携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

『タクティクスオウガ 運命の輪』15年の時を経てついに復活

2010/7/22

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●新生する世界

 

 『タクティクスオウガ』は、1995年にスーパーファミコンで発売されたシミュレーションRPG。高低差があるフィールド、素早さでユニットの行動順が変わるシステム、そして重厚な世界設定と物語などにより、いまなお多くのゲームユーザーを惹きつけてやまない作品だ。その名作が、15年の時を経てついに復活する。オリジナル版のスタッフが、「いまの時代に『タクティクスオウガ』を開発、プレイしたらこうなる」という考えのもとに、再構築。数多くの新システムの追加により、『タクティクスオウガ』は新しい作品へと生まれ変わる。ここからは、本作の基礎となる世界設定と、登場人物を紹介しよう。

 

Prologue

オベロ海に浮かぶヴァレリア島――。

古来より海洋貿易の中継地として栄えたこの島では

その覇権を巡り、民族間で紛争が絶えなかった。

そうした永い戦いに終止符を打った男がいた。

のちに覇王と呼ばれたドルガルアである。

ドルガルア王は民族間の対立を取り除くことに務め、

ヴァレリアは半世紀にわたり栄えることとなる。

しかし王の死後、その後継を巡って貴族階級のバクラム人、

人口の大半を占めるガルガスタン人、少数民族のウォルスタ人の

3民族が覇権を争い、ヴァレリアは再び内乱状態に陥った。

バクラム陣営、ガルガスタン陣営が島を二分する形で

一旦沈静化したかに見えた内乱だが、

それがつかの間の静寂であることを知らぬ者はいなかった。

 

taku06
taku07
taku08

 

 

デニム・パウエル

Profile

港町ゴリアテが暗黒騎士団に襲撃された際、父・プランシーを連れ去られてしまう。以後、ウォルスタ解放軍の一員として、姉のカチュア、幼なじみのヴァイスとともに、バクラム、ガルガスタン陣営に対してゲリラ戦を行う。正義感が強く、また、理想を叶えるための実行力を持つ。その一方で思慮深くもあり、戦う意味について思い悩むこともある。

taku17
taku02

 

 物語の舞台となるヴァレリアには、バクラム人、ガルガスタン人、ウォルスタ人という3民族が存在し、覇権を争っている。デニムは少数民族のウォルスタ人で、理想を貫くためにゲリラ活動に参加する。デニムの決意は、彼を偏愛する姉カチュアの苦悩をかき立てることに――。

 

 

カチュア・パウエル

Profile

デニムの姉。ウォルスタ人。幼いころに母親を亡くし、以来父と弟の3人で暮らしてきた。弟のデニムに、過剰な愛情を注ぐ。神父でもある父の手ほどきで、プリーストとしての修行を積んでおり、デニムや幼なじみのヴァイスらとともに、ゲリラ活動に参加する。しかし、それは理想のためというより、デニムを失うのを恐れるがゆえである。

taku15
taku01

 

 

ヴァイス・ボゼッグ

Profile

唯一の肉親であった父親を暗黒騎士団によって殺され、天涯孤独の身となる。ウォルスタ人が虐げられていることに強い反感を抱き、積極的にゲリラ活動に参加する。行動力に富み、デニムとはお互いを補い合える関係。

taku14
taku09

 

 

ラヴィニス・ロシリオン

Profile

ウォルスタ陣営の指導者・ロンウェー公爵に仕える有能な女性騎士。公爵が抱えるアルモリカ騎士団の千人長のひとりで、その実力は広く認められている。冷静沈着な司令官として振る舞う一方、曲がったことが嫌いという頑固な一面も持ち合わせる。

taku19
taku12

 

 弟に過剰な愛情を注ぐカチュア、そして革命に心血を注ぐヴァイス。このふたりとデニムとの関係は、物語の重要な鍵を握る。ラヴィニスは、本作で初めて登場する人物。ウォルスタ人を導く指導者、ロンウェー公爵に仕える騎士だ。画面写真からは、敵味方を問わず毅然とした態度で接する気性が見て取れる。彼女は激動の歴史にどう関わるのだろうか。

 

 

●シナリオやシステムに盛り込まれた新要素

 

 本作の基本的な物語や各章の構成は、オリジナル版のものを引き継いでいる。しかし、テキストは大幅に追加・修正されており、ゲームシステムにも多数の新要素が盛り込まれている。本作のキーワードは、タイトルにもなっている“運命の輪”だ。

 

■追加・修正されたストーリー

 

 ストーリーは、スーパーファミコン版『タクティクスオウガ』のディレクター、シナリオ、ゲームデザインを務めた松野泰己氏みずからの手によって加筆、修正されている。登場人物の心情がより細かに描かれ、サイドストーリーや新キャラクターの物語も追加。テキスト量も、大幅に増加している。

 

taku03
taku04
taku10

 

 

■戦いの舞台となる大地

 

 激しい戦いがくり広げられるヴァレリア島は、ゼテギネア大陸の遙か彼方に存在する小さな島国だ。そこには雪深い山もあれば、豊かで広大な土地もあり、中世ヨーロッパ風の瀟洒な城や、要衝を守るための砦などが建造されている。ここでは、各地のイメージビジュアルを紹介。

 

aa

 

taku13
taku18
taku16

 

■新システムが満載のバトル

 

 戦闘マップは、ドットで描かれていたオリジナル版のビジュアルが持つ雰囲気と魅力をそのままに、完全3D化。ユニットの行動順は、画面下に視覚的に表示されるので、戦術を立てる際に役立つことだろう。なお、週刊ファミ通2010年8月5日号(2010年7月22日発売)に掲載しているインタビューでは、本作から登場する数々の新システムについて迫っているので、ぜひ熟読してほしい。

 

taku11
taku05

 

 

※詳しくは週刊ファミ通2010年8月5日号(2010年7月22日発売)をチェック!


 

タクティクスオウガ 運命の輪

スクウェア・エニックス
対応機種 PSP
発売日 発売日未定
価格 価格未定
ジャンル シミュレーション・RPG / ファンタジー
備考 ディレクター:皆川裕史、ゲームデザイン:松野泰己、キャラクターデザイン:吉田明彦、政尾翼、作曲:崎元仁、岩田匡治

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

フィギュアとゲームが融合した新種のエンターテイメント! 『スターリンク バトル・フォー・アトラス』プレイ&ステージリポート【UBIDAY2018】

2018年10月14日に東京・ベルサール秋葉原にて開催された”UBIDAY2018”。ステージイベントでは発売日も公開され、ひときわ注目を集めていた『スターリンクバトル・フォー・アトラス』について、会場でのプレイレビューとステージイベントの模様をリポートする。

【技動画あり】クラウドのリフレッシュや、観戦機能の拡充など新情報満載! “【2018.10.15】DFFアーケード&NT合同公式生放送”速報

2018年10月15日の20時よりYouTubeにて配信された“【2018.10.15】DFFアーケード&NT合同公式生放送”。この放送で公開された、AC版『ディシディア ファイナルファンタジー』と、PS4版『ディシディア ファイナルファンタジー NT』のアップデートの情報を総括。

トレーナーたちを巻き込んだ演出で会場が熱狂の渦に! 『ウマ娘 プリティーダービー』 2ndイベント“Sound Fanfare!”リポート

2018年10月14日、千葉県・幕張メッセにて、『ウマ娘 プリティーダービー』 2ndイベント“Sound Fanfare!”が開催された。

【ストV AE】「SEAM2018」アジア地域決勝大会はガチくんが優勝!【CPT】

2018年10月13日、14日にシンガポールで開催された格闘ゲーム大会“South East Asia Major 2018(SEAM2018)”。13日に地域オープン大会が、14日にはアジア地域決勝大会が実施された。

ブラック・ジャック、アトム、火の鳥が萌えキャラに。手塚治虫キャラ美少女化プロジェクトのスマホ向け新作ゲーム『絵師神の絆』ティザーサイトオープン

コンパイルハートが制作し、フォワードワークスが配信する、iOS/Android用ソフト『絵師神の絆』のティザーサイトがオープンした。

ガストカレンダー2019年版が登場。『アトリエ』シリーズなどの描き下ろしイラスト満載!

コーエーテクモゲームスは、“ガストカレンダー2019”の予約受付を、ガストショップにて開始した。

『金色のコルダ オクターヴ』攻略対象キャラクター全22名が揃った2種類のキービジュアルやイベントスチル、リズムアクションの詳細などの最新情報が公開

コーエーテクモゲームスは、2019年2月14日発売予定のプレイステーション Vita、Nintendo Switch、PC(Steam)用ソフト『金色のコルダ オクターヴ』について、攻略対象キャラクター全22名が揃った2種類のキービジュアルなどを公開した。

『ドラゴンクエストビルダーズ2』“ビルダー体験ツアー”で新たな冒険の舞台などの新情報が明らかに!

千葉県・イオンモール幕張新都心で行われた、『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』の先行試遊イベント“ビルダー体験ツアー2018”。ここで判明した新情報などをまとめてお届け!

クッパのイメージはスッポン。任天堂のキャラクタービジュアルの礎を作った、小田部羊一氏がみずからの仕事をふり返る

2018年10月13日(土)、京都国際マンガミュージアムにて“小田部羊一氏トークショー 〜ハイジからチエ、そしてマリオへ〜”が開催された。数々の名作アニメーションを手掛けたのち、任天堂に活動の場を移し、『マリオ』を始めとしたキャラクターを監修した小田部氏の創作活動をふり返る、この貴重なイベントをリポートする。

“ネットユーザーが本気で選ぶ!アニメ総選挙 2018 夏”人気ナンバー1アニメは『はたらく細胞』、キャラクターは“血小板”に決定!

ドワンゴは、同社が運営する動画サービス“niconico”で、2018年夏アニメ作品の中から、人気ナンバー1 アニメ作品と人気ナンバー1 アニメキャラを選ぶニコニコアンケートを2018年10月13日18時〜22時まで実施。13万7073人の回答があった本アンケートにおいて、もっともおもしろかった夏アニメは『はたらく細胞』、好きなアニメキャラクターは“血小板(『はたらく細胞』)”となった。