ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



ウワサのBスペック(ディレクターモード)をひと足早く体験! 『グランツーリスモ4』
【期待の新作特捜隊】

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
「ファミ通チョイス」とはファミ通グループが、とくにおすすめするゲームタイトルです。

●早速実験開始だ!


 ソフトの発売までついに1ヵ月を切り、12気筒マシンのエキゾーストノートばりに期待が高まってきている『グランツーリスモ4』。今週は、新たに到着したサンプルROMで実際にBスペックモード(※)を遊んでみた様子をレポートするぞ! コースはニュルブルクリンクを3周、クルマはペスカローロ'04を使用してみた。


※Bスペックモード(ディレクターモード)……プレイヤーが実際に運転するのではなく、AIのドライバーに対して、走行ペースやオーバーテイク(追い越し)、ピットインなどの指示を出すことができるモード。
 

グランツーリスモ4

■1周目
アーケードモードのシングルレース、全3周という設定でゲーム開始。「ポーン!」というシグナルグリーンの音と同時に飛び出す6台。とりあえず、走行ペースはマイペースだが、オーバーテイクを指示しておいた。するとまずは、スタート直後のシケインで5位浮上! さらに、前走車を激しく追走し、テールトゥノーズ状態に突入。後方からラインを右に左に外し、抜く気マンマンだ。……と思って見ていたら、いきなり最初のヘアピンでコースアウト! 幸いなことに、すぐ態勢を立て直して追撃再開。最初の複合コーナーセクションで4位に、ふたつ目のヘアピンで、前走車のコースアウトに乗じて3位に浮上。ここで、ちょっと前との差が開いていたので、オーバーテイク指示を解除、様子を見ることにした。ところが、前走車が遅いマシンだったのか、すぐに追いついてしまった。前走車をつつき、いかにも抜きたそうな素振りを見せるマイペスカローロ。仕方なく(?)オーバーテイクを再び指示すると、ストレートでうれしそうにBMWを抜き去っていった。


※2周目以降の記事は週刊ファミ通11月19・26日号(11月5日売)をチェック! 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

グランツーリスモ4

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン
対応機種 プレイステーション2
発売日 12月3日発売予定
価格 7665円[税込](PlayStation2 レーシングパック(SCPH-70000 GT)は24990円[税込])
ジャンル シミュレーター / レース・自動車
備考 審査予定、使用容量未定、PlayStation2 レーシングパック(SCPH-70000 GT)は24990円[税込]は本体同梱、GT FORCE Pro対応、GT FORCE対応、PlayStation BB Unit対応、PlayStation 2専用ネットワークアダプター対応、開発:ポリフォニー・デジタル

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース