携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

シングルプレイもマルチプレイも要素満載!『キングダム ハーツ バース バイ スリープ』

2009/11/28

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
「ファミ通チョイス」とはファミ通グループが、とくにおすすめするゲームタイトルです。

●鎧を身につけた3人は、キーブレードに乗って移動!

 キーブレードに選ばれし戦士テラ、ヴェントゥス(通称ヴェン)、アクア。彼ら3人の物語を描いたアクションRPG『キングダム ハーツ バース バイ スリープ』の発売まで、約1ヵ月強となった。今回は物語の舞台となるワールドや、マルチプレイで友だちと盛り上がれる新たなモードなどを公開しよう。まずは、『キングダム ハーツII ファイナル ミックス』で見ることができたテラたちの鎧姿が、本作では重要な意味を持つことが判明。3人はキーブレードを変形させ、それに乗る“キーブレードライド”でワールド間を移動するのだが、その際には鎧をまとった姿になるのだ。変形させたキーブレードの形状はそれぞれ異なり、ときにはこの姿のまま敵とのバトルに突入することも!

01
02

テラはバイク、ヴェンはスケボーのような形にキーブレードを変形させ、それぞれスピンやキックで攻撃するようだ。テラのバトルシーンでは、ものすごい数の敵に囲まれているが!?

 
03
04

アクアのキーブレードは、弓のような武器とホバーリングする足場に分かれた、小回りが効きそうな形状。弓のように変形したキーブレードで敵を射抜くスタイルのようだ。




●お祭りで華やぐディズニータウン

 ディズニータウンは、シリーズ作に登場したディズニーキャッスルを取り囲む城下町。現在は街をあげてのお祭り“ドリーム・フェスティバル”の真っ最中で、大きな賑わいを見せている。ミニー王妃ら、おなじみのディズニーキャラクターが集まるなか、どこかで見たことあるキャラクターも……。
 

05

ディズニーキャッスルの王妃であるミニーの前で、頭を垂れるアクア。そんな彼女に王妃はやさしく言葉をかける。このワールドでは、ほかにもチップ&デールや、ヒューイたちアヒルの三つ子など、ディズニーキャラクターが多数登場!

 
06

まだ幼いヴェンは、お祭りの賑わいに大喜び。キャプテン・ジャスティスと名乗るヒーロー(?)に何か手助けをしてもらったようだが、彼のことはどこかで見たことがあるような?

 
07

ひとりディズニータウンへやってきたテラ。彼は敵である“アンヴァース”を退治するため、お祭りで開催されるレースへの出場を決意する。だが、そこには孤高のレーサー、キャプテン・ダークの姿が!

 
08
09
10

ドリーム・フェスティバルの会場では“リズミックアイス”、“フルーツスキャッター”、“ランブルレース”という3種類のミニゲームを遊べる。どれも単なるミニゲームのクオリティーを超えた、やり応えのある内容なのだ。




●すべての発端となる地、レイディアントガーデン

 レイディアントガーデンは、『キングダム ハーツ』ではホロウバスティオンという名称で魔女マレフィセントに支配されていた世界。『II』では賢者アンセムの弟子たちが、心の闇の研究と実験に没頭していたいわくつきの場所であることが明かされた。のちの時代に重要な意味を持つレイディアントガーデンで、3人は再会を果たすのだが……。
 

11

別行動を取っていた3人は、この地でようやく再会する。ここでは全員で同じボスを相手にするなど、3人の絆を垣間見られる展開となるようだ。

 
12

しかし一方で、ヴェンとアクアはテラの様子がどこかおかしいことに気づく。3人の関係は徐々に変化し、その絆に亀裂が入ってしまうのだろうか?

 
13

賢者アンセムのもとで心の闇を研究中のブライグが、テラの前に立ちはだかる。ブライグはその姿や口調から、『II』などシリーズ作品で暗躍する“XIII機関”のナンバー2、シグバールのかつての姿と思われるが……。

 
14

賢者アンセムの弟子たちは心の闇の研究と実験をくり返し、やがて闇に心を捕らわれて“ノーバディ”という存在になる。彼らはXIII機関を結成し、世界を混迷に陥れることに……というのが『II』で語られる事実。本作では、機関メンバーがまだ人間だったころの時代が描かれる。




●ミラージュアリーナにさらなるお楽しみが!

 通信専用のワールド、ミラージュアリーナではマルチプレイが楽しめる。友だちと協力して敵を倒したり、対戦することなどができるのだ。また、ミラージュアリーナのゲームで好成績をあげると、ご褒美として“メダル”がゲットできる。このメダルはモーグリが営むメダルショップでさまざまなアイテムと交換可能。メダルショップ限定のアイテムも数多く用意されているのだ。
 

15

REDチーム、BLUEチームに分かれて、複数人でのチームバトルが行える。相手の攻撃を受けた拍子に、画面左下の“デッキコマンド”の一部が消失するという要素も!? 画面中央に“???”という表示が見えるが、これが飛び出してしまったコマンドのようだ。ほかのプレイヤーが技を奪うことができるのだろうか?

 
16

メダルショップで交換できるものは、消費アイテムや魔法などのコマンド、キーブレードなどの装備品、さらには合成アイテムなどさまざまだ。中には“フレンドケアル”などの特殊なコマンドや、“ちょうはつ”や“ガッツポーズ”など、ミラージュアリーナでの意思疎通に使用できそうなものも。




●コマンドボードの鍵を握る新たな要素が判明

 通常のバトルで使うデッキコマンドを手札として使用する、ボードゲーム風のミニゲーム“コマンドボード”。このコマンドボードでは、ゲームを楽しみながらデッキコマンドの強化や入手ができる。内容ももはやオマケのミニゲームという範疇に収まらない本格的なもので、マルチプレイにも対応しているのだ。今回は戦略上で非常に重要になりそうな“ハンド”というシステムを紹介。ハンドはダイスを振るまえなら、1ターンに一度発動できる。手持ちのコマンドカードを消費して、さまざまな特殊効果を得られるのだ。
 

17

ファイアなど、魔法系のカードを消費してダイスを2個に増やせるハンドのひとつ、“ダイス×2”! これを使えばたくさん進むことができそうだ。

 
18

まれに手に入るジョーカーカードを使って“ジョーカーチャンス”を発動すると、スロットが回転し始める。それを止めると、カーソルが止まったところに書かれた効果が得られる。



※詳しくは週刊ファミ通2009年12月10日号(2009年11月26日発売)をチェック!

 

キングダム ハーツ バース バイ スリープ

スクウェア・エニックス
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売日 2010年1月9日発売予定
価格 6090円[税込]
ジャンル アクション・RPG / 冒険・ファンタジー
備考 KINGDOM HEARTS Birth by Sleep“KINGDOM HEARTS EDITION”は22000円[税込]、プレイステーション・ポータブル同梱、ディレクター:野村哲也、Co.ディレクター:安江泰、プロデューサー:パトリック・チェン、Co.プロデューサー:吉本よういち、エグゼクティブプロデューサー:橋本真司

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

 “『絶体絶命都市4 Plus』楽天ブックス最速体験会&スペシャルトークショー”のトークステージをリポート、発売日、体験版配信、アプリ配信決定など新情報満載!【ミニインタビュー付き】

2018年6月23日、楽天クリムゾンハウスにて、『絶体絶命都市4 Plus -Summer Memories-』のトーク&試遊イベント“「絶体絶命都市4Plus」楽天ブックス最速体験会&スペシャルトークショー”が開催された。本記事では、トークステージの模様をお届け。

“『絶体絶命都市4 Plus』楽天ブックス最速体験会&スペシャルトークショー”の体験会の模様をリポート、おなじみのユニークな選択肢を試しまくり!

2018年6月23日、楽天クリムゾンハウスにて、『絶体絶命都市4 Plus -Summer Memories-』のトーク&試遊イベント“『絶体絶命都市4 Plus』楽天ブックス最速体験会&スペシャルトークショー”が開催された。本記事では、体験会のの模様をお届け。

『絶体絶命都市4 Plus -Summer Memories-』の発売日が10月25日に決定、7月から全国の販売店やイベント会場で体験会を実施

グランゼーラは、プレイステーション4用ソフト『絶体絶命都市4 Plus -Summer Memories-』を2018年10月25日に発売することを決定した。プレイステーション VR対応で、価格は7200円[税抜]。

『Ori The Will of the Wisps』は、メトロイドヴァニア風2Dアクションゲームの正統な進化のカタチ【E3 2018】

E3会期に合わせて取材させていただいた『Ori The Will of the Wisps』クリエイターのプレゼンの模様を紹介しよう。

『ポケモンGO』フレンド機能が全トレーナー利用可能に! ポケモン交換もTLレベル10以上まで緩和

2018年6月23日、Niantic, Inc.はスマホゲームアプリ『ポケモンGO』のフレンド機能およびギフティング機能について、利用対象を全トレーナーに拡大。ポケモン交換についても対象レベルをトレーナーレベル10以上まで緩和したことを発表した。

『死印』本編の後日譚にあたるオリジナルボイスドラマ詳細が公開、早期購入者プレゼントの差し替えジャケットに第1話の台本も収録

エクスペリエンスは、発売中のプレイステーション4、プレイステーション Vitaおよび2018年6月28日発売予定のNintendo Switch用ソフト『死印』ついて、本編の後日譚にあたるオリジナルボイスドラマ“九条館の日常”の詳細情報を公開した。

“ノンストップ残機サバイバルRPG”『ザンキゼロ』特設サイトをオープン!

スパイク・チュンソフトの人気作『ダンガンロンパ』シリーズのスタッフによる、注目の新作RPG『ザンキゼロ』。ファミ通.comでは、本作の情報を随時アップしていく特設サイトをオープン! 1回目は、『ザンキゼロ』の世界設定とガレキ島についてお届けします。

『ディシディアFF オペラオムニア』『FFVI』から“ロック”が仲間となる新イベントが開催! イベントガチャやCMキャンペーン情報も

本日(2018年6月22日)より、ゲーム内にて、新イベント“ど・ろ・ぼ・う?”が開催。本イベントでは“ロック”が登場。クエストの進行により仲間となる。また同日より、“ロック”専用武器が登場するイベントガチャやCMキャンペーンを開始した。

『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル 〜after school ACTIVITY〜 Next Stage』第1回ロケテストをリポート、気になる手触りは……

2018年6月22日〜6月24日、セガ 秋葉原3号館にて、『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル 〜after school ACTIVITY〜 Next Stage』の第1回ロケテストが開催。ここでは、そんなロケテスト初日の模様をお届けする。