携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

『真・三國無双 MULTI RAID(マルチレイド)2』英傑たちの戦いが再び始まる

2009/11/20

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●新たなる敵“始皇帝復活”

 

  『真・三國無双 MULTI RAID(マルチレイド)』は、“覚醒”による能力の強化や空中戦など、『無双』シリーズに新要素を盛り込んだアクションゲーム。マルチプレイの楽しさが好評を博したこの作品の続編が、制作中であることが判明! 今回は、新たなキャラクターやシステムを紹介する。

 

【物語】

後漢末期――王権の失墜により乱れた世は、群雄が割拠する混沌の時代となった。

その中で、傑出した才を示す3人の英雄が台頭する。

魏の曹操、呉の孫堅、蜀の劉備である。

彼らは、長きにわたる戦乱を経て三国鼎立をなし、大陸に調和をもたらした。

 

しかし、その調和も長くは続かなかった。

暴威への衝動に支配された最強の武、呂布の出現により、再び大陸に混沌が吹き荒れたのである。

ここにおいて、3人の英雄は、暴威を打ち払わんがために結束。見事、呂布を打ち倒す。

ともに困難を乗り越えた英雄たちは、互いに力を合わせ、大陸に平和をもたらすことを誓うのだった。

 

だが、戦乱の時代と、それに続く呂布との戦いは、新たな脅威を育んでいた。

武将たちが覚醒して、大量に放った闘気――。

純粋な"力"の塊であるこれらは、密かにある場所へと集められていた。

かつて大陸を統一した秦の"始皇帝"が眠る、始皇帝廟である。

流れ込む闘気を受けて、その主がいま、目覚めた。

 

魔王として蘇った始皇帝は、高らかに"帝国復活"を宣言する。

強力な呪術をもって、死した英雄や太古の神、大地の魔獣を従えた始皇帝は、

かつてなし得なかった"不老不死"と"永遠の帝国"という

邪悪な野望のため、大陸に戦乱をもたらす。

 

新たな脅威との戦いが、いま始まろうとしていた。

 

 

始皇帝

“不老不死”と“永遠の帝国”を手に入れるという野望のため、彼岸より復活した。人命を物のように弄ぶ非情な男。強力な術を操り、神をもみずからの軍へ引き込んで、野望の達成を目論んでいる。

 

●数多くの新要素を追加“進化したマルチプレイアクション”

 

 前作とはガラリと変わり、本作ではオリジナルの物語が展開する。それにともない、新たなプレイアブルキャラクターや敵が多数登場する予定。新要素も追加され、前作から大幅な進化を遂げたのだ。今回は進化の一端を紹介しよう。

 

 

新要素新たなる脅威“魔獣”が立ちはだかる!

 

 前作では巨大兵器が彼らの行く手を阻んだが、本作では“魔獣”が登場。本来は神獣とされる存在だが、始皇帝に召喚されて操られ、プレイヤーに牙を剥くのだ。なお、魔獣は巨大兵器とは異なり、自由に動き回れる。

 

魔獣“真・辟邪”

獅子のような巨躯で軽々と地を駆け、炎の息吹で周囲を焼け野原にする。巨大兵器“辟邪”のもととなった伝説の魔獣。

 

魔獣“真・天禄”

大きな翼で空中を高速で飛行する。自然を操るさまざまな特殊攻撃をくり出す魔獣だ。前作で董卓が設置した巨大兵器"天禄"は、真・天禄の伝説をもとに作られた。

 

 

新要素バトルがより白熱する“武器オーバードライブ”システム

 

 “覚醒ゲージ”を一定量消費すると、“武器オーバードライブ”が発動する。武器オーバードライブ中は攻撃力が上がって攻撃範囲が拡大し、武器固有の“スペシャル攻撃”も使えるようになる。なお、武器オーバードライブ中は敵の特殊能力を封じられる。敵の特殊能力は厄介な効果を持ち、通常の武器では太刀打ちできないので、武器オーバードライブで応戦しよう。

 

小喬の武器オーバードライブ

発動中は武器のビジュアルも変化。攻撃を弾き返したり、反撃ダメージを受けるなどの特殊能力を持つ敵と戦うときに有効だ。

 

 

新要素新キャラクターが参戦

 

 初登場のプレイアブルキャラクターも本作に参戦! 今回紹介する大喬は、前作や『真・三國無双5』に登場しなかった完全新規のキャラクターだ。ちなみに、大喬のほかにもプレイアブルキャラクターは存在する。また、敵キャラクターにも要注目。“失った夢を果たさんとする古の英雄”や“最愛の人のために奔走する伝説の王”など、中国の神話や伝承をモチーフにした敵が登場するらしいが……? 続報に期待しよう!

 

新キャラクター
大喬

妹の小喬とともに天下の美女として知られ、”二喬”と称される。争いは好まないが、夫の孫策とともに戦場に出ることに。武器は、両手に1本ずつ装備する“双杖”だ。

 

新要素インフラストラクチャーモードに対応

 

 前作で通信プレイを楽しむには、アドホックモードか、プレイステーション3を介する“アドホックパーティー”を利用する必要があった。本作は前述のモードはもちろん、インフラストラクチャーモードにも対応。プレイステーション3がなくてもオンラインでマルチプレイを楽しめる。

 

 

 ※週刊ファミ通2009年12月3日号(2009年11月19日発売)には開発者インタビューも掲載

 

 

 

真・三國無双 MULTI RAID(マルチレイド)2

コーエー
対応機種 PSP
発売日 2010年春発売予定
価格 価格未定
ジャンル アクション / 歴史
備考 プロデューサー:小笠原賢一、ディレクター:利川哲章、開発:ω-Force

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

今週末はPS Plus未加入でもオンラインマルチが楽しめる! “FREE MULTIPLAYER WEEKEND”が12月15日、16日の2日限定で開催

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、有料会員サービス“PlayStation Plus(以下、PS Plus)”について、PS Plus未加入者でもオンラインマルチプレイが可能となる“FREE MULTIPLAYER WEEKEND”を、2018年12月15日、16日の2日間限定で開催することを発表した。

『アスディバインハーツII』などRPG4作品を1本にまとめた『ケムコRPGセレクション Vol.2』がPS4で発売決定!

ケムコは、『アスディバインハーツII』などRPG4作品を1本にまとめた『ケムコRPGセレクション Vol.2』を2019年3月14日にプレイステーション4向けに発売する。

『ペルソナ5』ユーザーの質問や想いなどをまとめたファンアイテム“『ペルソナ5』みんなで作る調査報告書 Vol.1”の予約受付が本日(12月10日)より開始

KADOKAWAは、『ペルソナ5』のファンアイテム“『ペルソナ5』みんなで作る調査報告書 Vol.1”を、本日(2018年12月10日)より、公式通販サイト“アトラスDショップ”など、全国のホビーショップにて予約受付を開始した。

11月より配信が開始されたSwitch版『Warframe』のダウンロード数が100万回突破!

Digital Extremesは、配信中のNintendo Switch版『Warframe』について、ダウンロード数が100万回を突破したことを発表。

『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』の世界をサウンドで構築。ハッキングやボイスチェンジャーの制作秘話も【CEDEC+KYUSHU 2018】

2018年12月1日、福岡市・九州産業大学にて、CEDEC+KYUSHU 2018が開催された。その中で行われたセッション『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』に関するセッション、“世界観を演出するゲームオーディオ制作- NieR:Automata における事例 -”をリポート。

『Fate/Grand Order Arcade』期間限定“クリスマス限定召喚2018”が12月13日より実施。コラボカフェも2019年1月下旬に開催決定

FGO ARCADE PROJECTは、稼働中のアーケード用ゲーム『Fate/Grand Order Arcade』について、“クリスマス限定召喚2018”を開催することを発表した。

『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 - “光” & “誓い” - VR』に収録される『キングダム ハーツ』テーマソング『光』がPS Plus限定で12月25日より先行配信

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、2019年1月配信予定のプレイステーション VR用ソフト『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 - “光” & “誓い” - VR』について、PS Plus加入中を対象に、同作に収録される『光』を、12月25日より先行配信することを発表した。

『ドラゴンクエスト』の世界をVR体験させるには? 堀井雄二氏も没頭した『ドラゴンクエストVR』制作秘話【CEDEC+KYUSYU 2018】

 2018年12月1日、福岡・九州産業大学にて、CEDEC+KYUSHU 2018が行われた。その中で行われた、セッション“ドラゴンクエストVRで実現した、新しい冒険の形!”の模様をお届け。

レベルファイブの梁井信之氏と長野拓造氏が秘蔵資料をふんだんに交え語る、ゼロからヒット作を生み出すアイディアの秘訣【CEDEC+KYUSHU 2018】

CEDEC+KYUSHU 2018で行われた、レベルファイブの屋台骨を支えるふたり、梁井信之氏と長野拓造氏によるセッション“レベルファイブ アート制作術〜ゼロからイチのアイディアを生み出す秘訣〜”をお届けしよう。

『Anthem』VIP体験版が2019年1月25日より配信、全プレイヤー向け体験版は2月1日からスタート

エレクトロニック・アーツは、2019年2月22日発売予定のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『Anthem(アンセム)』について、体験版の配信スケジュールを公開した。