携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

『世界樹の迷宮III 星海の来訪者』新たな職業の情報が判明! そして、あの凶悪なモンスターの姿も!!

2009/12/25

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●新たな職業の特徴とイラストを大公開!

 

 自分の手で迷宮内のマップを描き、それをもとに探索を進めていく3DダンジョンRPG『世界樹の迷宮』。その最新作となる『世界樹の迷宮III 星海の来訪者』では、シリーズで初めて、仲間になるキャラクターの職業とイラストが一新された。今回は、初報ではイラストしか公開されなかった職業の名称と、その特徴をお届けしよう!

 

10

『世界樹の迷宮』では、ギルドに集う、見た目も能力もさまざまな職業のキャラクターたちから5人を選び、自分好みのパーティーを組んで冒険ができる。

 

 ウォリアー

 worrior

 鍛え上げた肉体で、巨大な剣や鈍器などを用いる、生粋のパワーファイター。防具は好まず、自らの身体を盾に、攻撃の要として前線で大活躍するぞ。

 

ゾディアック

占星術を利用して、天空に散りばめられた元素“エーテル”を収集。それを触媒にして、発動する“星術”で魔物を葬る術氏。物理的な攻撃の利きづらい敵への、対抗策となりそうだ。

 zodiac

  

 バリスタ

 ballista

 手にしたビッグボウガンや、巨大な砲撃武器を扱う、後方攻撃のエキスパート。バリスタという名称は“射手”との異名から来るものであり、攻撃型の職業として、頼もしい活躍が期待できそうだ。

  

ビーストキング

すべての獣と意思を通い合わせることが可能という、まさに異能の職業。迷宮内の魔物を、味方として戦わせることができるその力は、獣の王たるゆえんなのか。

 king

  

 ファーマー

farmer2 

 過酷な迷宮の冒険とは縁遠そうに見える容姿だが、樹海に眠るとされる財宝を捜すために海都に現れた、れっきとした冒険者。農民である彼らは、自然の知識を活かして、樹海の探索に役立つさまざまなスキルを使いこなす。しかし、やはり戦闘能力にはいくばくかの不安が……。

 

 ●樹海のダンジョンは、仕掛けアリ、そして出会いアリ

 

 世界樹の迷宮が冒険者のあいだで難攻不落の地とされているのは、さまざまな理由がある。それは、内部を根城にする魔物たちの凶暴さであったり、迷宮内に張り巡らされた多彩なトラップであったりと、その要因はさまざまだ。しかし迷宮内では、同じ冒険者との出会いや、疲れた体を休めるための安全地帯を発見することもあるなど、決して厳しいことばかりではない。迷宮内部を把握することが、探索の手助けになることは間違いないだろう。

 

01
04
06

▲ぬかるみの罠にはまれば、パーティーの行動は遅くなってしまう。

▲別の冒険者と情報交換をすることもあれば、依頼を受けることも。

▲テントのマークの場所は、敵を気にせず休憩できる野営地だ。

 

●樹海を訪れる冒険者が恐れおののく、忌まわしき魔物

 

 その魔物はF.O.Eと呼ばれ、樹海の冒険者に、もっとも恐れられる存在。各階層をうろつく通常のモンスターたちとはケタ違いの強さを誇り、うっかり手を出した冒険者は、かなりの確率で返り討ちにされるほど。勝算がなければ、挑むべきではない。

 

 ※F.O.Eはフィールド・オブ・エネミーの略称(ゲーム内の呼称はすべてF.O.E)。

 

怒れる暴者

bousya
07

▲見た目どおりの怪力で冒険者を襲う、名前の通り暴力の象徴。生半可な物理攻撃対策では、その攻撃を防ぐことは不可能。F.O.Eは、その姿も特徴もさまざまな多数の種類が存在する。

 

08

▲ただしF.O.Eは通常の敵と異なり、ダンジョン内でもその姿を確認することが可能。マップ上にも表示されているので、歯が立たないうちは、F.O.Eに近づかないルートを選択することも必要だ。

 

※ ファミ通.comの記事第1報はこちら

※『世界樹の迷宮III 星海の来訪者』の公式サイトはこちら

 

※詳しくは週刊ファミ通2010年1月14日増刊号(2009年12月24日発売)をチェック!

 

 

 

 

 

世界樹の迷宮III 星海の来訪者

アトラス
対応機種 ニンテンドーDS
発売日 2010年3月4日発売予定
価格 6279円[税込]
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ディレクター:小森成雄、キャラクターデザイン:日向悠二、モンスターデザイン:長澤真、サウンドコンポーザー:古代祐三

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

アジア圏デベロッパーのインディータイトルが六本木に集結! “indie MEGASHOW Tokyo”リポートをお届け

2017年9月20日、アメリカの大手インディーゲーム・ショーケース“Indie MEGABOOTH”主催のイベント“indie MEGASHOW”が、東京港区六本木のスーパー・デラックスにて開催された。

「大事なシャーマンに何てことを!」大洗女子がシャーマン愛の餌食になった『WoT』×『ガルパン』ステージリポート【TGS2017】

東京ゲームショウ3日目、9月23日のWargamingブースで『World of Tanks』と『ガールズ&パンツァー』のコラボステージが実施された。杉山プロデューサーの戦車愛が炸裂!

ゲーム業界の片隅で起きた小さな奇跡の物語―ゲームクリエイター松山洋氏が自ら取材・執筆する最新ノンフィクションが発表!

株式会社Gzブレインは、『エンターテインメントという薬−光を失う少年にゲームクリエイターが届けたもの−』を株式会社KADOKAWAより発売。この度、11月1日の発売に先駆け、Amazon等オンラインショップでの先行予約をスタート。

『LET IT DIE』初心者の佐野ひなこに、マシンガンズ西堀が魅力をプレゼン! 佐野の評価は?【TGS2017】

TGS一般公開日初日となる9月23日、ガンホー・オンライン・エンターテイメントの『LET IT DIE』ブースにて、“今から始める『LET IT DIE』”ステージが行われた。

『聖剣伝説2』フルリメイク版 新イラスト&キャスト公開! ルサ・ルカ(声:釘宮理恵)やディラック(声:佐藤拓也)など

『聖剣伝説2 シークレット オブ マナ』のためにイラストレーターHACCAN氏が描いた新たな8人のキャラクターイラストと、キャストなどの新情報が公開された。

無料DLC“シャドウストーリー”の配信決定に悠木碧さんが大歓喜! 新情報がドドッと明かされた『ソニックフォース』ステージ【TGS2017】

2017年9月21日(木)から9月24日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)。23日のセガブースでは、ソニックシリーズ最新作『ソニックフォース』のステージイベントが行われた。

『デッド オア アライブ エクストリーム』最新作を開発陣が自らステージでアピール!【TGS2017】

2017年9月21日(木)から9月24日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)。23日のDMMブースでは、『デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション』のステージイベントが行われた。その模様をリポートする。

“『モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.』トップハンター最速決定戦 in TGS”リポート! 見事な狩猟技術が続々披露【TGS2017】

2017年9月23日、千葉・幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2017にて開催された、“『モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.』トップハンター最速決定戦 in TGS”の模様をリポート!

『レゴ ニンジャゴー ムービー ザ・ゲーム』はバトルアクションにこだわりつつ、『レゴ』ゲームのさらに進化した形を追求【TGS2017】

ワーナー ブラザース ジャパンが東京ゲームショウの会期に合わせてメディアセッションを開催するのはすっかりおなじみ。ここでは、『レゴ ニンジャゴー ムービー ザ・ゲーム』のプレゼンの模様をお届けしよう。

『SAO フェイタル・バレット』の発売日や、スマホ新作『SAO インテグラル・ファクター』の発表も! “ソードアート・オンラインゲームLIVE”ステージリポート【TGS2017】

東京ゲームショウ2017のバンダイナムコエンターテインメントブースにて行われた、『ソードアート・オンライン』のゲームに関するステージ“ソードアート・オンラインゲームLIVE in TGS2017”のリポートをお届け。