携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

『戦国絵札遊戯 不如帰 大乱』新要素“反計カード”を使いこなせ

2010/8/7

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●敵将との知恵比べに勝利せよ

 

 戦国武将が描かれたカードをフィールドに配置し、各部隊に指示を出しながら敵軍と戦う本作。伝令カードや計略カードなど、戦況に応じたカードを駆使し、戦いを有利に進めていくのだ。今回は、本作から新たに加わった”反計カード”を5種類紹介。これは、相手に計略カードを使われたときのみ使用できる特別なカードだ。新カードの導入により、対戦相手との駆け引きがさらにヒートアップ!

 

 

●反計カードを使いこなせ!

 

対戦相手が計略カードを使用したときにのみ使える反計カード。相手が計略カードを使ってから数秒以内に使用を決定しなければならないぞ。

 

hototo002

 

 

 

【神機妙算】

数ある反計カードでもっとも使いやすいカード。相手の計略カードの効果を無効にできるぞ。

hototo003

 

 

【奇門遁甲陣】

奇門遁甲陣は、対戦相手が使った計略カードの対象となる武将を変更することができる。ただし、敵味方関係なく無作為に選ばれるぞ。若干クセのある反計カードと言えるだろう。

hototo004

 

 

【栄枯転変】

計略カードの効果によって増減する数値を逆転させる。たとえば、武力が3増える効果の場合、3減少させられるのだ。計略カードの効果を見極めて発動せよ!

hototo005

 

 

【危急存亡の秋】

計略カードの対象となっている武将を、ターン終了時まで自軍武将として扱えるのだ。

hototo006

 

 

【草木皆兵の計】

対戦相手が使用した計略カードの対象となる武将の武力を、4減少させられる反計カードだ。ちなみに、武力減少の効果は対戦終了まで持続するので効果的だぞ。

hototo007

 

 

●反計カードが生み出す駆け引き

 

 計略カードは合戦を有利に進められる強力なカードだが、本作では反計カードが追加されたため、うかつには使用できない。だが、自分も反計カードを所持していれば、計略カードを使った際に反計カードを使われても、さらにこちらが反計カードで反撃可能だ。反計カードを使うか?それともやり過ごすか? 本作ならではの駆け引きを存分に楽しもう!

 

 
hototo001

 

 

 ※詳しくは週刊ファミ通2010年8月19・26日合併号(2010年8月5日発売)をチェック!

 

戦国絵札遊戯 不如帰 大乱

アイレムソフトウェアエンジニアリング
対応機種 PSP
発売日 2010年9月9日発売予定
価格 5040円[税込]
ジャンル シミュレーション / 戦国・カード
備考 ダウンロード版は3800円[税込]、ゲームデザイン&プロデューサー:松尾悟郎

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

「本気で100万本売る気だった」シシララ安藤氏と『ストライダー飛竜』の四井氏が『鈴木爆発』を語る【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”21日のメインステージには、ゲームディレクターの四井浩一氏とゲームプロデューサーの安藤武博氏が登壇。“『鈴木爆発』『ストライダー飛竜』通好みのゲームはどのようにつくられるのか?”というテーマで対談した。

吟遊詩人と機工士のキャスト動作が撤廃に! 『FFXIV』第36回プロデューサーレターLIVE

『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)の最新情報が発表されるプロデューサーレターLIVEが、2017年5月23日にオン・エア。この日に公開された、次期拡張パッケージ『紅蓮のリベレーター』におけるバトルシステム調整の中身をお伝えする。

『ディシディアFF』公式全国オンライン大会の詳細が続々と明らかに! “『ディシディアFF』大会情報満載スペシャル”速報

2017年5月23日より、ニコニコ生放送とYouTubeで配信された“『ディシディアFF』大会情報満載スペシャル”。この夏をさらにアツくさせる“公式全国オンライン大会2017”の詳細が、こちらの放送にて発表された。本記事では、放送で発表された情報をひとまとめにしてお届け。

『PixelJunk』シリーズ初のスマホゲーム『Eden Obscura』、カメラ機能を使った独創的なビジュアルを紹介【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”21日のメインステージには、Q-Gamesのクリエイティブ・プロデューサーBaiyon氏が登場し、『PixelJunk』シリーズ最新作の『Eden Obscura』を紹介した。

『バイオハザード』&『ストリートファイター』&『ロックマン』のデフォルメフィギュア“POP!”に親しみやすい日本版パッケージが登場

アメリカの玩具メーカー、ファンコ社が展開するデフォルメフィギュア“POP!”。その『バイオハザード』、『ストリートファイター』、『ロックマン』各シリーズにおいて、日本オリジナル仕様のパッケージが発売されることが公表された。ロゴやキャラクター名が日本仕様に変更されており、より親しみやすいデザインとなっている。なお『ストリートファイター』シリーズでは店舗限定のレアバージョンも登場予定だ。

『Rez Infinite』を視覚・聴覚・触覚で体感する共感覚スーツがさらに進化! “シナスタジアスーツ2.0”プレス体験会リポート

『Rez Infinite』を視覚・聴覚・触覚で体感できる“シナスタジアスーツ2.0”のプレス体験会のリポートをお届けする。

『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』が2017年秋にPS4、Xbox One、PCで発売決定 公式リリースが到着

カプコンは、オープンワールドアクションゲーム『ドラゴンズドグマ』生誕5周年を迎えるアニバーサリーイヤーの2017年に、『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』をプレイステーション4、Xbox One、PCにて発売することを発表した。

RazerとBungieがパートナーシップを結託、『Destiny 2』仕様のChromaキーボードやDeathAdder Eliteマウスが発売決定

Razerは、Bungieとのパートナシップ結託を発表。Bungie開発によるアクティビジョンのFPS『Destiny 2』をテーマとした製品シリーズを発売することを発表した。

園子温監督と『龍が如く』シリーズ総合監督の名越稔洋氏とのスペシャル対談が“セガなま”で公開

セガゲームスは、2017年5月30日20時55分より、バラエティー番組“セガなま 〜セガゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ〜”の2017年5月放送回を、ニコニコ生放送、FRESH!、Youtube Liveにて配信する。

『Destiny 2』クルーシブル(PvP)の新ルール“Cowntdown”の実機プレイ動画をお届け。4v4の爆破系マッチ

アクティビジョンが先週ロサンゼルス近郊で行った『Destiny 2』のイベントから、対人戦モード“クルーシブル”の新ルールのプレイ動画をお届けする。