携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

『勇者30 SECOND』あの30秒ゲームの最新作が登場

2010/8/5

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●30秒ファン待望の最新作はRPGが大充実

 ステージごとに30秒以内で魔王を倒していく『勇者30』に、待望の最新作が登場。前作では、アクションやシューティングなど多彩なジャンルのシナリオが用意されていたが、今回はRPGモード1本に絞りつつ、大幅にボリュームアップ。なんと5つのシナリオ、全90クエストが収録されている。さらに、アドホック機能を利用したマルチプレイやエディットモードなど、各種機能が超充実。

新要素満載でより遊びやすく進化

『SECOND』では、フィールド移動中の時間制限がなくなった。イベントや魔王の出現時など、クエストに応じて30秒という時間制限の発生タイミングが異なる。

0805yusya01
0805yusya02
0805yusya03
 

前作に続き豪華クリエイターが集結

サウンド

伊藤賢治/下村陽子/光田康典/浜渦正志/谷岡久美/岩田匡治/並木 学/弘田佳孝/桜庭 統/なるけみちこ/岩垂徳行/霜月はるか/田中敬一麻中秀樹/井内舞子/中橋孝晃/Otomania ほか

キャラクターデザイン

須田彩加/緑川美帆/rareengine/一徳/小城崇志/塚本陽子/結川カズノ/シュン/獅子猿/風間雷太/hippo/甲壱/前河悠一




●5本のシナリオが用意されたストーリーモード

 ストーリーモードには、5本のシナリオを収録。シナリオごとにさまざまなクエストが用意されており、クエストの総数は合計90に大増量。
 

勇者30 OVERTURE

片翼の主人公、ユーシャ。王国直属の遊撃隊である彼は、女王の命令で“エイトエレメンツ”と呼ばれる化け物(?)の討伐に出撃することになるのだが……。

0805yusya04
0805yusya05
 

勇者30 JUDGEMENT

地獄の門は開かれた。世界中に魔族が溢れ、ユーシャは魔物からも人間からも追われる身に。そして、時を超えたライバルとの戦いが始まる。

0805yusya06
0805yusya07
 

勇者30 REVOLUTION

王国の王女様、ユシア。たった30秒の門限にもめげず、今日も彼女は同級生たちと楽しい冒険にくり出しちゃう♪

0805yusya08
0805yusya09
 

勇者30 RAGNAROK

崩壊した世界を進むユウジャ。そして、謎のメカ“30号”。歌姫の歌声が響く中、すべてを終わらせるべく神々が降臨する。

0805yusya10
0805yusya11
 

勇者30 DESTINY

5本目のシナリオは、“勇者30 DESTINY”。天界へと駆け上がる勇者城。神々と人類と魔族を巻き込んだ、1000年にも及ぶ戦いがついに終結する。




●マルチプレイモード“真・勇者大戦”

 アドホックモードで、最大4人によるRPG対戦が可能。新ステージや新たなルールが追加されたほか、エディットモードの“ロマンシング・ツクレール”で作成したステージでも対戦できる。
 

最大4人で対戦

タッグマッチや協力プレイも楽しめる。謎のランダム要素“女神の気まぐれ”も搭載されている。

0805yusya12
0805yusya13




●クエストを自作できる“ロマンシグ・ツクレール”

 30秒クエストを自分で作成できるエディットモード。地形や建物の配置のほか、村人の会話やイベント発生なども設定できる。
 

クエストをツクレール

作成したクエストをサーバーにアップロードして、ユーザー間で共有できる。自慢のクエストをアップしよう。

0805yusya14
0805yusya15




●永久に魔王が出現する“勇者無限”

 永久に魔王を倒し続ける新モード“勇者無限”。続々と出現する魔王を、ひたすら倒していくのだ。もちろん、1体あたり30秒以内。
 

永久に魔王が出現し続ける

0805yusya16


※詳しくは週刊ファミ通2010年8月19・26日合併号(2010年8月5日発売)をチェック!

 

勇者30 SECOND

マーベラスエンターテイメント
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売日 2010年11月4日発売予定
価格 4980円[税込]
ジャンル RPG / ファンタジー
備考 無線LAN機能(アドホックモード、インフラストラクチャーモード)対応、プロデューサー/ディレクター:高木謙一郎

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ツキトモ。 -TSUKIUTA. 12 memories-』4人のキャラクターのメインストーリーとゲームオリジナル私服を紹介

バンダイナムコエンターテインメントは、2017年春頃の発売を予定しているプレイステーション Vita用ソフト、『ツキトモ。 -TSUKIUTA. 12 memories-』に登場するキャラクターたちの最新情報を公開した。

動画初公開エリアでのデモプレイも! 人気声優・石川由依さん&齊藤陽介プロデューサーが駆け付けた『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』ステージ【台湾ゲームショウ2017】

2017年1月19日(木)〜1月24日(火)、台湾の台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2017が開催中。一般公開日3日目(2017年1月22日)に行われた、『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』のステージをリポートする。

『LET IT DIE』ジャパンプレミア開催 神田沙也加さんと浜野謙太さんがサプライズ出演! 豪華声優陣が発表に

ガンホー・オンライン・エンターテイメントより2017年2月2日に配信を控えているアクション『LET IT DIE』。その配信を間近に控えて、1月22日に東京・Zepp東京にて“『LET IT DIE』ジャパンプレミア”が開催された。

実写映画版『ねこあつめ』本ビジュアルはキャット版&キャスト版の両A面、追加キャストのコメントも

ヒットポイントより配信中のスマートフォン用ゲーム『ねこあつめ』を原作にした実写映画『ねこあつめの家』(2017年4月8日全国公開予定)について、本ビジュアルが解禁。

『東亰ザナドゥ eX+(エクスプラス)』、PS4版『イースVIII -Lacrimosa of DANA-(ラクリモサ・オブ・ダーナ)』の中文版発売日発表にどよめき! 日本ファルコムのステージをリポート【台北ゲームショウ2017】

2017年1月19日(木)〜1月24日(火)、台湾の台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2017が開催中。一般公開日3日目に行われた日本ファルコムのステージをリポートする。

デルがゲーミングノートPCの2017年春モデルを発表! 13インチのVR対応『ALIENWARE』のほかに低価格ゲーミングノートも登場

2017年1月20日、デルは新製品発表会を開催した。ゲーミングノートPC『New Inspiron 15ゲーミング』や『New ALIENWARE 13』のほかに、タブレット形態にも変形するノートPC『New XPS 13 2-in-1』など、多彩なラインアップを公開。

『FFXV』に台湾料理が登場!? 『FFXII ザ ゾディアック エイジ』のデモプレイも行われた『ファイナルファンタジー』ステージは大盛況!【台北ゲームショウ2017】

2017年1月19日(木)〜1月24日(火)、台湾の台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2017が開催中。同イベント期間中の1月21日に行われた『ファイナルファンタジー』ステージの模様をリポートする。

人気声優・井上喜久子さん(17歳)も参加した『ダンガンロンパ』ステージの模様をお届け!【台北ゲームショウ2017】

2017年1月19日(木)〜1月24日(火)、台湾の台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2017が開催中。ここでは、1月20日に行われた『ダンガンロンパ』ステージの模様をリポート!

PS4 Pro&PS VRの安定供給はいつ? SIEのアジア戦略キーパーソン・織田博之氏と江口達雄氏に聞く、現状と今後の展望【台北ゲームショウ2017】

2017年1月19日(木)〜1月24日(火)、台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2017が開催中。1月20日のSIETブースのステージおよび、台湾メディア向けに設けられたSIEのアジア戦略キーパーソンへの共同取材の模様をお届けする。

“ぷよぷよカフェ”での対戦イベントは有名JKプレイヤーいーちゃんさんも参戦して大盛況!

2017年1月21日、“ぷよぷよカフェ”池袋店にて、来店者と『ぷよぷよ』上級プレイヤーが対戦できるイベントが開催された。その模様をお届けしよう。