携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

『東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚』アトラスの“學園ジュブナイル”最新作が登場

2009/12/4

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●『九龍妖魔學園紀』、『ペルソナ』のアトラスが放つ新作學園ジュブナイルRPG

 想像力をかき立てられる伝奇物語風の世界で、あるいわくつきの“學園”に集う若者たちの活躍が描かれる。そんな、アドベンチャー要素とRPG要素を併せ持った“學園ジュブナイル”シリーズ最新作がPSPに登場する。開発を手掛けるのは、『ペルソナ』シリーズや『九龍妖魔學園紀』のアトラスだ。そんな本作のカギを握る、神の意思が書き写された“カミフダ”を巡る物語とゲーム概要を紹介しよう。

プロローグ

現在の新宿。開けることは禁忌とされる小さな“厘(はこ)”。この厘の中には“呪言花札(じゅごんはなふだ)”と呼ばれる紙片が封印されている。厘の封印を解くとき災厄が起こると伝えられているが、その封印がある日、何者かの手によって解かれてしまう。いったい、何のために……。

1203monohara02
1203monohara03
1203monohara04
1203monohara05
 

呪言花札とは

“カミフダ”と呼ばれる紙片(カード)の一種。生き物を“隠人(おに)”に変え、近づく者を排除する。主人公が所属する“日本OXAS(国立国会図書館収集部特務課)”は、カミフダの回収を任務とする“封札師”たちの組織だ。主人公は、隠人の目撃報告を受けて、鴉乃杜學園に転校することになる。

1203monohara01
 

物語の流れ

図書館で行われたアンケートで、真実を見極める眼“秘法眼”の持ち主として見出された主人公。彼は、武藤いちる、雉明零とともに富士の樹海で封札師認定試験に挑んでいた。行く手を阻む罠や、呪言花札を守る隠人との死闘――。力を合わせ、信頼を深めながら数々の試練を乗り越えた3人は、見事試験に合格する。こうして封札師となった主人公たちは、都内にある“鴉乃杜學園”に転校。そして學園内に隠された“カミフダ”の回収を目指すことになるのだが……。

1203monohara06_1
1203monohara06_2
1203monohara06_3
1203monohara07




●ゲームシステム

 ゲームは、鴉乃杜學園内で物語を進めるパートと、3Dダンジョンを探索して隠人と戦うパートで構成されている。詳しい攻略の流れはまだ不明だが、プレイヤーはこの両パートを交互にくり返しながら、呪言花札を巡る謎を追っていくことになるようだ。
 

鴉乃杜學園で物語が進行

物語は、おもに鴉乃杜學園内で進行する。校内を探索し、謎を解き明かしながらストーリーを進めていこう。

1203monohara08
1203monohara09
 

ダンジョンを探索せよ

ダンジョン探索を行うパートでは、秘法眼の力を駆使して謎や仕掛けを解き明かしていくことに。

1203monohara10
1203monohara11
 

隠人とのバトル

“隠人(おに)”に遭遇すると、バトルへと突入。“AP(行動力)”を消費して攻撃をくり出すのだ。さまざまな隠人が主人公に立ちはだかる。

1203monohara12
1203monohara13


※詳しくは週刊ファミ通2009年12月17日号(2009年12月3日発売)をチェック!

 

東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚

アトラス
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売日 2010年春発売予定
価格 6279円[税込]
ジャンル アドベンチャー・RPG / 学園
備考 ディレクター:遠山博一、シナリオ:川嵜 暁、キャラクターデザイン:齋藤 晋、サウンドクリエーター:土屋憲一/喜多條敦志

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

その極上のカクテルが真実へのカギとなる。もうひとつのサイバーパンクバーテンADV『The Red Strings Club』が日本語対応で配信

Deconstruct TeamのPC用アドベンチャーゲーム『The Red Strings Club』が、日本語対応で本日より配信開始。

『フルメタル・パニック! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ』 5月31日発売決定! 初回限定版や早期購入特典情報も公開

バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション4用ソフト『フルメタル・パニック! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ』を2018年5月31日発売予定であることを明らかにした。

ゲームクリエイター中裕司氏がスクウェア・エニックスに入社

ゲームクリエイターの中裕司氏が、自身のTwitterにて、2018年1月にスクウェア・エニックスに入社したことを発表した。

あのNBAがeスポーツに本格参入! NBA 2K Leagueのキーパーソンに聞く、eスポーツとしての『NBA 2K』シリーズの可能性

NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)と『NBA 2K 』シリーズの発売元である2Kの親会社、テイクツー・インタラクティブがプロフェッショナルeスポーツリーグNBA 2K League を共同設立。その詳細に迫る。

『Rolling Gunner』開発メンバーインタビュー、かつて僕らを夢中にしたアーケードシューティングゲームの“未来”は、自分たちで切り拓く!

かつてアーケードゲームの開発に携わっていたメンバーが中心となって制作されている、PC用同人シューティングゲーム『Rolling Gunner(ローリングガンナー)』。約3年に及ぶ開発期間の終了を間近に控え、プロジェクトの主要メンバーにゲームの魅力と開発エピソードを伺った。

『モンスターハンター:ワールド』発売当日アップデート情報が公開、イベントギャラリーやプーギーが追加

カプコンは、プレイステーション4用ソフト『モンスターハンター:ワールド』について、発売当日の2018年1月26日に配信されるアップデートver.1.01の情報を公開した。

発売日をチェック! 今週発売されるゲームソフト一覧【2018年1月22日〜2018年1月28日】

2018年1月22日(月)〜2018年1月28日(日)発売予定のゲームソフトをまとめて紹介。

サイバーコネクトツーが監修するオリジナル短編アニメ『メカウデ』が国内クラウドファンディングをスタート

TriFスタジオは、自社で制作するオリジナルアニメ作品『メカウデ』の国内向けクラウドファンディングを“CAMPFIRE”でスタートしたことを発表した。

『デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション』プレス対抗フォトリポート企画“うちのルナちゃんを見てくれ”inファミ通.com

コーエーテクモゲームスのTeam NINJAが開発する『デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション』が、2017年11月15日よりDMM GAMESでサービス中。2018年1月18日のアップデートでは、新キャラクター・ルナが登場した。本記事では、プレス対抗フォトリポート企画“うちのルナちゃんを見てくれ”を展開するほか、担当ライターによるルナの感想もお届けする。

パッチ4.2 暁光の刻は1月30日に公開! 第41回『FFXIV』プロデューサーレターLIVE

『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)の次期大型アップデート“パッチ4.2 暁光の刻”の魅力が紹介された、第41回プロデューサーレターLIVEの模様をお伝えする。