少ないが、高性能の短剣を装備させれば前線で戦うことも可能だ。

 

 セネ (スキル:探索)

ティアリングサーガシリーズ ベルウィックサーガ

▲マップ上の特定の民家や洞窟に立ち止まったときに使用可能となるコマンド。探索することで、貴重なアイテムなどが手に入る。アイテム捜しを得意とするシーフならではのスキルと言えるだろう。


 ディアン (兵種:アクスファイター)

ティアリングサーガシリーズ ベルウィックサーガ

▲サリア義勇軍出身のアクスファイター。寡黙な性格だが、帝国兵に対しては容赦のない攻撃を加える。アクスファイターはHPが多く、威力の高い斧を使いこなす戦闘のプロフェッショナル。平地以外の移動力にも優れ、どんな場所でも戦える万能タイプの兵種だ。ただし、盾が装備できないので防御力は低い。前線で戦う場合は、HPを回復できるアイテムを持たせるか、回復魔法を使えるユニットを近くに配置しておく必要があるだろう。

 

 ディアン (スキル:捨て身)

ティアリングサーガシリーズ ベルウィックサーガ

▲命中率が低い斧。その欠点を補うスキルが"捨て身"だ。"捨て身"を使用すると、命中率が大幅にアップする。ただし、使用条件が特殊で、攻撃した際に反撃を仕掛けてくる相手にしか使うことができないのだ。また、こちらの防御力がゼロになるうえ、確実に反撃を食らうという性質も持つ。あと一撃で倒せる敵にトドメを刺せる状況ならば、迷わず"捨て身"を使っていこう。

 

【関連トピックス】

 
※週刊ファミ通2月25日号(2月10日発売)掲載

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

ティアリングサーガシリーズ ベルウィックサーガ

エンターブレイン
対応機種 プレイステーション2
発売日 4月28日発売予定
価格 7140円[税込](DXパックは9975円[税込])
ジャンル シミュレーション・RPG / ファンタジー
備考 全年齢対象、使用容量未定、DXパックはサウンドトラックと懐中時計ほか同梱

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース